差別の解決方法を10個考えてみました。

社会問題

「差別問題を緩和したい」

「考察でもいいから、ある程度有益なアイデアを、いくつか知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、発達障害であり、HSPでもあります。

したがって、差別という言葉には、敏感です。

この記事では、差別問題解消に対するアイデアを、いくつか書いていこうと思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

差別の10個の解決方法

その1:相手を知る

差別の解決方法その1は、相手を知る、ということです。

なぜなら、相手を知れば、愛着が湧くからです。

相手を知れば、共感し、敵とは思えなくなる可能性もありますよね。

相手を知るために、ネットや本を活用し、できあがった認知を発信するといいかもしれませんね。

その2:相手と交流する

差別の解決方法その2は、相手と交流する、ということです。

なぜなら、情報より、さらに愛着が湧くからです。

実際に交わることによって、相手をリアルに、理解できるのではないでしょうか。

実際に、施設に行ったり、コミュニティに行ったり、知り合いを通じて、相手と交わるのもいいですね。

相手と交流することによって、仲間だと思える部分も、あるかもしれませんね。

その3:すべては、具体的ではなく、存在している。

差別の解決方法その3は、すべては具体的ではなく存在している、と知ることです。

なぜなら、すべては存在のため、差別化されるものではそもそもないからです。

例えば、国と国の間に国境線はありますが、そのようなものは空想に近いですよね。

人が勝手に区切っただけで、地面はずっと繋がっているのです。

だから、すべては具体的ではなく存在している例は、他にもあると思います。

差別している時は、考えすぎても、ダメかもしれませんね。

その4:相手の長所に目を向ける

差別の解決方法その4は、相手の長所に目を向ける、ということです。

なぜなら、相手の長所に目を向ければ、愛着が湧くからです。

つまり、相手を差別しなくなる、ということですね。

例えば、相手の長所に目が向き、好きな相手を嫌うことができるでしょうか。

相手の長所に目を向けるために、紙に書き出すなど、認知を変えるのもありですね。

相手の長所は、私たちのわずかな好意を、明確にしてくれます。

その5:相手の短所の反対を考える

差別の解決方法その5は、相手の短所の反対を考える、ということです。

なぜなら、相手の短所しか見えない、という人もいるかもしれないからです。

短所の反対を考える=長所を見つけることができ、しかも、見方が一気に変わるのではないでしょうか。

結果、差別の抑止力になる、と思います。

その6:差別されている人が情報を発信

差別の解決方法その6は、差別されている人が情報発信する、ということです。

なぜなら、当事者の想いを、認知させることが可能だからです。

差別されている当事者、もしくは近くにいる人であれば、情報を発信できますよね。

今は、ネットやSNSで、自由に発信を行えます。

そうすれば、自分たちのことを知ってもらい、差別の防御になると思います。

差別されているからといって、無力ではなく、できることを実行していくといいかもしれませんよ。

その7:差別している人の笑顔を見る。

差別の解決方法その7は、差別している人の笑顔を見る、ということです。

なぜなら、笑顔は普遍的なもので、人間性を感じることができるからです。

考えるよりも先に相手の役に立ち、笑顔を見れば、自分はいいことをしていると思うかもしれませんね。

相手に対し、自分たちと同じだ、と思うかもしれません。

結果、差別感情がなくなる、かもしれないです。

その8:差別しているのは、自己責任だと考える。

差別の解決方法その8は、差別しているのは自己責任だと考える、ということです。

なぜなら、差別することは、相手を敵視することだと思うからです。

そうではなく、差別すること自体が悪いことだと捉え、自分を変えるよう意識してみてはいかがでしょうか。

差別は、他者があるから発生するのではなく、自分の考えによるものだと知るといいかもしれません。

そうすれば、差別する人が1人減少し、その考えを他の人たちに伝えていけるかもしれません。

人は変えられず、変えられるのは、己だけなのです。

具体的な方法としては、先ほどの相手を知るための読書等、相手と交わってみることを始めてみてはいかがでしょうか。

その9:差別されることによって、成長する人もいる。

差別の解決方法その9は、差別されることによって成長する人もいる、ということです。

なぜなら、逆境があるから、適応しようとするからです。

その過程で、色々な学びがあると思います。

例えば、メンタルが鍛えられたり、外見や行動を変える人もいるかもしれませんね。

したがって、差別のすべてが悪いことばかりではない、と思います。

認知を変えることによって、差別はダメなものだという差別を、なくすことができると思います。

その10:言葉の先にある感覚を大切にする。

差別の解決方法その10は、言葉の先にある感覚を大切にする、ということです。

なぜなら、差別は、言葉から発生することがあるからです。

言葉で大切なのは、その先にある感情ではないでしょうか。

例えば、言葉で相手を見ると、ありのままにその存在を見ることはむずかしいですよね。

言葉の怖いところは、真実が偏って見える可能性がある、ということかもしれません。

したがって、直接当事者と交わることは大切だと思いますし、具体的なものよりも、抽象的な存在(芸術など)を大切にする、もしくは感じるといいかもしれませんね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:差別を考える一助となれば幸いです

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

差別の10個の解決方法

その1:相手を知る

その2:相手と交流する

その3:すべては、具体的ではなく、存在している。

その4:相手の長所に目を向ける

その5:相手の短所の反対を考える

その6:差別されている人が情報を発信

その7:差別している人の笑顔を見る。

その8:差別しているのは、自己責任だと考える。

その9:差別されることによって、成長する人もいる。

その10:言葉の先にある感覚を大切にする。

参考にしてもらえると幸いです。

差別問題を扱うのは、繊細な作業でした。

僕の情報では、よく分からないし、反対だと思う人もいるかもしれません。

ただ、1つ言いたいのは、ないよりマシだということですね。

参考程度にしてもらい、社会の変革に少しでも携わることができれば、光栄なことだと思います。

この記事で得た気づきを、何らかの形にしてもらえると、うれしいです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました