【特化記事】余裕を持つ8つの方法

生き方

「時間がなくて、忙しい!」

「余裕を持つ方法を、手早く知りたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、余裕がなくて焦ることも、多くありました。

自己啓発本を、100冊以上読んで、実践してきました。

そのような経験から、参考になる情報がありますと、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

余裕を持つ8つの方法

その1:瞑想

余裕を持つ方法その1は、瞑想です。

なぜなら、余裕時間を確保できるからです。

つまりは、ボーッとするような時間を、日常に取り入れるということですね。

今を生きることが可能になるので、臨機応変に対応しやすくなると思います。

瞑想をすることによって、体調を崩しやすい人は、無理にしなくてもいいですからね。

瞑想もいいかもしれませんが、ボーッとする時間を、取り入れることが大事ということです。

その時間が、動く時間帯への投資になってくれることでしょう。

その2:自然の中に行く

余裕を持つ方法その2は、自然の中に行く、ということです。

なぜなら、自然の中は、リラックスできるからです。

身近に自然がないという方は、空を見上げるでも、効果があるでしょう。

または、風を感じる、雨の音を聴くでもいいでしょう。

自然の中へは、誰でも、気軽に行くことができます。

その3:やるべきことは、さっさと終わらす。

余裕を持つ方法その3は、やるべきことはさっさと終わらす、ということです。

なぜなら、1日の終わりに余裕を持てるからです。

例えば、集中力が高い仕事は、午前中にやった方が、余裕を持てるのではないでしょうか。

午後に集中力が高い仕事をやっても、その時点で、疲れている可能性もありますよね。

やるべきことはさっさと終わらせて、余裕を持った1日の終わりにしましょう。

その4:1人の時間を確保

余裕を持つ方法その4は、1人の時間を確保することです。

なぜなら、気持ちをリセットできるからです。

例えば、1人の時間を確保せずに、多くの人と付き合っていると、自分をおろそかにすることも、あるのではないでしょうか。

1人の時間に関しては、この記事に詳細を書きましたので、よかったらご覧ください↓

1人の時間は、あなたの心に余裕をもたらします。

その5:自分のトリセツを作る

余裕を持つ方法その5は、自分のトリセツを作る、ということです。

なぜなら、自分を知れば、相手に対処しやすいからです。

例えば、自分を知らずに、相手に対処しようとしても、相手に、振り回されてしまいますよね。

僕の場合は、しっかりした説明をされないと困るので、相手にしっかり説明してもらいます。

あとは、外出する際には、同伴者を用意することもあります。

そのことに関しては、後の見出しで、少し詳しく書きますね。

自分のトリセツを作っておくことによって、相手に、余裕を持って対処できます。

その6:余裕がなくても、いい状況を作る。

余裕を持つ方法その6は、余裕がなくてもいい状況を作る、ということです。

つまり、相手に許容してもらう、ということですね。

相手に、自分のことをある程度、理解してもらうのもいいですね。

カウンセリングを受けるのも、いいかもしれません。

あとは、環境を自然豊かなところにするとか、人目に付かないところにするという方法もありそうです。

取り乱しても、平気に生きることができます。

余裕がなくてもいい相手、環境等を設定することによって、ストレスの軽減にもなりますね。

その7:同伴者を用意する

余裕を持つ方法その7は、同伴者を用意する、ということです。

なぜなら、いざという時に、サポートしてもらえるからです。

ここで疑問に思うのが、それは甘えではないか、ということですね。

たしかにそうかもしれませんが、例えば僕のような人は、自閉スペクトラム症でありHSPでもあります。

そのような人が、同伴者を用意せずに、ストレスのかかる場所に行くことは、拷問に近いものがあります。

これは、健常者の方には、あまり理解できないことかもしれません。

現に、それで無理をして、メンタル疾患になっている発達障害の方やHSPの方は、とても多いと思います。

ですから、同伴者は甘えではなく、ちゃんとしたサポートを受けるということです。

例えばあなたが健常者だとして、松葉杖が必要な人に、それは甘えだから松葉杖なしで歩きなさいとは言えないはず。

余裕を持てない方にとっても、同じことです。

同伴者を用意することによって、適切なサポートを受けましょう。

その8:ヨガ

余裕を持つ方法その8は、ヨガです。

なぜなら、運動もできるし、余裕を持った心を形成しやすいからです。

例えば、ヨガで、心身ともに健康になったという方は、多いのではないでしょうか。

ヨガは、特に、主婦の方におすすめです。

※ヨガをしたい方は、6冠獲得のソエルがおすすめです。

自宅で、様々なプログラムが、受講できます。

最初の3か月は、980円(税込1,078円)にて、受講できます。

家から徒歩0分のヨガスタジオ

よかったら、参考に。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:余裕を持って、生きやすく。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

余裕を持つ8つの方法

その1:瞑想

その2:自然の中に行く

その3:やるべきことは、さっさと終わらす。

その4:1人の時間を確保

その5:自分のトリセツを作る

その6:余裕がなくても、いい状況を作る。

その7:同伴者を用意する

その8:ヨガ

余裕で、ハッピー!

余裕を持つことは、生きやすさに、つながります。

現代は、ストレス社会とも言われますが、だからこそ、余裕を持った生き方に切り替える、時代の転換点だと思うのです。

この機会に、余裕を持つための方法を試してみて、余裕を持った人生を実現させてください。

あなたの人生を、応援しています。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました