HSPが考察する共感力の7つのトレーニング

カウンセリング

「相手の心に寄り添いたい」

「人間関係をスムーズにしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、HSPです。

したがって、共感力が高く、共感するコツをなんとなく想像できます。

この記事は考察記事ですが、なるべく論理的に、「そうかもしれない」という気づきを与えつつ、参考程度にしてもらえれば、と思います。

それでは、始めていきましょう。

共感力の7つのトレーニング

その1:小説を読む

共感力のトレーニングその1は、小説を読むことです。

なぜなら、様々な登場人物の心理描写が書かれているからです。

その描写をいくつも読むことによって、人の心に敏感になれるのではないでしょうか。

僕は、この間、「かがみの孤城」という本を読みました。

不登校の子どもたちが、活躍する本です。

それまでは、不登校の実態は、あいまいでした。

しかし、その小説を読むことによって、不登校の人たちの気持ちに寄り添える、心構えができたと思います。

小説を読むことによって、様々な人の心を、想像できると思います。

その2:音楽を聴く

共感力のトレーニングその2は、音楽を聴くことです。

なぜなら、音楽は感情的であり、人の心も感情だからです。

音楽という感情を知ることによって、人の感情にも、敏感になれるかもしれませんよね。

僕は、様々なJ-POPを聴いたりします。

その中で、色々な歌詞が出てくるんですよね。

その歌詞と、表現する歌手の声で、様々な人の感情を想像できる感覚があります。

音楽を聴くことによって、様々な歌手の先にある、様々な感情も、想像できるかもしれません。

その3:映画を見る

共感力のトレーニングその3は、映画を見ることです。

なぜなら、主人公と周囲の人間関係を想像しやすいからです。

これは、小説と同じ感じですね。

小説が苦手という人は、アマゾンプライムビデオを利用すれば、映画をたくさん見ることができます。

僕も、いくつか拝見しましたが、現実の人間関係でも応用可能かもしれません。

例えば、「記憶にございません!」という映画があるのですが、政治に関わる人たちの共感性を高められると思います。

小説が苦手な人は、映画がおすすめです。

その4:ドキュメント72時間を見る

共感力のトレーニングその4は、ドキュメント72時間を見ることです。

これは、NHKの番組ですね↓

ドキュメント72時間

色々な場所の色々な人の背景が見えてきて、ついつい共感力が高まると思います。

自分と重なるような人も出てきて、これにも、共感することが多いんですよね。

年末のドキュメントスペシャルで、いくつかの番組を、まとめて振り返ることもできます。

社会に対して、やさしい眼差しを向けられるような、そんな番組です。

その5:場数を踏む

共感力のトレーニングその5は、場数を踏む、ということです。

なぜなら、共感する回数が増えるからです。

回数が増えれば、共感力は、高まっていく可能性がありますよね。

人間は、慣れの生き物と呼ばれることもありますし……。

相手の立場を想像しつつ、的確に、いい反応を繰り返すといいと思いますよ(参考:樺沢紫苑「インプット大全」サンクチュアリ出版、2019年8月、90ページ~91ページ)

その6:通信講座で学ぶ

共感力のトレーニングその6は、通信講座で学ぶ、ということです。

なぜなら、プロの講師から、しっかり教わることができるからです。

できたら、通学の方が、いいかもしれないですけどね。

カウンセリングを、理論的にしっかり学び、実践に活かすこともできますね。

ただ、個人的な意見を言えば、テクニックを学べばいいというものではない、と思います。

なぜなら、悩みを抱えて、ほんとうに苦しんでいる人たちがいるからです。

その人たちを、ほんとうに救うのは、テクニックではなく思いやりなのかもしれませんね。

その7:本を読んで、実践する。

共感力のトレーニングその7は、本を読んで実践する、ということです。

なぜなら、ネットの情報より、本の知識の方が、質が高いからです。

読書して、実践すれば尚よい、かもしれませんね。

なぜなら、頭の中にあることを行動に移すことによって、現実は変わっていくからです。

先ほどもチラッと紹介した、「インプット大全」にも、聴く技術は少し載っています。

「アウトプット大全」とともに、参考にしてみては、いかがでしょうか。

アマゾンの本は、こちらになります↓

オーディオブックは、こちらになります↓

樺澤紫苑著『インプット大全』

樺澤紫苑著『アウトプット大全』

聞き流しで、移動時間に聴きたい人は、こちらをご確認ください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:見えない心を、想像する。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

共感力の7つのトレーニング

その1:小説を読む

その2:音楽を聴く

その3:映画を見る

その4:ドキュメント72時間を見る

その5:場数を踏む

その6:通信講座で学ぶ

その7:本を読んで、実践する。

相手の心を、想像する。

参考になる方法は、ありましたでしょうか。

一応、考察記事ですが、自分なりに一生懸命書いてみました。

満足できない人は、先ほど挙げた、通信講座や読書をおすすめします。

よりよい社会を、みんなで、目指しましょう(政治家の言動みたいだな)。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました