「楽したい」ではなく、「楽しみたい」にしよう。人生を楽しむ7つの技術

生き方

「楽して生きたい」

「楽して、仕事したい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、楽して生きていてもいいじゃないか派、です。

無理してからの休学、通信制大学、フリーのライター目指すなど、楽して生きてもいい、と身を持って知っています。

その知見から、何か参考になる情報がありましたら、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

「楽したい」→「楽しみたい」へ

方法1:成長する

人生を楽しむ方法その1は、成長することです。

なぜなら、成長することによって、問題を乗り越えやすくなるからです。

例えば、子どもはハードル跳びがむずかしいかもしれませんが、大人ならスイスイ跳べるイメージはないでしょうか。

成長する方法として、読書がありますので、よかったらこの記事も参考にしてみてください↓

成長することによって、人生のハードルを、低くしましょう。

方法2:誰かに頼む

人生を楽しむ方法その2は、誰かに頼む、です。

なぜなら、自分の時間を持てるからです。

例えば、外注などすれば、余裕を持てるのではないでしょうか。

今なら、クラウドワークスとか、ココナラとかありますよね。

場合によっては、身近な人に、上手に頼む方法もあると思います。

自分の力だけでは乗り越えられない場合は、誰かに頼むなど、楽して生きましょう。

方法3:便利グッズやツールを使う

人生を楽しむ方法その3は、便利グッズやツールを使う、ということです。

なぜなら、手軽に楽して、生きられるからです。

例えば、読書するとして、椅子にこだわったり、電子書籍やオーディオブックを使ったりしますよね。

そうすることによって、リラックスでき、仕事にも活かせる部分があります。

人生を楽しむために、便利グッズやツールを、模索してみましょう。

方法4:緩急つけて動く

人生を楽しむ方法その4は、緩急をつけて動く、ということです。

なぜなら、メリハリが出てくるからです。

例えば、メリハリが出れば、楽しみながら仕事できるのではないでしょうか。

僕が思うに、仕事等のメリハリは、とても大事です。

オンとオフの切り替えについては、この記事で述べましたので、参考にしてもらえると幸いです↓

方法5:休息の質を上げる

人生を楽しむ方法その5は、休息の質を上げることです。

なぜなら、楽できるし、パフォーマンスが上がるからです。

例えば、休息の質が低ければ、楽している感じはしないし、仕事等のパフォーマンスアップには、つながらないですよね。

質の高い休息は、人生にゆとりをもたらし、仕事等に活力をもたらします。

休息に関する記事は、こちらを、参考にしてみてください↓

方法6:アスリートとして生きる(からだ編)

人生を楽しむ方法その6は、アスリートとして生きる(身体的に)、ということです。

なぜなら、人生を楽しむ土台が、作られるからです。

例えば、食事・睡眠・運動などに気を配ってみては、いかがでしょうか。

皆、できているようで、できていないことなのではないでしょうか。

一度、人生を楽しむために、見直してみるといいかもしれませんね。

方法7:アスリートとして生きる(こころ編)

人生を楽しむ方法その7は、アスリートとして生きる(メンタル的に)、ということです。

なぜなら、真剣勝負として、楽しめるからです。

例えば、人生は、勝負の連続とは言えないでしょうか。

毎日、小さな決断を含め、多くの決断をする。

選択と集中、そしてフィードバックも行います。

僕が思うに、人生は、ゲームだということです。

怖い・大変だ、ではなく、一度問題を冷静に見つめ、闘ってみてはいかがでしょうか。

関連の記事は、こちらですので、よかったら参考にしてみてください↓

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:「楽しむ」から、「楽」になっていく。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

「楽したい」→「楽しみたい」へ

方法1:成長する

方法2:誰かに頼む

方法3:便利グッズやツールを使う

方法4:緩急つけて動く

方法5:休息の質を上げる

方法6:アスリートとして生きる(からだ編)

方法7:アスリートとして生きる(こころ編)

楽しんで、極楽。

人は皆、楽をしたい生き物です。

しかし、それでは、いざという時に、とんでもないダメージを受けると思います。

そんなことないよ、と思う方は、ぜひそのままの道を進んでください。

ただ、人生は受け身ではなく、積極的な姿勢で臨むことが、ハリのある人生に、なっていくと思います。

楽をする(受け身)ではなく、楽しむ(積極性)も、いいかもしれませんよ。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました