占いに依存しているかどうか分かる方法と7つの占いとの付き合い方

占い

「占いに依存しているか分かる簡単な方法って、ないのかな?」

「占いに依存しない付き合い方って、あるのかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、依存しやすい側面もある、と思います。

なぜなら、何かに頼らざるを得ない弱さも抱えているからです(例:リアルでの活動が苦手など)。

この記事を読むと、占いとちょうどいい距離感で接することができる可能性があり、いくつもの選択肢を参考にできます。

あなたのお力に少しでもなれたら、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

占いに依存しているかどうか分かる方法

占いに依存する人って、おそらく、結構いますよね。

周囲に占い好きな人がたくさんいる時点で、依存になる人も多いと推測できます。

結論を言いますと、依存しているか分かっていないと、ほんとうに依存するのではないでしょうか。

なぜなら、占いと付き合うためには、自分の依存度を客観視する必要があるからです。

そうでなければ、占いとは付き合いにくいのではないでしょうか。

占いは、客観視できなければ、歯止めが効かないと思います。

なぜなら、コントロールする自分がいないからです。

占いは、まず、客観視で予防できるでしょうね。

しかし、分かっていてもやめられない過度な状態となると、なかなか改善は難しいかもしれません。

その場合は早めに紹介しておきますが、専門家等に頼ることをおすすめします。

続いて、依存を予防することなどに触れた占いとの付き合い方について、解説します。

占いに依存しないための7つの付き合い方

占いに依存しないための7つの付き合い方について紹介します。

  • その1:自分の気持ちを日頃から書いておく
  • その2:自分一人でできることは、自分でする。
  • その3:占いは、日頃から参考程度に。
  • その4:占いに関するツールは削除する
  • その5:いざとなったら、止めてくれるような人との信頼関係。
  • その6:依存症に関する本を読む
  • その7:専門家に診てもらう

順番に、解説していきますね。

その1:自分の気持ちを日頃から書いておく

占いとの付き合い方その1は、自分の気持ちを日頃から書いておく、ということです。

なぜなら、日頃から自分の気持ちを、客観視できるからです。

例えば、書いたものをもう一度見返せば、自分の気持ちを客観視できるのではないでしょうか。

日記でもいいし、ブログでもいいし、SNSや投稿サイトでもいいと思います。

自分の気持ちに日頃から気づくための練習を行いましょう。

その2:自分一人でできることは、自分でする。

占いとの付き合い方その2は、自分一人でできることは自分でする、ということです。

なぜなら、他人に全部決めてもらわなくて済むからです。

例えば、日常の全てを他人に決めてもらっていたならば、自分で選択するという幸福を味わえないですよね。

つまり、自由じゃない、ということです。

些細なことでも構いません。

自分でできることは自分で選択し、自分の力でエネルギッシュに生きてみませんか。

家事でもいいですし、日頃の決断でもいいです。

できることから、始めていきましょう。

その3:占いは、日頃から参考程度に。

占いとの付き合い方その3は、占いは参考程度に、ということです。

なぜなら、占いは依存しやすいと思うので、日頃から参考程度にする心構えをしておく必要があるからです。

例えば、参考程度にしていないと、全部を占いで決めてもらいますよね。

そうなると、占いとは依存する付き合いになってしまいます。

占いは参考程度に、という心構えだけで、それなりにちょうどいい距離感を取れると思いますよ。

その4:占いに関するツールは削除する

占いとの付き合い方その4は、占いに関するツールは削除する、ということです。

なぜなら、依存は、やるかやらないか問題でもあるからです。

例えば、占いの量を減らすということは、ほとんど意志の問題ではないでしょうか。

できない人は、結構、多いかもしれませんね。

依存したくないのであれば、その気持ちを尊重し、占いに関するツールはすべて削除するのもいいかもしれません。

あるいは、超スモールステップで依存度を減らすということもあるかもしれませんが、症状が小さくて意志の問題もあると思います。

参考程度にしてもらえれば、幸いです。

その5:いざとなったら、止めてくれるような人との信頼関係。

占いとの付き合い方その5は、いざとなったら止めてくれるような人と信頼関係を築く、ということです。

なぜなら、自分で止められないなら、止めてくれる人と信頼関係を築けばいいからです。

しかし、これは難しいといえば、難しいかもしれません。

なぜなら、真の人間関係を築いている人は、少数派だと思うからです。

ほとんどの人は、ギブ&テイクか、もらうだけのテイカーではないでしょうか。

真の人間関係は、お互いに高め合いつつ、ある意味冷めた関係とも言えるかもしれません。

ただ、僕の意見なので、参考程度にしてくださいね。

詳細は、こちらの記事を参照してくださると嬉しいです。

その6:依存症に関する本を読む

占いとの付き合い方その6は、依存症に関する本を読む、ということです。

なぜなら、ネットの情報より、質の高い知識を扱っているからです。

手軽に、在宅で、実践することもできますよね。

実践しないと、成果には繋がりませんので、実践することを強くおすすめします。

やれないことは、無理してやらなくても構いません。

しかし、できることが1つでもあるなら、それをとても大切にしてください。

今だったら、Amazonで、匿名で購入することも可能です。

ぜひ、ご参考ください。

その7:専門家に診てもらう

占いとの付き合い方その7は、専門家に診てもらう、ということです。

なぜなら、依存の問題は、おそらく難しいからです。

僕の意見だけでは、納得いく答えを得られていない場合もあるでしょう。

その場合は、カウンセラーの方に相談したり、専門の医療機関を参考にしたりしてみてください。

専門家に診てもらうことは勇気が要りますが、僕なんかカウンセリングに山ほど通っていました(笑)。

人に頼ることは、強さとも呼べますから、恐れる必要はないと思いますよ。


それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:専門家に頼ることも、大切なことです。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

占いに依存しているかどうか分かる方法

→依存しているか分からないまま、占いを利用している人は、依存している可能性が高いかも。

占いに依存しないための7つの付き合い方

その1:自分の気持ちを日頃から書いておく

その2:自分一人でできることは、自分でする。

その3:占いは、日頃から参考程度に。

その4:占いに関するツールは削除する

その5:いざとなったら、止めてくれるような人との信頼関係。

その6:依存症に関する本を読む

その7:専門家に診てもらう

占いと上手に付き合おう

占いと依存の関係は、よくあることだと思います。

一番最適な占いとの付き合い方は、参考程度にすることでしょうね。

しかし、これは、予防程度かもしれません。

自分の人生を決めるのは、他人ではなく、いつもあなたです。

自分を真に幸せにすることができるのも、あなたであることを忘れないようにしましょう。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました