疲れた時の10個の対処法(からだに効く編)

休息

「体が、疲れた!」

「個人的で、具体的な解決方法はないの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、仕事で疲れる時が、多々あります。

したがって、体が疲れた人に、寄り添う記事が書けるかもしれません。

この記事を読むことによって、体の疲れがスッキリし、意外と参考になったと思うかもしれません。

「かもしれません」が多いですが、信頼できるサイトをリサーチしつつ、ロジカルに話を展開できればと思います。

それでは、始めていきましょう。

疲れた時の10個の対処法(からだに効く編)

その1:天然水を飲む

疲れた時の対処法その1は、天然水を飲む、ということです。

なぜなら、天然水を飲むと、ストレスが緩和されるからです(参考:うるのん「水を飲むと健康にいいのは本当?健康効果がある水の種類と正しい飲み方」)。

例えば、熱くなった体に水を流し込めば、リラックスするのではないでしょうか。

ペットボトルを買ってもいいし、ウォーターサーバーを検討してもいいかもしれませんね。

自分に合った水を選ぶことによって、疲れた時のお守りになるかもしれません。

その2:自分、あるいは人と雑談する。

疲れた時の対処法その2は、自分や人と雑談する、ということです。

なぜなら、自分の頭を整理できるからです。

例えば、家族と話をすることによって、心が穏やかになったことはありませんか。

あるいは、ペットや親友といった人でも、リラックスすることはないでしょうか。

今だったら、ズームも活用できますし、自分と筆記で雑談するということもあるでしょう(一人で問答を繰り返すような)。

人と交わる中で、一体感を得つつ、悩みから解放されるということもあるでしょうね。

その3:日光浴

疲れた時の対処法その3は、日光浴です。

なぜなら、体が温まって、ほぐれるからです(参考:鶴見クリニック「鶴見医師に聞く「日光浴の効果」について」)。

例えば、家でずっといるより、外に出て散歩した方が気持ちいいですよね。

ちなみに僕は、仕事以外で外に出ることは少ないですが、毎日午前中辺りに日光を浴びておきます。

その方が、やはり、調子がよくなっていると思うんですよ。

家の中の日当たりのいい場所でもいいと思うし、庭に出たり、公園でもいいかもしれませんね。

日光浴は、30分くらいを目安に、ある程度しておいた方がいいかもしれませんね(僕はできる範囲でやっています)。

その4:シャワーを浴びて、寝転ぶ。

疲れた時の対処法その4は、シャワーを浴びて寝転ぶ、ということです。

なぜなら、体が、ほぐれるからです。

おそらく、シャワーを浴びて寝転ぶといった行為は、疲れている時には最高ではないでしょうか。

寝転んで音楽を聴いたり、疲れているなら、そのまま寝てもいいかもしれませんね。

よかったら、お試しくださいね。

その5:ちょっと贅沢なお菓子を食べる

疲れた時の対処法その5は、ちょっと贅沢なお菓子を食べる、ということです。

なぜなら、甘いお菓子は、鎮痛薬のような効果もあると思うからです。

例えば、ストレスでいっぱいの時に、甘いお菓子を食べると気持ちが和らぐのではないでしょうか。

飴でもいいかもしれないし、和菓子やケーキといったものなら、最高かもしれないですね。

ただし、食べ過ぎには、注意したいところです。

1日の中のご褒美的な位置で、少し食べるといいかもしれませんね。

糖質制限はメンタルに良いのか? 悪いのか?【精神科医・樺沢紫苑】
少し参考:精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「糖質制限メンタルに効くの!?」(糖に関係することなので、一応参考)

その6:仕事が終わってオフになったら、何も考えずに寝ることしか考えない。

疲れた時の対処法その6は、仕事が終わったら何も考えずに寝る、ということです。

なぜなら、睡眠は、とても体を回復させるからです(参考:グリコ「睡眠の重要性とカラダへ及ぼす効果」)。

例えば、寝て目が覚めたら、昨日の悩みが薄れたということはありませんか。

あるいは、質の高い睡眠で、ものすごくスッキリしたということはありませんか。

寝る前に、紙に書いて頭を整理、人に相談するのもいいですね。

自分の状況に応じた対処法を考え、不安が強くないまま眠ると、明日の朝はとてもスッキリ目覚められるかもしれませんよ。

その7:自分の好きなアルバムを聞き流し

疲れた時の対処法その7は、自分の好きなアルバムを聞き流しする、ということです。

なぜなら、体が疲れて、動かしたくないからです。

ストリーミングで、スマホをいちいち見る必要がなく、目を休ませられるかもしれません。

あるいは、自分に合った曲を聴くことによってリラックスし、疲れが取れると思いますよ。

疲れた時の目を酷使しない音楽は、最高です。

その8:お香やアロマ

疲れた時の対処法その8は、お香やアロマを使用する、ということです。

なぜなら、いい匂いが部屋に充満していれば、落ち着くからです。

例えば、花の匂いを嗅ぐと落ち着き、幸せな気持ちになりますよね。

匂いにこだわって、資格を取り、職にすることも可能だと思いますよ。

現代社会は、疲れている人が多いですから、需要もある程度あることと推測します。

お香やアロマを駆使し、快適な空間、または気持ちのリセットを行いましょう。

その9:明るい情報を蓄えておく

疲れた時の対処法その9は、明るい情報を蓄えておく、ということです。

なぜなら、疲れた時に、気持ちがほぐれるからです。

自分にとっていい情報をコレクションしておくと、後で助かる部分はあると思いますよ。

例えば、YouTubeへのいくつかのチャンネル登録、良書を繰り返し読む、気に入ったテレビ番組を定期的に録画するのもいいかもしれませんね。

逆に、暗い情報を最小限に抑え、明るい情報を増やしていくといいと思います。

明るい心から、少し暗い情報を見るくらいなら、大したことはありません。

しかし、暗い情報を見てさらに暗い情報を見ると、体調を崩しやすいのではないでしょうか。

明るい情報は、あなたの世界観となっていくことも考えられますので、取得しておいた方が幸せだと僕は思います。

その10:スマホをやめて、読書。

疲れた時の対処法その10は、スマホをやめて読書する、ということです。

なぜなら、スマホは、脳を酷使してしまうからです。

スマホを触るということは、情報に触れるということですよね。

それならば、読書して知識を得ていた方が、得だと思いますよ。

紙の本なら目は疲れないし、オーディオブックなら、聞き流しできます。

スマホをやめるためには、電源をいちいち切る・誰かに預かってもらう・金庫に入れておくという方法もありますので、ぜひお試しください。

スマホの代替案としては、紙の本等おすすめなので、こちらもご参考ください。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:疲れが、少し、和らぐかも。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

疲れた時の10個の対処法(からだに効く編)

その1:天然水を飲む

その2:自分、あるいは人と雑談する。

その3:日光浴

その4:シャワーを浴びて、寝転ぶ。

その5:ちょっと贅沢なお菓子を食べる

その6:仕事が終わってオフになったら、何も考えずに寝ることしか考えない。

その7:自分の好きなアルバムを聞き流し

その8:お香やアロマ

その9:明るい情報を蓄えておく

その10:スマホをやめて、読書。

体に、効く?

「スピランド」では、休息記事をある程度挙げてきましたが、今回は体に効く編です。

「少し、違うのでは?」と思う人もいたかもしれませんが、僕なりの意見を、最大限に伝えさせていただきました。

少しでも、いいと思った人は、ぜひお試しください。

情報で満足するのと、実際にやった満足は違いますので。

あなたの休息に、少しでもお役に立てれば、幸いです。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました