【電話が苦手】具体的で実践しやすい5つの克服法

コミュニケーション

「電話が、苦手だ……」

「参考になる有効な情報がほしい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、電話が苦手です。

実際は、ものすごく上手に対応できているようなのですが、おそらく失敗したくないからでしょう。

この記事では、個人的に実施しているいくつかの方法を、参考文献を確認しつつ紹介します。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

【電話が苦手】3つの原因

電話が苦手な原因として、以下の3つを挙げておきます。

  1. そもそもリアルでのコミュニケーションが苦手
  2. マニュアルが分かっていない
  3. 電話に対するネガティブなイメージが強化されている

順番に、解説していきますね。

その1:そもそもリアルでのコミュニケーションが苦手

電話が苦手な原因その1は、そもそもリアルでのコミュニケーションが苦手、ということです。

なぜなら、コミュニケーションが苦手=電話だとさらに苦手という可能性があるからです。

コミュニケーションが苦手なら、なんとかしようと、様々な手がかりをつかむと思います。

リアルなら、顔を見れますし、状況判断しやすいと思います。

しかし、電話だと、相手の声しかないわけです。

したがって、余計に不安になるのではないか、と思います。

電話が苦手の前に、リアルでのコミュニケーションが苦手、ということが考えられるかもしれませんね。

その2:マニュアルが分かっていない

電話が苦手な原因その2は、マニュアルが分かっていない、ということです。

なぜなら、臨機応変に対応するのは大変だからです。

例えば、マニュアルが分かっていると、予測不能ではないので対応しやすい、と思います。

マニュアルをしっかり把握し、何度も成功体験を積み重ねることで、自信もつくのではないでしょうか。

電話が苦手の原因に、マニュアルが分かっていない、があるかもしれません。

その3:電話に対するネガティブなイメージが強化されている

電話が苦手な原因その3は、電話に対するネガティブなイメージが強化されている、ということです。

なぜなら、失敗体験を持っている可能性があるからです。

例えば、電話で激しい言葉をぶつけられたら、しんどくて苦手意識を持ちますよね。

そこに様々な想像が加わると、さらに不安が広がる可能性もあります。

このように、電話に対するネガティブなイメージから、苦手意識を持っている可能性はあります。

【電話が苦手】5つの克服法

「電話が苦手」に対する克服法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 通常のコミュニケーションの成功体験を積み重ねる
  2. コミュニケーションの種類の検討
  3. 事前に大まかな内容を予測しておく
  4. 身近な人やネットの援助を受ける
  5. 電話での成功体験を積み重ねる

順番に、解説していきますね。

その1:通常のコミュニケーションの成功体験を積み重ねる

「電話が苦手」の克服法その1は、通常のコミュニケーションの成功体験を積み重ねる、ということです。

なぜなら、電話対応に慣れたいからです。

身近な家族や友人と、いつもより集中してコミュニケーションを取ってみるといいかもしれません。

あるいは、コミュニケーションが得意な人に付き添って、コミュニケーションの疑似成功体験を積むというのもいいでしょう。

自分に合ったコミュニケーションで、少しずつ慣れていきましょう。

電話対応の時にも、少しは自信が付く、と思います。

その2:コミュニケーションの種類の検討

「電話が苦手」の克服法その2は、コミュニケーションの種類の検討をする、ということです。

なぜなら、電話で全て対応する必要はないからです。

例えば、メールで対応してもいいですし、LINE等のSNSで対応してもいいかもしれませんね。

もし、仕事で電話対応ばかりなら、上手に避けてもいいわけです。

例えば、転職や在宅ワークをしてもいいですよね。

自分に合ったコミュニケーションができるようにしましょう。

その3:事前に大まかな内容を予測しておく

「電話が苦手」の克服法その3は、事前に大まかな内容を予測しておく、ということです。

なぜなら、臨機応変に対応しやすいからです。

僕は、電話対応する場合、紙に書いて整理しておきます。

そうすることによって、大まかな流れを鮮明にイメージし、スムーズに対応することができたと思います。

事前に大まかな内容を予測しておくことによって、安心感もありますよ。

その4:身近な人やネットの援助を受ける

「電話が苦手」の克服法その4は、身近な人やネットの援助を受ける、ということです。

なぜなら、一人だけで悩む必要はないからです。

身近な人に横に居てもらって、電話するというのもいいですよね。

もしくは、身近な人に任せて、自分は得意分野で活躍するという方法もあるでしょう。

得意分野で、助けてもらった人に、恩返ししてもいいですよね。

あと、ネットで一通りの流れを確認するという方法もあるでしょう。

もちろん、「電話 苦手」のような悩み解決のためのアドバイスを聴いて、実践してもいいわけです。

「電話が苦手」の場合、潔く、人やネットに頼ってみましょう。

その5:電話での成功体験を積み重ねる

「電話が苦手」の克服法その5は、電話での成功体験を積み重ねる、ということです。

なぜなら、電話のポジティブなイメージを増やしたいからです。

電話のネガティブなイメージを消す、あるいは緩和するというのは、おそらく難しいでしょう。

それよりも、電話のポジティブなイメージを増やす方がいい、と僕は思います。

例えば、初対面の人と電話で話すより、顔見知りのような人と電話で話してみる、というのもありです。

あるいは、電話で楽しそうに話している人を、何回も見るというのもいいかもしれません。電話のポジティブな面を、観察して取り込むイメージでしょうか。

身近な人と電話でコミュニケーションの練習をしてもいいですよね。

「電話が苦手」な人は、スモールステップで、成功体験を積み重ねてみてはいかがですか。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:苦手だったら、無理しなくていい。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

【電話が苦手】3つの原因

その1:そもそもリアルでのコミュニケーションが苦手

その2:マニュアルが分かっていない

その3:電話に対するネガティブなイメージが強化されている

【電話が苦手】5つの克服法

その1:通常のコミュニケーションの成功体験を積み重ねる

その2:コミュニケーションの種類の検討

その3:事前に大まかな内容を予測しておく

その4:身近な人やネットの援助を受ける

その5:電話での成功体験を積み重ねる

無理は、しない。

「電話が苦手」な人に、僕が言いたいことは、無理をしなくてもいい、ということです。

無理をしたところで、余計に電話に対する苦手意識が生まれ、疲れます。

それよりも、自分に合った方法を選択してもいいですし、これからの未来の便利さを想像してみる、というのもいいかもしれません。

電話以外でコミュニケーションを取る方法も主流になるかもしれません(実際、メールとかが出てきています)。

とりあえず、電話の苦手意識を緩和し、未来に希望を抱いてみるのもいいかもしれませんね。

※「コミュニケーションが苦手」という方は、人に相談することも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能なカウンセラー等を探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください。

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

おすすめです。

★参考文献★

CANVAS「【電話が苦手】電話への苦手意識を克服する3つのポイント

ヤフー「【精神科医が解説】なぜHSPは電話が苦手?(3つの対処法)


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました