人見知りのあるあるを5つ、ちょっと詳しく話してみた。

人見知り

「人見知りのあるあるについて知りたい」

「人見知りの具体的なあるあるを知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、人見知りです。

生きづらさを抱えてきたので、人見知りあるあるは、いくつかあります。

この記事で、自分の人見知りあるあるを、ちょっと詳しく話します。

それでは、淡々と、始めていこうと思います。

人見知りの5つのあるある

人見知りのあるあるに、以下の5つを挙げておきます。

  1. 買い物が下手
  2. 話すと焦る
  3. 必然的に、ネットが得意になる。
  4. 周りからのレッテルを怖れる
  5. 人混みが苦手

順番に、話していきますね。

その1:買い物が下手

人見知りのあるあるその1は、買い物が下手、ということです。

なぜなら、じっと見られているような気がするからです。

あと、マニュアルがないと、対応しにくいというのもあるかもしれません。ASD(発達障害)なので。

それに、田舎者だからかもしれないですね。単純に慣れていない、という(笑)。

おそらく、自分にしか視線が集まらないから、緊張するのでしょうね。

店員さんもそうですが、他のお客さんの視線もやや感じることがありますから。

その2:話すと焦る

人見知りのあるあるその2は、話すと焦る、ということです。

なぜなら、急に話そうとしたら、視線が集まるのを感じるからです。

英語でのスピーチとか、作文のスピーチとか、何だかよく分からないワークの発表とか。

思えば僕は、結構人前に立ってきて、その度に失敗を重ねたような気もします(笑)。笑うしかないですね。

小学生の頃は、舞台で演じるような何かもやっていましたが、その時は練習を重ねていたおかげで、あまり緊張はしなかったような気がします。

なんて言うんでしょう。

コミュニケーションが苦手と言ったら、それまでなんですが、話しても焦らない人もいます。家族とか、家族とか、家族とか(あと少し親戚とか)。

その3:必然的に、ネットが得意になる。

人見知りのあるあるその3は、必然的に、ネットが得意になる、ということです。

なぜなら、リアルでのコミュニケーションが苦手だからです。

例えば、リアルだと、直接人に相談するとかあると思います。

けれども、ネットだと、相談しても相手に申し訳ない、ということはないんですよね。

休学中の頃は、ネットで検索ばかりしていましたし、通信制大学ではパソコンで授業を受けていました。

ネットが得意になったので、在宅ワークもやったことがありますし。

リアルでコミュニケーションを取れなかったから、ネットでコミュニケーションできることがとても楽しかったですね。今もですけど。

その4:周りからのレッテルを怖れる

人見知りのあるあるその4は、周りからのレッテルを怖れる、ということです。

なぜなら、イヤなやつと思われたくなかったからです。

小学生の頃は、弱虫のようなレッテルだったと思いますし、いじめにも遭っていたから、いじめられっ子とも思われていた可能性もあるでしょうね。

僕は、レッテルを貼られるのが、イヤでした。

なぜなら、自由が好きだから。

人見知りというレッテルを貼られていたかどうかは分かりませんが、内向的くらいには思われていたかもしれないですね。

実際、僕は内向的ですが、人と関わることは好きです。苦手ですけど。

その5:人混みが苦手

人見知りのあるあるその5は、人混みが苦手、ということです。

なぜなら、人の目線がいちいち気になるからです。

もちろん、人混みの空気というのも、あまり好きではありません。

自分が常に監視されているようで、自由じゃない感覚を得るんですよね。

僕は、喫茶店とか自然の中とか、落ち着いた空間が好きです。

誰の視線も感じないですし、それぞれが自由に楽しんでいる空気が好きです。

人混みは、おそらく人見知りではない人で構成されていることが多いでしょうね(笑)。

人見知りは、単独行動を楽しんでいることも多い、と思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:実感を持って話せるあるある

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

人見知りの5つのあるある

その1:買い物が下手

その2:話すと焦る

その3:必然的に、ネットが得意になる。

その4:周りからのレッテルを怖れる

その5:人混みが苦手

思い出深いあるある

人見知りあるあるは、おそらく尽きないでしょう。

人志松本のすべらない話、みたいに。

けれども、生きていきましょう。

人生は、遠くから見ればコメディです。

いつか笑える日も、おそらく来ると信じて。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました