完璧主義の5つの長所と3つの改善方法

性格

「完璧主義の長所って、あるのかな?」

「完璧主義を改善するには、どうしたらいいの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、完璧主義、でした。

けれども、今は、割と大雑把な部分もあると思います。

この記事では、完璧主義の長所を考察しつつ、改善方法についても話していきたいと思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

完璧主義の5つの長所

完璧主義の5つの長所について、話していきます。

  • その1:粘り強さがある
  • その2:質の高い生き方ができる
  • その3:きれいな生き方
  • その4:フリーランスに向いている?
  • その5:真面目

順番に、解説していきますね。

その1:粘り強さがある

完璧主義の長所その1は、粘り強さがある、ということです。

なぜなら、完璧にならないと、完璧になるまで努力するからです。

例えば、依頼された仕事を細かくチェックし、完成が遅くなることはありませんか。

しかし、その分、完璧な仕事をこなすことも可能です。

完璧主義の長所に、粘り強さがあるでしょう。

その2:質の高い生き方ができる

完璧主義の長所その2は、質の高い生き方ができる、ということです。

なぜなら、完璧を目指す、ということは、質にもこだわっているはずだからです。

例えば、経済的成功のみならず、精神的成功にもこだわるという感じでしょうか。

そうすることによって、質の高い生き方を、実行することができるでしょう。

その3:きれいな生き方

完璧主義の長所その3は、きれいな生き方ができる、ということです。

なぜなら、完璧を目指す=一生懸命になる=芸術的になると思うからです。

例えば、自分の情熱(愛)に沿ったものが、形になるイメージでしょうか。

あるいは、子どもが作ったアートのように、ヘタでもきれいな感じでしょうか。

いずれにしても、完璧主義は、自分の本来の魅力が最大限形になると思います。

その4:フリーランスに向いている?

完璧主義の長所その4は、フリーランスに向いているかもしれない、ということです。

なぜなら、完璧を目指す、ということは、周囲にも厳しさを求めるからです。

そうなれば、周囲とうまくいかない可能性は、ありますよね。

能力重視で、個人的な、フリーランスに向いている可能性があります。

完璧主義は、単独で、行動しやすいのかもしれませんね。

その5:真面目

完璧主義の長所その5は、真面目、ということです。

なぜなら、真面目にならないと、完璧なものは作れないからです。

一生懸命になると、がんばっているなあ、と分かる作品ができますよね。

心が込もった作品は、人を、感動させることもできると思います。

多くの人に、影響を与えられて、いい作品と認知されることもあるでしょう。

少々脱線しましたが、完璧主義は、真面目という長所を持っていると思います。

完璧主義の3つの改善方法

完璧主義の3つの改善方法を挙げます。

  • その1:ありのままでいいと理解する
  • その2:自分を休めることは、人を楽にすると知る。
  • その3:人に頼って、みんなで幸せになる。

順番に、解説していきますね。

その1:ありのままでいいと理解する

完璧主義の改善方法その1は、ありのままでいいと理解する、ということです。

なぜなら、完璧じゃないけれど、完璧な場合もあるからです。

例えば、存在そのものに愛があって、そのままでいいと思えるパターンもあるのではないでしょうか。

例えば、発達障害の人を、例に挙げますね。

あの人たちは、一見、変わり者のように見えます(僕もそうだけど)。

しかし、よく見てみると、ユニークな人たちだということが分かります。

つまり、完璧じゃないけれど、そのままで充分ステキな人たちもいるのではないでしょうか。

人間という存在も、エゴのない部分を見つめれば、ありのままでいいと思えるかもしれないですね。

完璧主義を改善するために、ありのままのユニークな部分に気づきましょう。

その2:自分を休めることは、人を楽にすると知る。

完璧主義の改善方法その2は、自分を休めることは、人を楽にすると知ることです。

なぜなら、無理をして、完璧でなくなる可能性があるからです。

自分の役に立って、人の役に立つことが、真の完璧に近いのではないでしょうか。

自分を休めるために、効率を求めすぎず、非効率で無意味そうなこと(芸術など)も、予定に入れてみてはいかがですか。

自分を休めることによって、人の役にも立つことができ、自然体の完璧主義になると思います。

その3:人に頼って、みんなで幸せになる。

完璧主義の改善方法その3は、人に頼って、みんなで幸せになることです。

なぜなら、人に頼ることを覚えることによって、みんなで完璧になろうと思えるからです。

自分一人の力では、完璧になれないと思うんですよね。

なぜなら、世界は、自分一人で構成されているわけではないからです。

人は傲慢になることもできますが、感謝して、みんなと繋がっている感を得ることもできるのです。

人に上手に頼る方法は、こちらをご参照ください↓

人に頼ることによって、自分は完璧じゃない、と知ることもできます。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:完璧主義を、ゆるめよう。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

完璧主義の5つの長所

その1:粘り強さがある

その2:質の高い生き方ができる

その3:きれいな生き方

その4:フリーランスに向いている?

その5:真面目

完璧主義の3つの改善方法

その1:ありのままでいいと理解する

その2:自分を休めることは、人を楽にすると知る。

その3:人に頼って、みんなで幸せになる。

ゆるく生きよう

完璧主義にもいいところがあります。

けれども、直したい人もいますよね。

この記事を読んで、1つでも参考になるところがあれば、幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました