【改革】つまらない日常を鮮やかにする3つの考え方&5つの方法

休息

「日常が、つまらない……」

「どうしたら、もっと楽しく生きられるのだろう?」

これらのようなことを考えている方たちに、おすすめの記事となっています。

僕は、家で居ることが多いです。

刺激が少ないので、日々、楽しく生きられる工夫をしています。

この記事では、参考文献を確認しつつ、つまらない日常を鮮やかにする方法について、自分なりの意見を書いていきます。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

つまらない日常を変える3つの考え方

つまらない日常を変える方法として、以下の3つを挙げておきます。

  1. 変化こそ、安定。
  2. 受動的ではなく、能動的に生きる。
  3. 根本的な部分を、改革する。

順番に、解説していきますね。

その1:変化こそ、安定。

つまらない日常を変える考え方その1は、変化こそ、安定、ということです。

変化することによって、日常に新鮮さが生まれます。

変化がないと、毎日同じで、つまらないですよね。

少しの変化を加えることが、日常に新風をもたらします。

その2:受動的ではなく、能動的に生きる。

つまらない日常を変える考え方その2は、受動的ではなく、能動的に生きる、ということです。

受動的に生きることは、何も考えずに過ごす、ということです。

一生懸命生きていない、ということですね。

つまり、能動的に生きるとは、一生懸命生きることです。

能動的に生きるために、基本的なことは、アレンジすることだと思います。

つまり、生きていく中で、試行錯誤することです。

人から幸せをもらい続けるのではなく、自分の手で幸せを獲得しようとする幸せを感じるといいですよ、ということです。

その3:根本的な部分を、改革する。

つまらない日常を変える考え方その3は、根本的な部分を、改革する、ということです。

表面的なところを色々と変えても、根本的なところは変えていない場合もある、と思います。

つまり、ある土地に家を建てた。

そこでやりたいことは、すべてやり尽くした(これができているかどうかの確認も大切です)。

そしたら、引っ越しをすることによって、新たな風が吹きますよね。

このように、大きな改革をやった方がいいこともある、と思います。

もちろん、負担にならない程度に、改革しましょう。

つまらない日常を変える5つの方法

つまらない日常を変える方法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 毎日、違うルーティンを組み込む。
  2. 新しいソフトにチャレンジする
  3. デバイスを、買い替える。
  4. マニアになって、情報発信。
  5. 楽しみを制限して、感謝して生きる。

順番に、解説していきますね。

その1:毎日、違うルーティンを組み込む。

つまらない日常を変える方法その1は、毎日、違うルーティンを組み込む、ということです。

毎日、新鮮に生きる、ということですね。

毎日同じルーティンだと、生きている感覚が薄れる、と思うんですよね。

だから、いつもより30分早起きするとか、いつもは食べないお菓子とかを食べたり、いつもは聴かない音楽を聴いたりするといいと思います。

あくまで、例ですよ。

少しのアレンジでよいです。

少し、日常に変化を加えるだけで、生きているような気がしてくる、と思います。

その2:新しいソフトにチャレンジする

つまらない日常を変える方法その2は、新しいソフトにチャレンジする、ということです。

ソフトとは、精神的豊かさです。

例えば、動画配信サービスを、パラビからFODに変えるとかでもいいと思います。

あるいは、読書しているなら、いつもと少し違うジャンルに挑戦してみるとか。

エンタメも、だらだら見るのではなく、少年のようにワクワクして探求してみると、面白いかもしれません。

現状に満足して停滞しているなら、もっとという意志が大切なのかもしれませんね。

ソフトを調整することによって、あなたが生きていることは、多少周囲の人に影響を与えます。

自分が楽しい気分になることによって、身近な人物たちが躍動し、さらに奥の人間関係に影響を与えます。

世界はつながっているのですから、あたりまえといえば、あたりまえかもしれません。

あなたがインプットする内容は、確実に世界に影響を与えます。

だから、あなたが楽しく生きる意味はある、と僕は思っています。

ぜひ、楽しいインプットをして、みんなと世界に貢献しましょう。

その3:デバイスを、買い替える。

つまらない日常を変える方法その3は、デバイスを買い替える、ということです。

デバイスとは、物質的豊かさ、としておきます。

物は値段が高いですが、替えると雰囲気が変わることもある、と思います。

例えば、テレビを買い替えると、新鮮味が増しますよね。

あとは、キンドルの端末を買うでも、結構改革になります。

インテリアを替えるのも、日常に変化をもたらします。

デバイスを買い替えて、日常の根本を改革してみてはいかがですか。

もちろん、お金に余裕があるなら、でいいと思いますよ。

その4:マニアになって、情報発信。

つまらない日常を変える方法その4は、マニアになって、情報発信する、ということです。

情報発信すると、仲間が生まれる、と思います。

仲間と出会うために、マニアになって、情報発信しましょう。

マニアになるためには、自分の好きなことを、ある程度把握しておくといいかもしれません。

なんとなく把握していると、手探りで物を得るスピードが上がります。

例えば、「精神世界に興味あるんだよなあ」となったら、心理学・哲学・人生論・スピリチュアル・オカルトとか、マニアになるジャンルを、ある程度絞り込めますよね。

絞り込んだら、行動していきます。

行動すると、さらに好きなものが絞り込める、と思います。

そして、本を何冊か読んでしっかり理解したら、情報発信しましょう。

ツイッターやYouTube等のSNSもいいかもしれませんね。

noteというサービスを利用するのもいいかもしれません。

もちろん、仲間と交流することを目的とするなら、ネットを通していくらでも可能です。

自分のために楽しく生きたら、仲間と楽しむための行動を起こしましょう。

その5:楽しみを制限して、感謝して生きる。

つまらない日常を変える方法その5は、楽しみを制限して、感謝して生きる、ということです。

楽しみを制限することによって、感謝が生まれやすくなる、と僕は考えています。

なぜなら、制限されているからこそ、ありがたいと思うからです。

例えば、お金持ちから、貧乏人になったとしますよね。

お金持ちだった日々を思い出すとともに(ここはいらないか)、お金のありがたみを強く理解するのです。

日頃のある程度幸せな状態で、楽しみを制限し、感謝して生きます。

そうすることによって、いざという時にも動じることが少ない、と思います。

感謝して生きているので、幸福な気持ちにもなる、と思いますよ。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:つまらない日常を面白くする芸人になろう!

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

つまらない日常を変える3つの考え方

その1:変化こそ、安定。

その2:受動的ではなく、能動的に生きる。

その3:根本的な部分を、改革する。

つまらない日常を変える5つの方法

その1:毎日、違うルーティンを組み込む。

その2:新しいソフトにチャレンジする

その3:デバイスを、買い替える。

その4:マニアになって、情報発信。

その5:楽しみを制限して、感謝して生きる。

ボケたから、ツッコもう。

つまらない日常は、ある意味、お笑いで言うボケです。

ボケなら、浜田さんのようなツッコミが、必要ですよね。

そう思うと、つまらない日常も楽しくなります。

一番問題なのは、つまらない日常は確定だ、と思うことかもしれません。

希望を持ちましょう。

未来は明るいと思うことによって、明るい行動も増えてくる、と僕は思います。

※「日常がつまらない」という方は、人に相談することも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能な占い師やカウンセラーを探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください。

無料登録

おすすめです。

★参考★

ダイヤモンドonline「ひろゆきが「毎日がつまらない」と感じる人に好奇心を取り戻させる方法・ベスト1

樺沢紫苑著「3つの幸福」飛鳥新社、2021年

斎藤一人著「明るい未来の作り方」、ぴあ株式会社、2021年


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました