オンとオフの違いとは?3つの切り替え法も紹介します。

休息

「実生活のオンとオフの違いって、なんだろう」

「オンとオフの切り替えって、どうやるの」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、オンとオフの切り替えに、悩んできました。

今でも、上手に切り替えられない時があります。

しかし、ある程度は、上手なことはたしかです。

その知見から、参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

オンとオフの違いとは?

まず、オンってなんでしょうか。

簡単に言うと、仕事とか学業になります。

じゃあ、オフって、なんでしょうか。

簡単に言うと、睡眠になります。

仕事とか、学業は、エネルギーを消費しますよね。

反対に、睡眠は、一番休息できる時間ですよね。

働いているなあ、と思ったらオンです。

休んでいるなあ、と思ったらオフです。

なんとなく、分かるでしょうか。

以上が、簡単なオンとオフの違いになります。

オンの記事はまだないので、オフの記事を紹介します↓

オンとオフの3つの切り替え法

オンとオフの切り替え法として、以下の3つがあります。

  • その1:ルーティンを決める
  • その2:オンとオフの宣言
  • その3:環境を整える

順番に説明していきます。

その1:ルーティンを決める

まず、ルーティンを決めることは、有効でしょう。

なぜなら、オンとオフの流れを作り出すからです。

例えば、この時間帯は働く、この時間帯は休むという感じです。

習慣やルーティンは、すぐに獲得することは、むずかしいです。

したがって、一つずつ、この時間からこの時間は働く、この時間からこの時間は休む、と大まかなスケジュールを設定しましょう。

設定したら、最低3日は続けて、一つずつ習慣にしていくことが有効です。

そうすることによって、オンの流れとオフの流れを、日常に生み出すことが可能になります。

その2:オンとオフの宣言

続いて、オンとオフの宣言をしてみましょう。

そうすることによって、気合が入ります。

気合、ナメんといてくださいね。

時には、気合、大事です。気合の合は、愛かもしれませんけどね。

さて、話が少し脱線しましたが、今から働く、今から休む、と言うことにより、そうしていない自分に違和感を抱きます。

すると、やった方が、違和感は解消されます。

宣言することによって気合が入り、働いている感、休んでいる感を感じることができます。

結果、オンとオフに成功するのです。

その3:環境を整える

最後に、環境を整えることも大事です。

なぜなら、オンとオフに、集中できるからです。

例えば、オンの環境では、椅子や机周り、窓からの風、コーヒーなどで雰囲気を作ります。

反対に、オフの環境は、一人になれる環境であったり、外での散歩、読書などがあります。

こうした環境に配慮することによって、オンとオフの時間の密度が高まります。

在宅ワークだと、環境は整えやすいかもしれませんね。

【番外編】オンとオフ、実は切り替えなくてもいい?

ここで述べたいのは、平日と休日の話です。

マナブさんの動画によると、休日は要らないんじゃないか、という話もあります。

【閲覧注意】あなたの努力は、足りません【厳しい話を、本音で語る】

僕もそう思って、休日はほぼなしに設定しました。

唯一、休めるのが、働いた後の休息時間です。

この時間なら、毎日あります。

無理に、休日でダラーッと過ごさなくても、毎日休めるじゃないか、と。

休日なんて、要らないんじゃないか、と。

たしかに、僕もそう思って実践はしていますが、やはり、息継ぎの時間も必要な気がしたので、休日は少し休む予定にしています。

オンとオフの切り替えを上手に使うことによって、働く能率を上げるいい方法だな、と思ったのでここに紹介。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:オンとオフを、心得よう。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

オンとオフの違いとは?

→オンは仕事、オフは睡眠。

オンとオフの3つの切り替え法

その1:ルーティンを決める

その2:オンとオフの宣言

その3:環境を整える

【番外編】オンとオフ、実は切り替えなくてもいい?

→マナブさんの参考動画

オンとオフで、生活豊かに。

僕は、オンとオフを心得ることによって、仕事能率が上がる気がしています。

なぜなら、生活にハリが出てくるからです。

オンとオフを、心得て、充実した生活を目指しましょう。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました