エッセイ4「表彰式の意味が分からない」

息抜き

まあ、タイトルの通りですね。

表彰式があって、人に認められたいのか、ビジネスが絡んでいるのか、よく分かりません。

僕は、例えば詩とかエッセイを書いて、表彰式がないなら、喜々嬉々として、投稿しますね。

まあ、投稿しても、そんなことはない可能性が高いのだと思うけど……。

表彰式に参加するすべての人は、幸せなのだろうか。

問題は、表彰される理由が、世の中の役に立ったかどうかなのだと思う。

表彰されても、僕はなんだか、うれしくない。

なんでだろう?

ただ生きているだけなのに、世間からレッテルを貼られる感じが、イヤなのかな?

いっそのこと、表彰式がイヤうんぬんのことをエッセイにして賞に選ばれ、辞退してやろうかとも思う。

でも、そんなことできる力量じゃないよなあ。

僕は、人の役に立っても、影の実力者でありたい。

というか、僕はそっちの本面でしか、活躍できないような気がする。

それでも、僕は、人々を支えたい。

人々と、世界と、つながっていたい。

バカげた夢と、現実のあほらしさが、乖離している……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました