【落ち込む時、あるよね】自分を励ます8つの方法

休息

「落ち込んで、いつもの調子が出ない」

「落ち込んで、モヤモヤを抱えている」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、昨晩、落ち込んでいました。

すごく落ち込んだわけではありませんが、多少落ち込みました。

ということで、落ち込んだ人向けの記事が書けると思いましたので、ここに記しておきます。

参考文献も確認しつつ、自分なりの意見を、書いていきます。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

【落ち込む時】自分を励ます8つの方法

落ち込んだ時、しんどいですよね。

少しでも、気持ちを和らげることができれば、幸いです。

ゆるく、語っていきますね。

その1:1人の時間を確保

落ち込んだ時の対処法その1は、1人の時間を確保することです。

落ち込んだ時に、周囲に誰かいたら、しんどいですよね。

普段から人間関係を整えておくのもいいですし、仕事を無理しなくても大丈夫です。無理しても、あまりいいことはありません。

1人の時間・場所を確保することによって、センチメンタルになる状況を確保しましょう。

その2:無理に元気になろうとしない

落ち込んだ時の対処法その2は、無理に元気になろうとしない、ということです。

落ち込んだ時に、無理に元気になろうとしたら、しんどいですよね。

無理せず、ありのままの自分を、眺めましょう。

時間が経てば、少しずつ元気になってくることもあります。

焦らず、生きましょう。

その3:やさしい音楽を聴く

落ち込んだ時の対処法その3は、やさしい音楽を聴く、ということです。

音楽には、心身を癒す力があります。

音楽を聴くことによって、モヤモヤから注意を外すこともできる、と思います。

僕がおすすめするアーティストは、小田和正さんです。

名曲揃いですので、よかったら、聴いてみてくださいね。

その4:身近な人の援助を行う

落ち込んだ時の対処法その4は、身近な人の援助を行う、ということです。

落ち込んだ時に、人の援助をするのは、無理だよ。

このように、思うかもしれません。

もちろん、無理しなくても、構いません。

ただ、人の援助をすることは、モヤモヤから注意を逸らせます。

そして、人が元気になる姿を見て、こちらも元気になることもある、と思います。

無理しないでいいですので、手軽な援助をしてみては、いかがですか。

その5:学んで、改善する。

落ち込んだ時の対処法その5は、学んで改善する、ということです。

落ち込んだ、ということは、何かで失敗した、と思ったということですよね。

しかし、失敗というものは、ありません。

失敗したと思ったなら、「これは違うな」と改善できることが、大切です。

失敗したと思ったなら、改善を続けていけばいい。

そしたら、いつか、日向道を歩んでいることもある、と思います。

落ち込んだ時は、学んで、改善してみましょう。

その6:自分にとって、楽しいことをする。

落ち込んだ時の対処法その6は、自分にとって楽しいことをする、ということです。

落ち込んだ時に、活動しようという気には、ならないかもしれません。

しかし、ずっとボーッとできない人もいる、と思います。

アクティブな楽しいことは控え、メンタルにやさしそうな楽しいことを実施しましょう。

ここでは、具体的な楽しいことについて言及しませんが、身近に何かしらあるかもしれませんので、あなたの自由に委ねます。

自分の楽しいという気持ちに沿って、無理せず、心を癒しましょう。

その7:詩を読む

落ち込んだ時の対処法その7は、詩を読む、ということです。

詩を読むことは、メンタルにもいいですし、注意を詩に向けられます。

ただ、ネガティブな詩を多く見るとあまりよくありませんので、控えることをおすすめします。

僕が、おすすめする詩集は、以下の2冊です。

【楽天書籍】「いそがなくてもいいんだよ」岸田衿子著

【楽天書籍】「震えたのは」岩崎航著

よかったら、お守りとして、買ってみてください。

その8:ヨガ

落ち込んだ時の対処法その8は、ヨガを行う、ということです。

過度な運動は控えた方がいいですが、適度な運動は、落ち込んだ時に効果的です。

おそらく、激しい運動をする気力はないと思いますので、ヨガ等がおすすめかもしれません。

現代は、オンラインフィットネスやYouTubeでの運動が可能です。

自分に合った方法で、適度に体を動かしてみましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:今は、元気じゃなくてもいい。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

【落ち込む時】自分を励ます8つの方法

その1:1人の時間を確保

その2:無理に元気になろうとしない

その3:やさしい音楽を聴く

その4:身近な人の援助を行う

その5:学んで、改善する。

その6:自分にとって、楽しいことをする。

その7:詩を読む

その8:ヨガ

今は、元気じゃなくても。

落ち込む時、元気は出ていない、と思います。

けれども、時間とともに、元気になることもあります。

自分を癒しながら、時に身を任せましょう。

落ち込む人は、あなただけではないのですから。

※「落ち込んでいる」という方は、人に話を聴いてもらうことも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能な占い師やカウンセラーを探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください。

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

おすすめです。

★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「落ち込んだときの乗り越え方ベスト3

Yoshihama Tsutomu「ADHD人 傷つきやすくて生きることに疲れた 対策あり

斉藤一人オフィシャルブログ「斉藤一人 公式ブログ 一日一語 2月26日

SELF MIND「詩を読むのはメンタルに効果的?心に効くおすすめの詩とは

サワイ健康推進課「心と体を癒す「音楽」の力 ~音楽を活用したストレスケア~


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました