友達との人間関係に疲れたときの5つの対処法

人間関係

「友達との人間関係に疲れた」

「人間関係に疲れたときのおすすめの曲って、あるの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、学校での人間関係に疲れ、友達との人間関係に疲れ、ほんとうに親しくなれそうな人たちと友達になってきました。

その中で、対処法も色々と考えて実践してきましたので、紹介していければと思います。

それでは、始めていきましょう。

友達との人間関係に疲れたときの5つの対処法

その1:みんなに好かれるよりも、少数、もしくは1人の人と親友になろう。

友達との人間関係に疲れたときは、あなたが信頼できるたった1人の人、もしくは数人のコミュニティに所属するだけで、無駄な人間関係を回避することができます。

みんなに好かれるということは、どうしたって無理があります。

けれども、少数の信頼できる友達を探す方が、こころがあたたまる方法だし、建設的な話です。

大勢の友達らしき人といる場合、テキトーに合わせる、テキトーに次の人間関係(1人の親友、趣味コミュニティ、ネットでの繋がり)を確保します。

そして、第3者を交えて離れるか、その友達といることを選んだ責任を取って嫌われながらも離れるか、そのままの人間関係をテキトーにこなしつつ、ネットでの繋がりを大切にするという方法もあります。

もちろん、これは個人的な意見ですので、参考程度にしてもらえたらと思います。

関連記事は、こちらを参考にしてみてください↓

その2:1人で過ごせる時間を確保する

友達との人間関係に疲れたら、1人で過ごす時間を確保するというのは、とても大切なことです。

なぜなら、友達と過ごしている時間は、基本、あなたの時間ではないからです。

あなたの時間を確保するということは、あなたが生きるよろこびを感じる時間を確保する、ということです。

具体的に言うと、1人になれる場所を確保するというのは、大切なことです。

あの場所の、あの時間帯には、普段人はいないな、とか、人間関係より自然を感じられる場所、ささいな場所でもいいですし、トイレでもいいです。

もしくは、複数人で居た場合でも、自然体にふるまえる時間というのは大切です。

家に帰ってからも、あなたが1人になれる時間を確保するということは、とても優先順位が高いと思います。

部屋にこもるでもいいし、1人でゆっくり食事をしてもいいし、散歩にでかける、もしくは湯船にゆっくり浸かるでもいいでしょう。

あなたがイキイキする時間を確保しましょう。

その3:心の拠り所になる曲を探す

友達との人間関係に疲れたときは、心の拠り所になる曲を探すというのもいいでしょう。

芸術的な、心を込めて創られた音楽は、あなたを何度も奮い立たせることでしょう。

おすすめの曲を、3つ紹介します。

おすすめの曲その1:『たしかなこと』

『たしかなこと』は、小田和正さんの曲です。

とても美しく、青空の透き通った核心をのぞいているかのような曲です。

もしよかったら、小田和正さんの他の曲も聴いてみてください。

きっと、あなたが生きる力になります。

おすすめの曲その2:『どんなときも。』

『どんなときも。』は、槇原敬之さんの曲です。

明るい軽快なメロディから、健気に生きる力を感じさせてくれる曲です。

僕も、この曲で、音楽っていいな、と思っていた懐かしい時期があります。

他の曲も、どうぞ聴いてみてください。

おすすめの曲その3:『歩いていこう』

『歩いていこう』は、いきものがかりの曲です。

この曲も、とてもいい曲です。

たしか、紅白でも歌われたと思います。

前へ、前へ、辛くても、しんどくても、前へ、前へ。

そんなことを感じさせてくれる力強く、やさしい曲です。

他の曲も、ぜひ聴いてみてください。

その4:睡眠をしっかり取るための具体的な対策を打ち立てる

友達との人間関係に疲れたとき、とりあえず、体を万全に保つということは大切なことです。

睡眠をしっかり取るということは、十分な休息になります。

皆さんも知っているかもしれませんが、寝る前のスマホ・テレビ等のブルーライトは、あなたの目を一気に覚醒させます。

できるだけ、寝る前は、スマホ・テレビ等を見ないようにしましょう。

スマホは、電源を切る、もしくは違う部屋に置いておく、とにかく、寝る前の刺激は極力避けましょう。

あとは、湯船にしっかり浸かる、読書をする、頭に色々な雑念が渦巻いているなら、紙にある程度書いて整理しておくなど、習慣を整えていきましょう。

詳細は、こちらをご覧ください↓

その5:斎藤一人さんの本を読む

友達との人間関係に疲れたら、自己啓発・スピリチュアルの本物の情報を知り、性格を変えていくということも必要なことです。

自己啓発やスピリチュアルは割と敬遠されますが、本物の情報はあることは確かです。

問題は、それを見抜けるかどうか、だと思います。

斎藤一人さんの著書を読んでみてください。

斎藤一人さんは、納税王と呼ばれた億万長者です。

※オーディオブックであれば、疲れていても、耳で質の高い自己啓発を読めます。

聴き放題サービスでは、『強運』という斎藤一人さんの本がおすすめです。

無料お試し30日間、聴き放題プランで月額750円になります。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

参考程度にどうぞ。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:君は、1人ではない。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

友達との人間関係に疲れたときの5つの対処法

その1:みんなに好かれるよりも、少数、もしくは1人の人と親友になろう。

その2:1人で過ごせる時間を確保する

その3:心の拠り所になる曲を探す

→『たしかなこと』、『どんなときも。』、『歩いていこう』。

その4:睡眠をしっかり取るための具体的な対策を打ち立てる

その5:斎藤一人さんの本を読む

少しずつ、前へ。

友達との人間関係に疲れることは、多くの人が経験することだと思います。

しかし、そこからの学びがあったり、成長して、いい人間関係に移行することもあると思います。

焦らず、ゆっくり、自分のペースで、前進していきましょう。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、スピリチュアルに特化した情報を、幅広く、そして分かりやすく、遊園地で遊んでいるように楽しんでもらえたら幸いです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました