【必見】真面目の長所10選

性格

「真面目の長所って、あるのかな?」

「真面目の長所に特化した記事を読みたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は真面目です。

今は、割とテキトーな部分もありますが、基本的な部分は真面目です。

勉強も、クラスで1位取って継続したり、大学でもおそらくトップクラスだったと思います(偏差値とか色々微妙だけど)。

とにかく、真面目として生き、真面目のいい部分にも目を向けています。

そのことを、紹介していきますね。

真面目の長所10選

その1:継続力がある

真面目の長所その1は、継続力がある、というところです。

なぜなら、コツコツと取り組めるからです。

真面目ということは、一生懸命ですから、物事が続いていく可能性はありますよね。

真面目ゆえに、粘り強い、とも言えるかもしれませんね。

その2:忠実

真面目の長所その2は、忠実、というところです。

なぜなら、サービス精神が旺盛だからです。

つまり、与えられたマニュアルに対し、的確に対応する能力に長けているかもしれませんね。

真面目な人は、基本、指示されたことを忠実に実行しようとします。

その3:何かを極めやすい

真面目の長所その3は、何かを極めやすい、というところです。

なぜなら、コツコツと続けられる=何かのプロになりやすいからです。

よく、プロになるためには、1万時間が必要と言われますよね。

つまり、継続力があれば、プロになりやすいと言えます。

職人さんも、継続していく中で、優れた技術を発揮しますよね。

何かのプロになりたいという方は、真面目も長所なのではないでしょうか。

その4:成長速度が速い

真面目の長所その4は、成長速度が速い、というところです。

なぜなら、常に何かを学ぼうとしているからです。

例えば、勉強の方向性がズレていたとしても、一生懸命であれば多少前進しますよね。

これは、勉強に限ったことではない、と思います。

真面目は、成果を出すスピードが速い、とも言えます。

その5:思考力がある

真面目の長所その5は、思考力がある、というところです。

なぜなら、一度立ち止まって、考える癖があるからです。

これは、真面目の考えすぎ問題に直結しますが、適切に思考すれば長所になりますね。

考えすぎる人は、よかったら参考にしてね。

要するに、じっくりと思考し、慎重に事を運ぶ傾向がありそうです。

ただし、感覚があった上での思考の方が、直感的に動けると思いますよ。

思考があった上での感覚は、少し、身動き取りづらいかもしれませんね。

日頃から、紙に書き出すなどして、頭の中を整理しておくといいかもしれませんね。

その6:勉強が得意

真面目の長所その6は、勉強が得意、というところです。

なぜなら、コツコツと取り組める=得意になりやすいからです。

真面目は、完璧主義になりやすい傾向も、おそらくありますね。

それに加え、コツコツと丁寧に勉強していくので、得意になる可能性はあります。

勉強が得意ではなくても、他の分野で、得意になっている可能性もありますよね。

その7:人柄がいい

真面目の長所その7は、人柄がいい、というところです。

なぜなら、真面目は、一般に人柄がいい要素だからです。

何人かの真面目な人に出会ってきましたが、皆、割と人柄がいいんですよね。

真面目な人で、ふざけた人は、まあ少ないですよね。

真面目な人は、人柄がいい傾向にある、と思います。

その8:現実主義

真面目の長所その8は、現実主義、というところです。

なぜなら、地に足つけているからです。

例えば、スピリチュアル的に閃くというよりは、哲学的に真理にたどり着くイメージはないでしょうか。

真面目ゆえに、論理的に考える=現実主義というイメージかもしれません。

真面目は、現実主義の人も、多いかもしれませんね。

その9:誠実に近い

真面目の長所その9は、誠実に近い、というところです。

なぜなら、真面目と誠実は、よく両提示されるからです。

誠実な人、と聞いて、悪いイメージはないですよね。

真面目な人は、純粋で、正直な部分もあるような気がします。

人柄がいいという長所の具体的な部分ですね。

その10:根性がある

真面目の長所その10は、根性がある、というところです。

なぜなら、真面目ゆえの使命感のようなもので、困難に打ち克つ力があるからです。

僕はソフトテニス部に所属していましたが、明らかに体調不良だったのに、練習とか試合に行ってましたからね。

正直、あの頃は、心身ともにケアしたり、重度なトラウマを緩和し、自分の見つめ直しを図ったり、やった方がいいことは、他にもあった気がします。

プロフィールにも多少書いていますが、いじめも結構乗り越えたので、ものすごい根性はあると思います。

おそらく、他の真面目な人も、一生懸命物事に取り組む根性があると思いますよ。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:真面目にも、いいとこあります。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

真面目の長所10選

その1:継続力がある

その2:忠実

その3:何かを極めやすい

その4:成長速度が速い

その5:思考力がある

その6:勉強が得意

その7:人柄がいい

その8:現実主義

その9:誠実に近い

その10:根性がある

真面目は、いいのだ。

真面目は、悪いという方もいますが、一概にそうは言えないと思いますよ。

真面目にも、たくさんの長所があります。

まあ、度合いが強すぎたらちょっと、ですけどね。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました