無理しない生き方とは?自分の調子に気づく方法も。

生き方

「無理しない生き方って、なんだろう?」

「自分の調子に気づく方法って、あるのかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、幼き頃より、無理して生きる人でした。

しかし今は、大雑把が大切だと気づき、無理をしないでのんびり暮らしています。

この記事で、参考になる情報が1つでもありましたら、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

無理をしない生き方とは?

無理をしない生き方とは、自分を客観視し、コントロールできている状態のことです。

なぜなら、自分を客観視できていないと、暴走することもあるからです。

例えば、以前の僕は、客観視があまりできていませんでした。

したがって、無理をしなくていい状況で、なぜか全力状態だったときもあります。

不登校になってもいい状況で登校し続けたり、向いていない部活(スポーツ系)で無理したり、まあ色々です。

そのときは、気合と根性で、無理していましたね。

今は、そんなことないですけど。

無理をしない生き方とは、自分を客観視して、コントロールできている状態のことです。

無理をしない具体的な5つの方法

さて、無理をしない生き方がなんとなく分かったところで、無理をしない生き方について言及していきます。

気になる方は、ぜひご覧ください。

その1:とりあえず寝る

無理をしない生き方を実践する上で、とりあえず寝る、は大切なことです。

なぜなら、睡眠は、とてつもない休息法だからです。

例えば、仮眠でもいいですし、睡眠時間を多くするでもいいです。

睡眠グッズを整えたり、睡眠前のルーティンもいいですね。

とりあえず寝る、は結構威力あると思いますので、自分なりに創意工夫してみましょう。

その2:最低限の生活を心がける

無理をしない生き方を実践する上で、最低限の生活を心がける、というのはいいと思います。

なぜなら、金銭的余裕を生むと同時に、精神的豊かさも得られるからです。

例えば、生活費がそれほどかかっていないと、それほど稼ぐ必要はありません。

それと同時に、少ない物で、満足感を得る修行になります。

最低限の生活を心がけることによって、一石二鳥の効果があるのです。

その3:在宅ワーク

無理をしない生き方を実践する上で、在宅ワーク、が挙げられます。

なぜなら、発達障害の方たちにおすすめだったり、インドアで自己完結する仕事だからです。

例えば、発達障害の方は、職場での人間関係を、一般の方たちよりもストレスを受けやすい傾向にあると思います。

その点、在宅ワークは、基本家からのコミュニケーション、文字でのやり取りがメインなので疲れることは少ないです。

在宅ワークをすることによって、時代の波に乗り、与えられた仕事を低ストレスでこなすことも可能かと思います。

その4:田舎で暮らす

無理をしない生き方を実践する上で、田舎で暮らす、を挙げておきます。

なぜなら、自然が豊かだからです。

都会での生活は、おそらく刺激にあふれすぎて、僕だったら許容範囲を越えています。

電車での通勤、ショッピングをしようと思ったら宣伝にあふれる街、自然はあってもどこか人工的……。

僕だったら、耐えるのは、相当きついと思います。

その点、田舎は静かだし、窓からの景色に自然があったり、空気がきれいだったりします。

田舎で暮らす、もしくは郊外、週末に田舎に旅行など、参考にしてもらえたら幸いです。

その5:メンターを持つ

無理をしない生き方を実践する上で、メンターを持つ、を挙げておきます。

なぜなら、人生の指針になるからです。

例えば、僕は斎藤一人さんの考えが根っこにあります。

そのことによって、安心感と、自分の道を進む勇気となります。

もちろん、自分がメンターという考えもあると思います。

それが難しい方は、カウンセリングを受けるということも、人生の支えとなってくれます。

いくつかのメンターを持つことによって、自分の支えとなり、安心感を得られますね。

ココナラでお悩み相談・カウンセリング

自分の調子に気づく方法

無理をしていると、自分の調子に気づきにくい、ということもあると思います。

ここでは、自分の調子に気づく方法について、言及します。

例えば、瞑想・ヨガ・マインドフルネスがありますね。

あるいは、何か書いて客観視することも考えられます。

自分が疲れていると少しでも思ったら、疲れているなあ、と心の中でつぶやいてみましょう。

1週間に1回くらい、自分のコンテンツの流れを確認してみましょう。

変動が大きかったり、そもそもネガティブ、重い雰囲気が漂っているなら、自分の調子を崩しているかもしれません。

ぜひ、自分を客観視するように、日頃から瞑想や頭の中身を整理しておきましょう。

それでは、今回の記事をまとめておきたい、と思います。

まとめ:無理をしても、意味はありません。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

無理をしない生き方とは?

→自分を客観視し、コントロールできている状態

無理をしない具体的な5つの方法

その1:とりあえず寝る

その2:最低限の生活を心がける

その3:在宅ワーク

その4:田舎で暮らす

その5:メンターを持つ

自分の調子に気づく方法

無理は、無意味。

僕は、無理して、大学1回生のときに休学になりました。

そこから、うつ、トラウマとの死闘、発達障害、HSPの攻略に踏み切りました。

無理をするということは、自分を傷付ける、意味のないことだと思っています。

もちろん、そんなつもりで無理をしている人が多いわけではない、とも思います。

無理をしないということは、ほんとうの心の豊かさに気づける、とても大切なことだと僕は思っています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、スピリチュアルに特化した情報を、幅広く、そして分かりやすく、遊園地で遊んでいるように楽しんでもらえたら幸いです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました