自分の優柔不断さの短所と長所と改善点をそれぞれ2つ列挙した。

考え方

「優柔不断を改善したい」

「優柔不断の自分を、なんとなく理解したい」

これらのようなことを考えている方たちに、おすすめの記事となっています。

僕は、優柔不断に近いかな、と思います。

現在は、決断もなるべく早く、行動も早くなっているかもしれませんが。

この記事では、参考文献を確認しつつ、優柔不断の改善策と分析について、200記事以上精神関連の悩みに回答・アウトプットしてきた自分なりの意見を書いていきます。

優柔不断の自分を分析し、改善策を示すことによって、読者の方たちに参考になる部分があるかな、と思って、この記事を書きます。

よかったら、読んでみてね。

それでは、始めていきます。

自分の優柔不断さの概要

まず、自分の優柔不断さの概要を示したい、と思います。

僕が、どういう人かなんとなく分かっていないと、参考にしづらいですよね(笑)。

幼い頃は、周りに振り回されていることが多かった、と思います。

なにせ、いじめられていましたから。

周りからひどい言葉を浴びせられ、周りの言動を常に意識し、僕の意見はあってはいけない。

そのような経験から、自分の意見に自信を持てず、周りの意見を参考にしていたような気がします。

現代風に言えば、自分軸ではなく、他人軸であったというような感じかもしれませんね。

自分の優柔不断さの2つの短所

自分の優柔不断さの短所として、以下の2つを挙げておきます。

  1. 大事な決断を、人にゆだねる。
  2. 自分に自信がない

順番に、解説していきますね。

その1:大事な決断を、人にゆだねる。

自分の優柔不断さの短所その1は、大事な決断を、人にゆだねる、ということです。

自分で決めればいいところを、人にゆだねるので、責任を放棄していたかもしれません。

あと、大事な決断ほど慎重になって、考えすぎになり、ワクワクを選べていなかった、ということもあったかも。

ちなみに、ワクワクや道を選んで気分がいいことは、割と大切なことです。

で、大事な決断を人にゆだねて、参考にすることが多かったので、ゆだねられた人は、おそらく迷惑だったでしょうね(笑)。

その2:自分に自信がない

自分の優柔不断さの短所その2は、自分に自信がない、ということです。

自分で決断して、成功した体験が少ないので、自信がなかったような気もします。

いつも自分の意見に不安で、道に迷っている感じだったかもしれません。

もしかすると、他人の意見を参考にしすぎたから、自信を持てなかったのかもしれませんが。

自信を持てない、というのは、つらいことです。

自分の優柔不断さの2つの長所

自分の優柔不断さの長所として、以下の2つを挙げておきます。

  1. 周りに助けられやすい術を獲得
  2. 自分が信頼する人の意見は、素直に聴く。

順番に、解説していきますね。

その1:周りに助けられやすい術を獲得

自分の優柔不断さの長所その1は、周りに助けられやすい術を獲得した、ということです。

どういうことかというと、自分の力は弱いと認識することで、周りは助けやすかったかもしれません。

鎧を着たイメージがなくなるので、援助しやすかったのかもです。

自分の力は強いと見せていたら、普段から人に迷惑をかけて、いざという時に助けてくれないかもしれませんよね。

優柔不断の弱さゆえに、周りからの援助を受けやすかった、と思います。

その2:自分が信頼する人の意見は、素直に聴く。

自分の優柔不断さの長所その2は、自分が信頼する人の意見は、素直に聴く、ということです。

自分に自信がないので、信頼する人の意見は、よく聞いたかもしれません。

例えば、親の言うこともよく聞きましたし(反抗する時は反抗しましたが)、信頼する先生の意見もよく聞いたかもしれません。

自分の意見に不安を感じたら、人にどんどん頼って、参考にしていた、と思います。

自分が弱い存在と思っていたから、素直に頼れたのかもしれませんね。

自分の優柔不断さの2つの改善点

自分の優柔不断さの改善点として、以下の2つを挙げておきます。

  1. 小さな決断は、なるべく自分で決める。
  2. 大きな決断は、人に相談する。

順番に、解説していきますね。

その1:小さな決断は、なるべく自分で決める。

自分の優柔不断さの改善点その1は、小さな決断は、なるべく自分で決める、ということです。

小さな決断というのは、ちょっとがんばれば決断できることです。

例えば、日常生活の決断とかは、自分のできる範囲で決断していくといいかもしれませんね。

そうすることによって、自信がつき、自分の意思で行動していくことが多くなるかもしれません。

もし間違っていても、小さな失敗だと思うので「間違ってた。てへ」くらいのテンションですぐ軌道修正し、また新たに決断していくといい、と思います。

小さな決断ほど、命に関わらない決断と思いますので、積極的にトライしてみると得られるものも大きい、と思いますよ。

その2:大きな決断は、人に相談する。

自分の優柔不断さの改善点その2は、大きな決断は、人に相談する、ということです。

まあ、あたりまえ、といえばあたりまえ、かもしれません。

けれども、大事なことです。

優柔不断な人が、大きな決断をしようと思ったら、無理しなくてもいい、と思います。

無理して決断して、大失敗したら、立ち直れないじゃないですか。

大きな問題だからこそ、潔く、人に頼った方がいいのではないでしょうか。

例えば、ライフイベントのように、この先の人生を大きく左右するようなことは、人に相談できるといいでしょう。

身近な信頼できる人物に、日頃から自己開示をし、親交を深めておくのもいいかもしれません。

また、就職・結婚・死別等のライフイベントに関しては、ネットで相談できるところもある、と思います。

したがって、ネットの基礎的な知識を身につけておくのは、とても重要だと思います。

日頃から、リアルで相談できる場所を確保しておくのもいいですね。

紙に書き出して、考えたり、整理しておくのもいいでしょう。

あるいは、身近な人物に訊いたり、話し合ったりしておくのもいいかもしれませんね。

僕も最近、ライフイベント級の決断がありまして、迷いましたが、ワクワクする方を選びました。もちろん、外部からの支援も積極的に受けましたが。

その結果、いいことがたくさん起こり、気分も軽くなりました。

外部からの情報を得つつ、決断にワクワクすることを重視すれば、優柔不断にも解決の道が出てくるかもしれないな、と個人的に思いました。

それでは、今回の記事をまとめますね。

まとめ:優柔不断。だから、どうしよう。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

自分の優柔不断さの概要

→自分軸ではなく、他人軸であった。

自分の優柔不断さの2つの短所

その1:大事な決断を、人にゆだねる。

その2:自分に自信がない

自分の優柔不断さの2つの長所

その1:周りに助けられやすい術を獲得

→弱さゆえの頼り術

その2:自分が信頼する人の意見は、素直に聴く。

自分の優柔不断さの2つの改善点

その1:小さな決断は、なるべく自分で決める。

その2:大きな決断は、人に相談する。

苦しいではなく、解決へ。

優柔不断を解決するためには、まず、自分で決断できることはなるべく自分で決断してみましょう。

どんなに小さなことだったとしても、おそらく、自分で決断することが大切です(決断できた、と思えるとうれしくなる部分もある)。

先ほども言いましたが、ワクワクや気分が良くなる選択をするといい、と思いますよ。

大きな問題は、人に頼ってもよいでしょう。

ネットの情報で満足できないなら、ネットのサービスを活用してもいいですし、本の力等を借りてもいいでしょう。

優柔不断だからこそ、活かせる部分がある、と思うのです。

優柔不断ゆえの長所に、誇りを持って生きていければ、幸せなことはある、と思います。

★参考★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「優柔不断を治す方法

斎藤一人、みっちゃん先生「神はからい」マキノ出版、2018年、57ページ~60ページ

鴻上尚史「鴻上尚史のもっとほがらか人生相談」朝日新聞出版、2020年、106ページ~110ページ


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました