【行動力がない】3つの長所&仕事への5つの対処法

やる気

「行動力がないけど、長所ってあるの?」

「行動力がなくて、仕事で困っている!」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、HSPなので、たぶん行動することが苦手だと思います。

実際、チャレンジするようなことは、震えながら実行します。

けれども、参考文献を確認していく中、実は自分は行動力がある、と思う面もありました。

したがって、行動できない人の視点に立ちつつ、行動力を高める方法等を教えられる、と思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

【行動力がない】3つの長所

行動力がない人たちの長所として、以下の3つを挙げておきます。

  1. 計画性がある
  2. 危機回避能力がある
  3. インドアを充実させられる

順番に、解説していきますね。

その1:計画性がある

行動力がない人たちの長所その1は、計画性がある、ということです。

なぜなら、先を予測していないと、不安だからです。

車の運転でも、先に地図を確認することで、安心しますよね。

その分、行動力が小さくなるかもしれませんが、安全運転には不可欠だと思います。

行動力がない人たちは、計画性がある、と思います。

その2:失敗を避けられる

行動力がない人たちの長所その2は、失敗を避けられる、ということです。

なぜなら、失敗するかもしれないと思っているので、回避できるからです。

例えば、「失敗するかも」と思っているのに、行動する人はなかなかいませんよね。

逆に、行動力がある人は、多少の危機を察知しても行動するのですから、変人という見方もできるでしょう(言い方すいません)。

行動力がない、ということは、失敗を避け、安全運転できる可能性があります。

その3:インドアを充実させられる

行動力がない人たちの長所その3は、インドアを充実させられる、ということです。

なぜなら、外に出て動き回るということがあまり考えられないからです。

例えば、行動力がある人は、外を動き回っているイメージがありませんか。

けれども、行動力は、それだけじゃない、と思います。

ネットサーフィンすることも、行動力の1つですよね。

つまり、世間の行動力ある人に縛られず、インドアで行動できることを、たくさんやってみてもいいのです。

もちろん、ある程度の危機は、回避しつつですけど。

行動力がない、と思われる人は、インドアが充実する可能性もあります。

【行動力がない】仕事への5つの対処法

ここまで、行動力がない人たちの長所を、大まかに把握しました。

とはいっても、行動したいよ、という方たちもいると思います。

ここでは、行動力がない人たちの仕事への対処法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 大まかに先を予測し、とりあえず動く。
  2. 行動力がある人を、観察する。
  3. ワクワクに従う
  4. 予定を書き込む
  5. 情報を得る

行動力を高める上で、参考になる部分もあると思いますので、ぜひご覧ください。

その1:大まかに先を予測し、とりあえず動く。

行動力がない人たちの仕事への対処法その1は、大まかに先を予測し、とりあえず動く、ということです。

なぜなら、全体観を持ちつつ、行動力がアップできるからです。

全体観とは、行動する際の視界の明るさ、というように理解してもらってもいいと思います。

大まかに先を予測することによって、安心できますよね。

そして、とりあえず動くことによって、行動力を促します。

とりあえず動いたら、いつのまにか動いていた、という経験はないですか。

論理的に動く、というよりも、感覚的に動く、という感じですね。

普段から、テキトーに生きることも、大切かもしれません。

気楽な考えを持つことによって、行動が促されるかもしれませんよ。

行動力がない人は、大まかに先を予測し、とりあえず動いてみましょう。

その2:行動力がある人を、観察する。

行動力がない人たちの仕事への対処法その2は、行動力がある人を観察する、ということです。

なぜなら、行動しやすい原因を探ることができるからです。

例えば、行動することによって、刺激を楽しんでいるんだな、と分かることもあります。

あるいは、人とたくさん出会うことによって、情報を得ている側面もあるな、と思うこともあります。

もちろん、観察したからといって、行動しにくい性格とかはある、と思います。

しかし、行動する人たちは、どのような目的やモチベーション等で動いているのか知れば、行動するための参考になるかもしれません。

行動力がある人たちを観察して、自分に取り入れられるところは、取り入れてみるといいかもしれませんね。

その3:ワクワクに従う

行動力がない人たちの仕事への対処法その3は、ワクワクに従う、ということです。

なぜなら、ワクワクは、大体合っているからです。

例えば、ワクワクしないことを選択すると、行動する気力が湧いてこないのではないでしょうか。

ワクワクとは、「なんとなくいい」だと、僕は思っています。

ワクワクに従うと、頭で考えている進みたい方向には行かないかもしれませんが、力を込められて、成果を上げることができるかもしれません。

失敗しても、力を込められたので、達成感はあるかもしれません。

ワクワクに従うことによって、行動力を高めましょう。

その4:予定を書き込む

行動力がない人たちの仕事への対処法その4は、予定を書き込む、ということです。

なぜなら、実際に動こうと思えるからです。

例えば、予定に書きこんで行動しなかったら、なんとなく気分がよくないのではないでしょうか。

予定を書き込むことによって、心の準備を整えることもできる、と思います。

行動力を高めるために、予定を書き込んで、行動に移しましょう。

その5:情報を得る

行動力がない人たちの仕事への対処法その5は、情報を得る、ということです。

なぜなら、安心するからです。

例えば、旅行に行くとして、旅先の情報を得ますよね。

もちろん、想像することによって、ワクワクするという面もあるかもしれません。

けれども、幼い頃の僕の場合、旅行に行く時、旅先をしっかり把握したがっていた、と思います。

なぜなら、危険がない場所だと理解できるからです。

現在も、どこか旅行に行く時は、ある程度情報を得ることも多いです。

実際に、スモールステップで行動する・本やネットで知る・人から聴くなどして、不安を和らげましょう。

※オーディオブックなら、行動力に関する質の高い情報も得られます。

自宅に居ても、気軽に参加・行動できます。

目も疲れないので、おすすめです。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

参考になりましたら、幸いです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:困らない程度に、身につける。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

【行動力がない】3つの長所

その1:計画性がある

その2:失敗を避けられる

その3:インドアを充実させられる

【行動力がない】仕事への5つの対処法

その1:大まかに先を予測し、とりあえず動く。

その2:行動力がある人を、観察する。

その3:ワクワクに従う

その4:予定を書き込む

その5:情報を得る

少し身につけるだけでも○

行動力がない、ということで、行動力を絶対に身につけなくちゃ、と思う方もいるかもしれません。

けれども、世の中は、中間という視点もあります。

つまり、困らない程度に、行動力を身につけるでもいいと思います。

短所は、克服しても普通くらいになるだけなので、それより長所を目指しましょう。

この記事が、あなたのお役に少しでも立てたなら、幸いです。

※「行動力がない」という方は、人に相談することも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能なカウンセラー等を探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください↓

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

おすすめです。

★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「思い切って行動する方法

Yoshihama Tsutomu「アスペルガー人特有の初体験への恐怖が才能を潰す

DIAMOND online「「行動力がない人」に欠けているたった1つのものとは?


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました