睡眠時間が長くなる3つの理由、2つのメリット、4つの対処法。

睡眠

「睡眠時間が長い理由を知りたい」

「睡眠時間が長いことによるメリットって、なんだろう?」

「睡眠時間が長いことへの対処法を知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、どちらかというと、ロングスリーパーです。

その実体験と、ネットの資料を確認しつつ、客観性がある意見を展開したいと思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

睡眠時間が長くなる3つの理由

睡眠時間が長くなる理由として、以下の3つを挙げておきます。

  • その1:疲れている
  • その2:もともとロングスリーパー
  • その3:うつ

順番に見ていきましょう。

その1:疲れている

睡眠時間が長くなる理由その1は、疲れている、になります。

なぜなら、疲れているということは、休息が必要だからです。

睡眠は、人が休息する上で、なくてはならないものです。

その睡眠によって、疲労を回復することは、必然と言ってもいいのではないでしょうか。

人は、睡眠時間を長くすることによって、大幅に心身を回復させていると言えます。

その2:もともとロングスリーパー

睡眠時間が長くなる理由その2は、もともとロングスリーパー、になります。

ショートスリーパーとか、聞いたことはありませんか。

芸能人の中にも、そのような人はいますね。

そのロングバージョンです。

これは生まれ持った体質みたいなもので、もともと睡眠を長く取る必要がある人たちのことです。

体質だったら、心配する必要はありませんね。

単純に、長い睡眠時間を取ればいいだけだからです。

睡眠時間が長くなる理由として、もともとロングスリーパーがあり、それは体質だ、ということを覚えておきましょう。

参考:ロングスリーパーの特徴は?|Narue

その3:うつ

睡眠時間が長くなる理由その3は、うつ、になります。

うつの人の中には、そのような人もいるようですね。

僕も、おそらくうつ状態になったことはあるのですが、ずっと寝ていた感じ、だったと思います。

睡眠時間が長くなる理由として、うつもあることを、頭の片隅に置いておきましょう。

参考:過眠を引き起こす原因とは|神楽坂こころのクリニック

睡眠時間が長いことの2つのメリット

睡眠時間が長いことのメリットとして、以下の2つが挙げられます。

  • その1:無理しなくて済む
  • その2:意外と疲れが取れている可能性

順番に説明していきます。

その1:無理しなくて済む

睡眠時間が長いことのメリットその1は、無理しなくて済む、になります。

なぜなら、睡眠を取っている時間は、基本休息時間だからです。

睡眠時間を削ろうとする人もいるとは思いますが、長時間眠り、体の健康が保たれているなら、やめておいた方がいいのではないか、と思います。

睡眠時間を長く取ることによって、無理しなくて済みます。

その2:意外と疲れが取れている可能性

睡眠時間が長いことのメリットその2は、意外と疲れが取れている可能性、になります。

これは、うつの場合以外だと、そうかもしれませんね。

例えば、疲れているなら、眠ることは大切ですし、ロングスリーパーなら眠っていた方がいいと思います。

うつとかの場合だと、眠っても、日中眠いかもしれないので、疲れが取れているとは限りませんが……。

睡眠時間が長いことの3つの対処法

睡眠時間が長いことの対処法として、以下の3つを取り上げます。

  • その1:疲れている原因を取り除く・または緩和
  • その2:超早寝
  • その3:昼寝
  • その4:医者に診てもらう

順番に見ていきましょう。

その1:疲れている原因を取り除く・または緩和

睡眠時間が長いことの対処法その1は、疲れている原因を取り除く・または緩和、になります。

例えば、仕事の作業がきついのであれば、効率化するツール、誰かに頼む、環境を変えるなどがあると思います。

それから、働き方を変える、ストレス法の考案、体を鍛える、もあるでしょう。

ぜひ、参考にしてもらえれば、幸いです。

その2:超早寝

睡眠時間が長いことの対処法その2は、超早寝、になります。

なぜなら、起床するのが遅くなることで困っている人は多い、と推測するからです。

例えば、仕事を終えたら、真っ先に寝る態勢を整え(リラックスし)、真っ先に寝ることが挙げられます。

とはいっても、早く寝ずに夜更かししたいという人も、いるかもしれません。

そのような人は、無理する必要はない、と思います。

僕は、早くても、10時くらいにベッドに寝るようにしています。

できるだけ早く寝ようとすることによって、早起きし、熟睡できている感覚があります。

その3:昼寝

睡眠時間が長いことの対処法その3は、昼寝、になります。

なぜなら、日中の疲れを緩和したいからです。

最近では、昼寝を仕事や学業に取り入れているところもあると聞きます。

それだけ、疲れを取って、効率よく動ける何かがあるのでしょうね。

机に伏したり、20分くらいの短い昼寝は、効果的だと思います。

まあ、その辺りは、僕もすごく詳しいわけではないので、参考程度にしてもらえれば、と思います。

その4:医者に診てもらう

睡眠時間が長いことの対処法その4は、医者に診てもらう、になります。

これは、最終手段です。

最近では、オンライン診療もあるみたいですね。

こうした最近のテクノロジーも活用しつつ、医者に診てもらうことによって、しっかり対処していきましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:眠たかったら、眠るのもよし。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

睡眠時間が長くなる3つの理由

その1:疲れている

その2:もともとロングスリーパー

その3:うつ

睡眠時間が長いことの2つのメリット

その1:無理しなくて済む

その2:意外と疲れが取れている可能性

睡眠時間が長いことの3つの対処法

その1:疲れている原因を取り除く・または緩和

その2:超早寝

その3:昼寝

その:医者に診てもらう

眠たかったら、眠るのもよし。

睡眠時間が長いのは長いので、いいと思います。

睡眠時間を削るという人も多いかもしれませんが、よっぽどのことがない限り、別の対策を実施した方がいいと思います。

この記事で、何かしら参考になる情報があれば、幸いです。

~★~★~★~

関連記事は、こちら↓

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました