睡眠不足解消のための5つの方法

睡眠

「睡眠不足で辛い」

「睡眠不足解消できたら、幸せだろうな」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、睡眠不足に悩まされたことは数年ありました。

睡眠不足解消のための本や、YouTubeも色々と見ました。

それらの知見から、参考になるところが1つでもあれば幸いです。

それでは、始めていきましょう。

睡眠不足解消のための5つの方法

その1:運動をする

睡眠不足を解消するためには、運動をする必要があります。

なぜなら、運動をすることによって体が疲れて、自然と眠れるからです。

具体的な例を言うと、散歩、ランニング、スクワット、エアロバイクなどの運動器具を使うのもいいですね。

あとは、ヨガとか、ジムに通うとかですね。

自宅で、本格的なヨガに挑戦できます↓

家から徒歩0分のヨガスタジオ

最初の3か月は980円、税込1,078円でご利用が可能です。

よかったら、参考にしてみてください。

その2:寝る前の刺激を極力控える

睡眠不足を解消するために、寝る前の刺激を極力控えましょう。

なぜなら、寝る前の刺激は、頭を興奮させて眠れなくさせるからです。

具体的な例を言うと、スマホやテレビなどのブルーライト系はNGです。

あとは、運動もちょっと控えた方がいいと思います。

読書や音楽でも、興奮するようなものは控えた方がいいと思います。

ここに関しては、実体験に基づくものですが、おそらく当たっていると思います。

読書は、詩とかがちょうどいいと思いますし、音楽は、J-POPや激しいものは控えておきましょう。

寝る前の刺激は、脳内を昼間と同じようにする何かがありますので、ぜひ注意してもらえたらと思います。

その3:日向ぼっこ

睡眠不足を解消するために、日向ぼっこはいいと思います。

なぜなら、起きたという感覚を、脳に記憶させることができるからです。

日向ぼっこをすることによって、血流が回り、頭は冴え、セロトニン(幸せホルモン)が分泌されます。

僕も、外出してたくさん日光を浴びた日は、体が疲れたのもあるかもしれませんが、安眠できている実感があります。

日向ぼっこをすることによって、安眠を目指しましょう。

その4:雑念を紙に書き出す

睡眠不足を解消するために、雑念を紙に書き出すといいと思います。

なぜなら、頭の中が雑念だらけで眠ろうとすると、なかなか寝付きにくいからです。

この件に関しては、以前、HSPの記事で考えたことがあるのですが、頭の中に情報がいっぱいあると、眠っているとき、若干溺れている感覚があります。

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、浅い眠りになるということです。

実体験からもそうだと思いますので、ぜひ寝る前は雑念を紙に書き出し、頭の中空っぽで眠りにつくよう準備しましょう。

その5:寝具・パジャマを整える

睡眠不足を解消するために、寝具・パジャマを整えましょう。

なぜなら、寝具・パジャマを整えることによって、いい睡眠につながるからです。

そのまんまですね(笑)。

意外とこれできてない方多いと思うんですけど、どうなんでしょうか。

そのことに関しては、この本に書いてあったので、ほんとうにそうだと思いました↓

枕・掛け布団・敷き布団。

あと抱き枕必須の方とか、いるんだろうな、と思います。

まあ、僕は使ってないですけど(笑)。(笑ったら使っている人に申し訳ないな、すみません)

ぜひ、参考にしてもらえると幸いです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:いい睡眠を取るために

はい。いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

睡眠不足解消のための5つの方法

その1:運動をする

その2:寝る前の刺激を極力控える

その3:日向ぼっこ

その4:雑念を紙に書き出す

その5:寝具・パジャマを整える

いい睡眠をとるために

睡眠不足というのは、眠れないと疲れるので、厄介なものです。

僕も眠れないことが多かったので、色々なことを試してきました。

参考になるところが1つでもあれば幸いです。

~★~★~★~

関連記事↓

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、スピリチュアルに特化した情報を、幅広く、そして分かりやすく、遊園地で遊んでいるようなイメージで楽しんでもらえると幸いです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました