【非効率を仕事に活かす】3つのメリット・5つの方法

ビジネス

「非効率って、ビジネスに関係あるの?」

「非効率を、ビジネスに活かす方法が知りたい!」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、非効率が大好きです。

非効率がないと、仕事なんて、やってられませんよ。

とまあ、言っておりますけれども、非効率はビジネスにとって、重要です。

この記事では、参考文献を確認しつつ、非効率とビジネス(効率化)の関係を、できたら分かりやすくお伝えします。

少し、長文かもしれませんので、ご注意ください。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

非効率を仕事に活かす3つのメリット

非効率を仕事に活かすメリットとして、以下の3つを挙げておきます。

  1. イキイキとする
  2. 視野が広がる
  3. 見えないものを大切にできる

順番に、解説していきますね。

その1:イキイキとする

非効率を仕事に活かすメリットその1は、イキイキとする、ということです。

なぜなら、適度な休息が取れるからです。

アニメを見たり、ゲームをしたりすることによって、仕事の活力になることは、充分あり得ます。

あとは、無の時間を過ごしたり、お風呂でリラックスしたりすることによって、仕事の活力になります。

休息関連の記事は、こちらです↓

よかったら、参考にしてみてください。

非効率を取り入れることによって、イキイキと仕事ができる、と思います。

その2:視野が広がる

非効率を仕事に活かすメリットその2は、視野が広がる、ということです。

なぜなら、効率化するだけでは見えなかった世界に気づけるからです。

例えば、仕事の効率化ばかりでは、遊び心は育ちません。

芸術やエンタメ、旅等に、興味を持つことはないでしょう。

しかし、そのような非効率のことをしている時に手に入れた情報が、効率化の時に役立つこともあります。

例えば、困難に遭って傷付いたけれども、現在はメンタルが強化された、いい経験になったということもあるでしょう。

非効率のことをすることによって、効率化の時に活かされる視野が確保されます。

その3:見えないものを大切にできる

非効率を仕事に活かすメリットその3は、見えないものを大切にできる、ということです。

なぜなら、非効率には、やさしさがあるからです。

例えば僕は、田舎の再開発を目にすることがよくあります。

あれを見ていると、ほんとうに必要なのかな、動植物にほんとうにやさしいのかな、と思います。

もちろん、しっかり配慮されていると思いますが、そんなに生き急ぎたい人が多いのかな、と思うこともあります。

例えば、凸凹道を歩く楽しさもあると思いますし、コンクリートできれいにしなくてもいいのではないでしょうか。無機質ですよね、あれ。

ほんとうの効率化には、ちゃんとした隙もある、と思います。

非効率を取り入れることによって、ほんとうにいいモノ・サービスを世の中に与えられると思いますので、参考にしてみてください。

非効率を仕事に活かす5つの方法

非効率を仕事に活かす方法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 非効率の時間を確保
  2. 趣味を仕事にする
  3. 6割の力で、仕事をする。
  4. 雑談を行うことによって、閃きが生まれる可能性もある。
  5. ネットよりも、読書。

順番に、解説していきますね。

その1:非効率の時間を確保

非効率を仕事に活かす方法その1は、非効率の時間を確保することです。

なぜなら、実際にやろうと思えるからです。

非効率の時間を確保することによって、思う存分息抜きになります。

時間を確保しているのですから、仕事のこととかは、考えなくていいですからね。

30分だけとかでも、構いません。

仕事の質が高まる、と思います。

非効率の時間を確保することによって、仕事のハリを取り戻しましょう。

その2:趣味を仕事にする

非効率を仕事に活かす方法その2は、趣味を仕事にする、ということです。

なぜなら、効率化しやすい非効率だからです。

趣味はムダなもの(非効率)とも言えますし、ある程度極めると仕事に活かせる可能性も高い(効率的)ですよね。

趣味で何か書いているなら、文筆業に活かせます。

そして、絵を描いているなら、売ることもできますよね。

現在は、クラウドソーシング等ありますから、実現可能だと思いますよ。

趣味を楽しく継続し、仕事にできたらするのもいいかもしれませんね。

一度、考えてみましょう。

その3:6割の力で、仕事をする。

非効率を仕事に活かす方法その3は、6割の力で仕事をする、ということです。

なぜなら、一生懸命働けば、効率化が増すわけではないからです。

例えば、疲れているのに成果を出そうと躍起になっても、ダウンしてしまうのではないでしょうか。

そうなるくらいなら、6割程度の力で、普段から仕事をしていた方がよさそうです。

納税王の斎藤一人さんも、言っていますよ。

もし、「そうかな?」と思うなら、一生懸命働いても構いません。

けれども、体にはよくないと思いますので、僕はおすすめしません。

効率化のためには、非効率の力が、必要なのです。

その4:雑談を行うことによって、閃きが生まれる可能性もある。

非効率を仕事に活かす方法その4は、雑談を行うことによって、閃きが生まれる可能性もある、ということです。

なぜなら、リラックスできるからです。

閃きがどういう瞬間に生まれるかというと、リラックスしている時ではないでしょうか。

例えば、よく言われるのは、お風呂場です。

僕だったら、眠る前と起床直前です。

雑談もリラックスすることなので、閃きが生まれることもある、と思いますよ。

効率化のために、リラックスする時間を確保しましょう。

そうすることによって、いい閃きが生まれ、小さな力で大きな力を生み出すことも可能だと思います。

その5:ネットよりも、読書。

非効率を仕事に活かす方法その5は、ネットよりも、読書ということです。

なぜなら、非効率の学習から、長期的な展望が見えるからです。

分かりにくいので、少し噛み砕きます。

例えば、ネットで何もかも知れる、と思う人たちもいるかもしれません。

しかし、ネットで得た知識は、アウトプットしても大体重みがありません。

読書をする場合、しっかり理解する必要があります。

なぜなら、質が高いからです。

その分、何かを話した時に、言葉に重みが生まれます。

ネットは効率的で一見よさそうですが、成長しないので、長期的ではないかもしれません。大体、その場しのぎのアウトプットになりますよね。

一方読書は、非効率ですが、成長するので長期的ではある、と思います。能動的に読むので、記憶にも残りやすいかもしれません。

※オーディオブックは、効率的に非効率の学びが得られます。

スキマ時間にビジネス書等を学習できますよ。

目も疲れないので、おすすめです。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ぜひ、参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:非効率化は、効率化だ。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

非効率を仕事に活かす3つのメリット

その1:イキイキとする

その2:視野が広がる

その3:見えないものを大切にできる

非効率を仕事に活かす5つの方法

その1:非効率の時間を確保

その2:趣味を仕事にする

その3:6割の力で、仕事をする。

その4:雑談を行うことによって、閃きが生まれる可能性もある。

その5:ネットよりも、読書。

非効率→効率化

非効率とは、一見ムダかもしれません。

しかし、効率化だけの世界なら、AIが世界をコントロールすればいいだけです。

けれども、現実は、そうなっていませんよね。

これからは、クリエイティブ作業のような非効率なこと等は、大切になってくると思います。

この記事で、何らかの気づきを受け取っていただければ、とてもうれしいです。

非効率の学びを得ることによって、長期的な効率化を目指しませんか。

オンスクなら、月額1078円で、50講座以上の資格学習が可能です。

スマホやパソコンでも、学習可能です。教養を深めることもできますね。

スキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】

よかったら、参考にしてみてください。

★参考文献★

吉濱ツトム著「アセンションを導くプレアデス」徳間書店、2021年、28ページ~32ページ

東洋経済ONLINE「「無駄」や「非効率」がビジネスに不可欠な訳

斎藤一人著「令和の成功」学研プラス、2019年


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました