【具体的に考察】勉強は、センスもいるが、努力も重要。

勉強

「勉強って、センスいるの?」

「頭を、よくしたい!」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、高校のクラスで1位を継続したり、通信制大学でトップ辺りにいたりしました。

その中で、勉強にはセンスもいりますが、努力の部分も大きいと感じました。

この記事では、センスがある人はよりそのセンスを意識し、勉強が上手になる最適なプランを提案します。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

勉強に、センスはいるか。

勉強はセンスがあった方がいい、というのが、僕の見解です。

なぜなら、勉強上手になるスピードが早いからです。

例えば、才能があるダイヤモンドの原石は、よく磨かれますよね。

伸びる可能性があるからです。

具体的に述べていくと、スポーツで体格に恵まれている人は、能力を伸ばされやすいのではないでしょうか。

あるいは、地頭がよくても、勉強をしなければ普通になるということもあるでしょう。

センスがあった方が、能力は伸びやすい、と思います。

しかし、少しの才能であったとしても、努力で最大限に強化することはできるかもしれませんね。

続いて、勉強に必要な3つのセンスを、挙げていきます。

勉強に必要な3つのセンス

勉強に必要な3つのセンスを挙げます。

  • その1:真面目
  • その2:素直さ
  • その3:好奇心

順番に、解説していきますね。

その1:真面目

勉強に必要なセンスその1は、真面目、ということです。

なぜなら、継続力があるからです。

例えば、自分に課したことは、最後まで遂行しようとするのではないでしょうか。

あるいは、一生懸命がんばることによって成果が出て、またがんばろうと思うかもしれません。

真面目は、勉強する上で、継続する力になるでしょう。

その2:素直さ

勉強に必要なセンスその2は、素直である、ということです。

なぜなら、教えを、吸収しやすいからです。

例えば、教えてもらう時に、ヤンキーっぽくなっていたとしますね。

すると、教えが素直に、頭に入ってきません。

教えを受ける時は、一旦自分の考えを置いといて、相手の言うことに傾聴する必要があるのです。

その3:好奇心

勉強に必要なセンスその3は、好奇心、ということです。

なぜなら、インプットを加速させるからです。

例えば、学ぶ意欲が高い・もしくはその価値を知っている人は、どんどん知ろうとしますよね。

その結果、インプットが、加速します。

すると、必然的に、アウトプットの量も増えるのではないでしょうか。

なぜなら、食事と同じだからです。

スポーツ選手は、いっぱい食べて、いっぱい活動しますよね。

だから、インプットが加速するということは、アウトプットの量も増えやすいということです。

最後に、センスに頼らない具体的な3つの勉強法を、挙げていきますね。

センスに頼らない具体的な3つの勉強法

センスに頼らない具体的な3つの勉強法を挙げます。

  • その1:習慣にする
  • その2:環境を整える
  • その3:メンターから、勉強法を確認し、実行する。

順番に、解説していきますね。

その1:習慣にする

センスに頼らない勉強法その1は、習慣にする、ということです。

なぜなら、体が勝手に動くからです。

例えば、朝の歯磨きとかはめんどくさいですが、体が勝手に動くのではないでしょうか。

継続力が、生まれていますよね。

継続力が生まれるということは、いつか成果が出やすくなる、ということではないでしょうか。

習慣化の方法としては、まず、習慣にしたいことをリストにします。

そしたら、1つずつ、3日坊主を越えるように定着させていきます。

スモールステップで、行いましょう。

習慣化は、焦ると、形成されなくなります。

例えば、毎日同じ机の前に座り、30分勉強するでもいいでしょう。

自分に無理のない範囲で学習し、1つずつ習慣化していきましょう。

続かないと思ったら、一気に習慣化する必要はありません。

以前より無理のない範囲で、勉強の習慣を形成しましょう。

この地道な積み重ねが、いつか大きな成果となっていくのです。

ただし、方向性をしっかり確認することが、大切ですけれどね。

その2:環境を整える

センスに頼らない勉強法その2は、環境を整える、ということです。

なぜなら、勉強しやすくなるからです。

環境の影響は、思っているより、結構大きいと思いますよ。

具体的には、家でやるか、学校でやるか、あるいはその他のカフェや、騒音の量をチェックするのもいいかもしれませんね。

あるいは、友達とやるか、スマホを容易に使えない状態にするというのもありますね。

環境を整えることによって、勉強を、加速的に実行しましょう。

その3:メンターから、勉強法を確認し、実行する。

センスに頼らない勉強法その3は、勉強法を学ぶ、ということです。

なぜなら、賢い人の勉強法を学べば、賢くなるからです。

自分の尊敬する人から学べば、素直にインプットもできますよね。

おすすめのメンターは、樺沢紫苑先生です。

YouTube:精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル

勉強法に関する情報発信もされていますし、著作も出ているんですよ↓

アマゾン本は、こちら↓

オーディオブックは、こちらをおすすめします↓

樺澤紫苑著『ムダにならない勉強法』

目も疲れず、聞き流しで、安心感に包まれます。

ぜひ、ご確認いただければ、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:努力は、やっぱり、大切。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

勉強に、センスはいるか。

→あった方が便利だが、変えられるのは努力の方。

勉強に必要な3つのセンス

その1:真面目

その2:素直さ

その3:好奇心

センスに頼らない具体的な3つの勉強法

その1:習慣にする

その2:環境を整える

その3:メンターから、勉強法を確認し、実行する。

努力で、道を、切り拓く。

勉強する上で、センスも、努力も重要です。

努力の部分で、勉強にあまり成果が出ないのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

あなたには、勉強以外の才能が、眠っている可能性もありますから。

ただ、どうしても勉強で成果を上げたいのであれば、一番有効なのは賢い人の勉強法を知ることです。

そうすることによって、あなたの人生も、開けていくことでしょう。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました