素直になる5つの方法を、シンプルかつ具体的に解説。

考え方

「素直になりたい」

このようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、素直です。

日頃から素直でいる上で、こうしたら素直になれるのでは、ということを具体的に解説します。

この記事を見ている人たちは、おそらく頑固かもしれませんが、参考程度に聴いてもらえたら幸いです。

一生懸命、話します。

それでは、始めていきましょう。

素直になる5つの方法

素直になる方法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. スモールステップ
  2. 後悔する
  3. まず、自分を大切にする。
  4. 考えている暇があるなら、行動する。
  5. 「まあ、いいか」と言う。

順番に、解説していきますね。

その1:スモールステップ

素直になる方法その1は、スモールステップです。

なぜなら、失敗を怖れているからです。

例えば、素直になることによって、リスクがあると思っていませんか。

リスクがあるなら、スモールステップで徐々に素直になればいいかもしれませんね。

いきなり挑戦するから、失敗することもある、と思います。

ほんとうに、小さな行動でいい、と思います。

その小さな行動を繰り返している内に、大きな挑戦を果たしたことになるのではないでしょうか。

少しずつ、素直になってみましょう。焦らず。

その2:後悔する

素直になる方法その2は、後悔する、ということです。

なぜなら、素直になった方がよかった、と学べるからです。

例えば、親に感謝の言葉を言えず、親が去ったら、罪悪感を感じることもあるかもしれません。

後悔することによって、今度同じ状況になったら、素直になりやすくなるのではないでしょうか。

後悔を強制するわけではありませんが、後悔するくらいなら、素直になった方がいいかもしれません。

人間関係は、多少のリスクを負って、成長していくものだと思います。

その3:まず、自分を大切する。

素直になる方法その3は、まず、自分を大切にする、ということです。

なぜなら、緊張を緩めることによって、感覚的になりやすいからです。

これは、個人的な意見なので、参考程度に。

自分を大切にしないと、おそらく、ガチガチになりやすいと思います。

ガチガチな状態で、素直な言葉が出やすいかというと、おそらく出ないのではないでしょうか。

自分を大切にすることによって、気持ちが緩んで、素直になりやすい、と僕は思います。

自分を大切にすることは、心の声を聴くことだと思いますので、おそらく合っているかな、と思います。

参考程度にしてもらえたら、幸いです。

その4:考えている暇があるなら、行動する。

素直になる方法その4は、考えている暇があるなら、行動する、ということです。

なぜなら、考えていても、何らかの行動を起こさないと状況は変わらないからです。

行動は、スモールステップでもいい、と思います。

考えるのは楽しいですが、気休めにしかならない可能性が高いです。

「地球は、行動の星」と納税王の斎藤一人さんも言っていますから、行動することによって、リターンを得ましょう。

考えずに行動することは怖いかもしれませんが、自分の心に耳を澄ましてみてください。

そしたらきっと、失敗しても、後悔はしないと思います。

その5:「まあ、いいか」と言う。

素直になる方法その5は、「まあ、いいか」と言うことです。

なぜなら、素直になれない気持ちを緩められるからです。

例えば、素直になれないことで、無力感があるのではないでしょうか。

無力感がある状態で、素直になるのは、むずかしいかもしれません。

だから、「まあ、いいか」と気持ちを緩めた上で挑戦することにより、「自分はダメだ」と思わずに素直になりやすいと思います。

「まあ、いいか」と気持ちを緩めて、行動する勇気を感じてみましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:今よりも、楽に生きるために。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

素直になる5つの方法

その1:スモールステップ

その2:後悔する

その3:まず、自分を大切する。

その4:考えている暇があるなら、行動する。

その5:「まあ、いいか」と言う。

雑念なく、自分の本心を、まっすぐに。

素直になる、というのは、意外にむずかしいのかもしれませんね。

書きながら、思いました(今さらかよ)。

参考にしてもらえたら、幸いです。

こちらの記事は、ほぼ素直になるための方法を述べています。参考になるかと思いますので、よかったらご覧ください。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました