【遊びのような仕事発見!】仕事で遊び、休息も仕事に活かす方法。

ビジネス

「遊びのような仕事って、なんだろう?」

「仕事を遊びにする方法を、知りたい!」

「休息を仕事に活かす方法も、知りたいな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、遊ぶように仕事をしています。

なぜなら、仕事をしていて、しんどいという思いがないからです。

この記事では、仕事を最大限に楽しむ方法を、紹介します。

いくつかの信頼できそうなサイト等を参考にしつつ、自分の意見を書いていきますね。

それでは、始めていきましょう。

遊びのような仕事とは?

遊びのような仕事って、なんでしょう?

そういう仕事って、あるのでしょうか。

僕は、ある、と思います。

それは、あなたにとって簡単で、ワクワクする仕事です。

例えば、難しい仕事をしても、挫折するから楽しくないですよね。

ワクワクという気持ちがないと、力を込められないのではないでしょうか。

適切な仕事の例を挙げると、在宅ワークがあるかもしれません。

HSPや発達障害、といった方たちにおすすめだと思います。

ワクワクは、あなたにとって「なんとなくいい」と思うものです。

あなたにとって簡単な仕事は、おそらく「継続できる」仕事です。

遊びのような仕事は、あなたにとって簡単で、ワクワクする仕事だと思います。

参考にしていただけたら、幸いです。

仕事を遊びにする3つの方法

仕事を遊びにする方法として、以下の3つを挙げておきます。

  1. ルールを決める
  2. 遊び心を持つ
  3. ヒントをたまにもらったり、回復(呪文)をしたりする。

順番に、解説していきますね。

その1:ルールを決める

仕事を遊びにする方法その1は、ルールを決める、ということです。

なぜなら、工夫をして、能動的になれるからです。

例えば、ルールがあるから、サッカーとかスポーツは楽しいですよね。

ルールがなかったら、ゲームという楽しさが、成立しません。

仕事なら、制限時間を決めるということは、ありかもしれません。

例えば、25分ごとに休憩して、仕事に集中します。

そうすることによって、仕事の質が高まり、いいパフォーマンスを発揮できると思いますよ。

その2:遊び心を持つ

仕事を遊びにする方法その2は、遊び心を持つ、ということです。

なぜなら、楽しい考えをしていると、楽しい行動ができるからです。

例えば、仕事が楽しい、と思って働いたとしますよね。

そうすると力を込められるので、仕事で成果を上げ、楽しくなってきます。

自分に合った環境を整えて、遊び心が発生する仕組みを作るのもいいでしょう。

あるいは、経済的余裕を確保できる仕事に就くと、安心なので、成果を上げやすいかもしれません。

楽しい情報を得ておくのも大事ですね。

楽しい情報は、楽しい行動を自然に起こしやすくする、と思います。

こちらの記事も参考になると思いますので、よかったらご覧ください。

その3:ヒントをたまにもらったり、回復(呪文)をしたりする。

仕事を遊びにする方法その3は、ヒントをもらったり、回復したりすることです。

なぜなら、仕事をゲーム化したいからです。

ゲームをしている気分になると、楽しくなってきませんか。

読書して、仕事のヒントをもらうことも大切です。

※オーディオブックなら、寝ながら質の高い知識を手に入れられます。

スキマ時間で、ビジネス書を読むことも可能です。

普通に、電子書籍で読むより、楽しいかもしれませんよ。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ぜひ、参考にしてみてください。

適度な休息をすることによって、嘘のように力が湧いてくることもあるかもしれません。

適度な休息に関しては、こちらの記事がおすすめです↓

参考にしてみてください。

休息を仕事に活かす3つの方法

休息を仕事に活かす方法として、以下の3つを挙げておきます。

  1. メリハリをつける
  2. 思考と感覚のバランス
  3. 自己投資

順番に、解説していきますね。

その1:メリハリをつける

休息を仕事に活かす方法その1は、メリハリをつける、ということです。

なぜなら、休息に集中して、仕事に力を込められるようにしたいからです。

仕事が終わったら、何も仕事のことを考えないで、過ごしましょう。

休息中に仕事のことを考えても、眠れなくなる、ということも起こり得ます。

だから、明日の予定をある程度把握してから、仕事を終わる、ということもありでしょう。

あるいは、完璧主義にならないで、ほどほどの目標を達成したと思えると、安心して遊べるかもしれませんね。

休息を仕事に活かすために、メリハリをつけて、過ごしましょう。

その2:思考と感覚のバランス

休息を仕事に活かす方法その2は、思考と感覚のバランスを整える、ということです。

なぜなら、効率的に休みたいからです。

体が疲れたのであれば、逆に心を使ってもいいですし、心を使いすぎたら、体を使ってもいいでしょう。

そうすることによって、効率的に心身をリフレッシュできる、と思います。

ただし、無理は禁物ですよ。

思考と感覚のバランスを整えることによって、いいパフォーマンスを発揮できるようにしましょう。

その3:自己投資

休息を仕事に活かす方法その3は、自己投資をする、ということです。

なぜなら、休めて、仕事にも活かせるからです。

体が疲れたのであれば、整体や鍼灸を受けることもありですよね。

心が疲れたのであれば、ゲームやアニメを見てもいいわけです。

それが、仕事の活力になる程度に行うなら、やっておいて損はないと思いますよ。

ただし、依存とかには注意した方がいいかもしれませんので、頭の片隅に入れておいてくださいね。

他の自己投資として、こちらの記事もおすすめです↓

よかったら、参考にしてみてください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:仕事とは、遊びだ。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

遊びのような仕事とは?

あなたにとって簡単で、ワクワクする仕事。

仕事を遊びにする3つの方法

その1:ルールを決める

その2:遊び心を持つ

その3:ヒントをたまにもらったり、回復(呪文)をしたりする。

仕事を遊びにする3つの方法

その1:メリハリをつける

その2:思考と感覚のバランス

その3:自己投資

仕事は、遊びだ。

仕事を遊びとして捉えるのは、難しいことかもしれません。

けれども、様々な職業があることは事実ですし、便利なツールも出てきています。

この記事で、仕事を楽しんで行うきっかけを得ていただければ、幸いです。


★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「仕事と遊びを上手に結合する方法

堀江貴文 ホリエモン「堀江貴文のQ&A vol.570〜遊びを仕事に!?〜

DIAMOND online「「仕事を遊びに変えている人」が一番成功する理由

斎藤一人著「令和の成功」学研プラス、2019


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました