【焦りが募る】緩和する5つの方法をやさしく解説

考え方

「焦りが募って、しんどい」

「早く焦りを緩和したい」

これらのようなことを考えている方たちに、おすすめの記事となっています。

僕は、焦ることが、よくありました。

休学中の時も焦っていましたし、仕事をしている時も焦ることがありました。

しかし、現在では焦っても、冷静に対処することが多くなっている、と思います。

この記事では、参考文献も確認しつつ、焦りへの5つのアプローチを考えてみます。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

焦りが募ることへの5つの対処法

焦りが募っている時って、しんどいですよね。

今回挙げる対処法で、少しでも楽になってもらえると、幸いです。

その1:悩むのではなく、解決する。

焦りが募ることへの対処法その1は、悩むのではなく、解決する、ということです。

悩む、ということは、その場であたふたすることだと、僕は思っています。

例えば、隕石が落ちてくるとしますよね。

悩む人は、あたふたする人類です。

しかし、解決しようとする人は、大抵ヒーローです。

結果、ヒーローによって、隕石が破壊される等で、楽になります。

問題が起こった時に、冷静に「じゃあ、どうしよう?」と思えるかどうかだと思います。

焦ってあたふたするのではなく、冷静に解決への道をたどりましょう。

その2:様々な意見を参考にする

焦りが募ることへの対処法その2は、様々な意見を参考にする、ということです。

人は焦った時、解決する道は1つしかない、と思うこともあります。

しかし、問題の答えは、複数の要因で構成されている、と思います。

例えば、ラーメン店に人が来ないとしますよね。

この時、普通は、集客に注意が向くのではないでしょうか。

しかし、店長の笑顔、清潔な空間、ラーメンの味等に問題がある場合もあります。

この場合、広い視野で、様々な解決法を一生懸命考えてみることです。

精神論っぽいですが、悩みがある時に、一生懸命知恵を絞る人は少ない、と思います。

身近な人のアドバイスを受け取ったり、お客さんに話を聴いたり、専門家から話を聴いたりしてもいいでしょう。

そのようなことが、困難な状況の突破口につながる、と思います。

その3:適度に休息

焦りが募ることへの対処法その3は、適度に休息することです。

焦っている時は、大体無理をしている時です。

安静にするのもいいですし、ポジティブな情報をたくさん受け取るのもいいでしょう。

仕事で思うように成果が出なかったら、休むことが、成功への近道です。

無理をしても、あまりいいことはない、と思います。

日本人は、真面目な人が多いので、焦ることはよくある、と思います。

僕も、真面目なので、焦る気持ちはよく分かります。

けれども、焦らないで気楽に生きている方が、カッコいいよな、と思う経験もありました。

だから、僕は、焦るような状況でも楽しんで、冷静に自分をコントロールしよう、と思っています。

話は少し逸れましたが、のんびり構える人は、カッコいいということです。

その4:のめり込まず、観客として、自分を見る。

焦りが募ることへの対処法その4は、のめり込まず、観客として、自分を見る、ということです。

つまり、客観視ですね。

悲劇のヒロインとかだと、自分の演技にのめり込んでいますよね。

しかし、観客だと、映画館でポップコーンを食べていることもあります。

このようなイメージを感覚的につかむだけでも、客観視しやすいのではないか、と思います。

客観視の具体例は、こちらを参考にしてみてください↓

自分の状況を、述べること。

例えば、「自分は今寿司を食べている」と言うことは、客観視だと思います。

問題が起きても、遠くから見れば大したことはない可能性もありますので、冷静に客観視しましょう。

その5:日向ぼっこ

焦りが募ることへの対処法その5は、日向ぼっこをすることです。

日向ぼっこは、焦りへの対処法として、科学的根拠は薄い、と思います。

しかし、うつには、有効のようです。

ストレスを軽減したり、気分が明るくなったりすることから、焦りへも多少効果がある、と

考えられます。

僕も、焦った時に日向ぼっこをすると、急に元気になることもよくあります。

日向ぼっこをしたところで、日焼けするくらいで副作用はない、と思います。

副作用があったら、外出できないですよね。

ということで、焦った時は、日向ぼっこを試してみるといいかもしれませんよ。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:大丈夫。なんとかなる。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

焦りが募ることへの5つの対処法

その1:悩むのではなく、解決する。

その2:様々な意見を参考にする

その3:適度に休息

その4:のめり込まず、観客として、自分を見る。

その5:日向ぼっこ

なんとかなる

焦った時は、早く問題が解決してほしいと思うかもしれません。

しかし、時間が解決してくれることは、よくあります。

「大丈夫、なんとかなる」と思って、明るい方向へ行きましょう。

そのことが、焦りを緩和することもある、と思います。

あなただけではありません。

無理せず、歩いていきましょう。

※「焦りが募ってしんどい」という方は、話を聴いてもらうのもいい、と思います。

ココナラなら、安価で比較検討可能な占い師やカウンセラーを探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください。

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

おすすめです。

★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「「焦ります」の対処法

ウィメンズヘルス「不安と焦りが募る時の、心との付き合い方

チアー「日光浴でストレスが消える!? 日向ぼっこ効果で仕事効率アップ


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました