「正義とは何か」分かりやすく、納得できるような解説。

用語解説

「正義とは何かを知りたい」

「正義についての分かりやすい解説って、ないの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、見えない世界を扱うことに長けています。

今まで、100冊以上の精神書物を読み、実践も繰り返してきました。

そんな僕ですが、抽象的な言葉を、できるだけ分かりやすく述べたい、と思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

辞書の定義(正義とは何か)を、分かりやすく解説。

今回は、コトバンクの「精選版 日本国語大辞典」の正義の解説を、参考にさせていただきます。

以下、紹介します。

1、正しい道理。正しいすじみち。人として行うべき正しい道義。

2、正しい意義。

参考:コトバンク「正義

少し省略していますが、大体こんな感じです。

つまり、正しいものは何か、ということですよね。

その何かって、なんだということなんですが、抽象的な言葉ゆえに、多くの人は、曖昧に想像していると思います。

したがって、通常の辞書で調べた場合、よく分からない、となると思います。

正義とは何か、ということに関しては、本1冊書くくらいのレベルでないと、紹介できないのかもしれません。

そんな無謀な解説に、のほほんと挑んでいるわけですが、のほほんと次の解説も読んでみてください。

個人的に思う「正義とは何か」

僕が思う「正義とは何か」を、一応紹介しておきますね。

参考程度にしておいてください。

それは、雑念のないそれぞれの志、または、その志が合わさった集団によって定義されるもの、としておきます。

要するに、現在の正義の問題点は何か、ということなんですが、偏った正義を実行している方たちがいる、ということです。

それが、ダメだということでは、決してありません。

地球に生きている以上、そのようなことはよくあることです。

ただ、健全な正義を実行したいということであれば、ネガティブな要素を取り除いた方がいいと思います。

つまり、偏って暗い正義ではなく、まっすぐで爽やかな正義が必要だということです。

それに加えて、多くの人が健全な正義観を持ち、それらによってなんとなく正義のありようが定義されることが大切だ、と僕は思います。

もう一度言いますが、僕の正義観です。

参考程度にしておいてくださいね。

やや難しい説明になってしまったかもですが、なんとなく理解してもらえると幸いです。

個人的に思う正義を貫いた結果、見えそうな2つの未来。

その1:人々の行動に迷いがなくなる

僕が思う正義を貫いた結果、人々の行動に迷いがなくなる、と思います。

なぜなら、雑念がないそれぞれの志だからです。

そのため、ポジティブな決断をお互いに実行しやすい、と思います。

多くの人が、僕が定義した正義を貫くと、世界がポジティブに循環していくと思います。

つまり、無駄な対立がなく、スムーズに問題に対処していける、ということです。

正義が、偏った暗いものと捉えられてしまうと、多くの人との間で対立が起こり、スムーズに問題が解決していかないかもしれません。

したがって、僕が定義した正義を1人1人実行していくことが、よりよい世界を作っていくことになる、と思います。

もちろん、世界には様々な正義観があると思いますので、人を傷つけない表現方法で生きていくなら、それでも全然よいと思いますよ。

その2:偏った罰がなくなる

もう1つの未来として、偏った罰がなくなる、と思います。

雑念のある正義だと、偏った罰を実行しやすい、と思います。

しかし、雑念のない正義だと、爽やかな裁きを与えることができるかもしれません。

したがって、お互いに恨み合う、ということはなくなると思います。

それでは、偏った罰をなくしたり、行動の迷いを消したりするには、どういったことが必要なのでしょうか。

正義を実行するために、必要な1つのこと。

真の正義を実行するためには、ネガティブな雑念を和らげ、自分の本心に素直に従うといいかもしれません。

なぜなら、正義とは、心の奥深くに存在している、と思うからです。

例えば、正義を実行する時、最終的には自分の心に問いかけるのではないでしょうか。

世間から間違いだと言われていても、自分の直感がいいと言っている。

それが、正義だと思います。

そんなこと言っていたら、直感とは何か、ということになっていきますし、正義を理解する道のりは遠いと感じるかもしれません。

ただ、正義はある、と僕は感じています。

だから、焦らなくても、大丈夫です。

自分のペースで、あなたなりの正義にたどりつくといいと思いますよ。

参考になりそうな記事ですので、興味があれば、ご覧ください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:自分の胸に問いかける正義

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

辞書の定義(正義とは何か)を、分かりやすく解説。

正しいものは何か、ということ。抽象的な言葉ゆえに、多くの人は、曖昧に想像しているかも。

個人的に思う「正義とは何か」

雑念のないそれぞれの志。または、その志が合わさった集団によって定義されるもの。

個人的に思う正義を貫いた結果、見えそうな2つの未来。

その1:人々の行動に迷いがなくなる

その2:偏った罰がなくなる

正義を実行するために、必要な1つのこと。

ネガティブな雑念を和らげ、自分の本心に素直に従う。

自分の胸に、問いかける。

少し、いつもの記事より、むずかしくなったかもしれません。

本1冊書けそうなものを、ネットの素人1記事で挑戦するとは、僕も大胆なことをしたなあ、と達成感に浸っています(すいません)。

少しでも、あなたの正義観に、気づきがあれば幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました