【自宅で簡単にできる】おすすめの気分転換方法7選

休息

「とにかく、気分転換したい」

このようなことを考えている方たちに、おすすめの記事となっています。

僕は、ブログを書いている時、1人で作業しているので、気分転換の方法を考える必要がありました。

基本的なことだと思いますが、やっておいて損はない、と思います。

この記事では、参考文献を確認しつつ、気分転換の方法について、200記事以上精神関連の悩みに回答・アウトプットしてきた自分なりの意見を書いていきます。

気分転換をすることは、仕事(やるべきこと)において、力を発揮させられる、と思いますので、参考にしていただけれたら幸いです。

それでは、始めていきましょう。

気分転換の方法7選

気分転換の方法として、以下の7つを挙げておきます。

  1. 水を飲む
  2. 窓を換気
  3. ストレッチ(ラジオ体操)
  4. 何もしない
  5. 場所の変更
  6. ペットと遊ぶ
  7. 遊びの計画

順番に、解説していきますね。

その1:水を飲む

気分転換の方法その1は、水を飲む、ということです。

水を飲むことによって、リラックスできます。

仕事の合間に、飲み物があれば、ちょっと気分転換になりますよね。

ちょっと体も、動かすかもしれませんし。

おすすめの飲み物として、以下の3つを挙げておきます。

  1. お茶
  2. コーヒー
  3. 炭酸水

飲み物にこだわることによって、仕事がはかどるかもしれませんね。

その2:窓を換気

気分転換の方法その2は、窓を換気する、ということです。

汚い空気を外に出すことで、スッキリするかもしれません。

風が流れてきたり、外のいい空気が流れ込んでくる、ということもあるかもですね。

夏の間は換気しやすいですが、冬の換気はしにくいですよね。

その場合は、部屋を使っていない時に開けておくといいかもしれません。

でも、基本、換気しにくいですね。

スキマ風程度に開けておく、というのもいいかもしれませんね。

その3:ストレッチ(ラジオ体操)

気分転換の方法その3は、ストレッチ(ラジオ体操)をすることです。

動くことによって、血流がよくなる、と思いますよ。

やはり、体を動かさないでデスクワークばかりしていると、肩こり等が発生するかもしれません。

こまめに立ち上がったり、ストレッチするといいかもしれませんね。

僕がおすすめするのは、ラジオ体操をすることです。

YouTubeで検索をすれば、スキマ時間に、効率的に体を動かすことができます。

家の中での運動不足にも、ラジオ体操は役に立つ、と思いますよ。

その4:何もしない

気分転換の方法その4は、何もしない、ということです。

何もしないことは、休息になります(参考:樺沢紫苑「ブレインメンタル強化大全」サンクチュアリ出版、2020年、256ページ~257ページ)。

休憩時間にスマホ・テレビ・パソコン等を見るのは、余計に脳を疲れさせます。

といっても、ブルーライト祭りの現代では、なかなか避けるのはむずかしいですよね。

僕は、基本的に、スマホは見ないようにしています。

ブルーライトの近くで目を酷使しますし、寝転びながらスマホをしていると、余計に疲れる気がするからです。

電源をいちいち切る、別の部屋に置いておく等、工夫してみましょう。

頭を使わない貴重な娯楽としては、テレビを使ったり、仕事でどうしても使うパソコンは、使用したりしています。

あとは、こまめに休憩して、ストレッチをしたり、何もしない時間を過ごして、ボーっとしています。

何もしないことによって、疲れた脳を、休息させてみてはいかがですか。

その5:場所の変更

気分転換の方法その5は、場所の変更をすることです。

精神科医の樺沢紫苑先生は、「インプット大全」にて、このように述べています。

場所を変えることで、気分転換になり、集中力がリセットされるので、仕事がものすごくはかどります。

樺沢紫苑「インプット大全」サンクチュアリ出版、2019年、265ページ

と。

つまり、部屋を移動することによって、気分が一新し、モチベーションも上がる、と思います。

たしかに、そのような経験は、皆さんもしたことあるのではないでしょうか。

外にちょっと出てみる、とかでもいいかもしれませんね。

そうすることによって、気分転換し、仕事能力を高めることができる、と思います。

その6:ペットと遊ぶ

気分転換の方法その6は、ペットと遊ぶ、ということです。

犬や猫等のペットがいるなら、癒され、また頑張ろうと思えるかもしれません。

ペットと遊んでいる時は、ペットに集中するので、仕事のことを少し忘れられるかもしれませんね。

ペットがいない方は、植物でもいいかもしれません。

ペットは、仕事のことなんか考えていないと思いますので、こちらも仕事がどうでもよくなります(ダメでしょ)。

その7:遊びの計画

気分転換の方法その7は、遊びの計画を立てる、ということです。

楽しいことを考えることによって、閉じた心を開き、また仕事を頑張れる、と思います。

現代人は、仕事を真面目に頑張る人は、多いかもしれません。

しかし、それは、幸せになるためではないでしょうか。

幸せになるのであれば、ちゃんと遊びのことを考えてもいいのです。

遊びの計画の例として、以下の3つを挙げておきます。

  1. 旅行の計画
  2. インプットしたい本(コンテンツ)を探す
  3. 仕事をどう効率的に終わらすかを考える

脳内に遊び(空き)が生まれ、仕事に対する意気込みも変わってくるかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:ちょっと、気分を、切り替える。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

気分転換の方法7選

その1:水を飲む

その2:窓を換気

その3:ストレッチ(ラジオ体操)

その4:何もしない

その5:場所の変更

その6:ペットと遊ぶ

その7:遊びの計画

ちょっと、気分転換。

気分転換を上手に行うことで、効率的に生きることもできる、と思います。

しかし、人間は、非効率のことも大切です。

非効率があるから、効率的な部分が活性化するのではないかな、と思います。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました