【気になる?】在宅ワークの8つのメリット

在宅ワーク

「在宅ワークって、メリットあるのかなあ?」

「在宅ワークのメリットについて、詳しく訊きたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、在宅ワークを、5か月以上続けています。

すごく稼げているわけではありませんが、在宅ワークのメリットなら、しっかり語れると思います。

この記事では、在宅ワークのメリットを、最大限に載せてみました。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

在宅ワークの8つのメリット

その1:成果主義

在宅ワークのメリットその1は、成果主義、というところです。

能力が高ければ高いほど有利になります。

ライターだったら質の高い記事、プログラマーだったら質の高いサイトを作れるといいのではないでしょうか。

もちろん、量をこなすことによって、報酬は得ることができます。

しかし、そのためにはスキルがあった方が、仕事がたくさん入ってくるのではないでしょうか。

在宅ワークは、スキル次第で、大きく稼ぐことができると思います。

その2:環境を整えられる

在宅ワークのメリットその2は、環境を整えられる、というところです。

なぜなら、自宅なので、自由に環境をセッティングできるからです。

例えば、窓を自由に換気することもできますし、好みのインテリアの中、作業することも可能ですよね。

環境を整えられることによって、遊び心を持って、作業できるかもしれませんね。

その3:色々な場所で作業できる

在宅ワークのメリットその3は、色々な場所で作業できる、というところです。

なぜなら、場所に囚われないからです。

例えば、カフェで仕事ができるし、移動しながら仕事もできるのではないでしょうか。

僕は詳しくないのですが(すいません)、ポケットWi-Fiとかあると、便利かもしれませんね。

あとは、緊急時用に、テザリングという方法もあると思いますよ。

その4:人間関係苦手でもいい

在宅ワークのメリットその4は、人間関係苦手でもいい、というところです。

なぜなら、会社のように人間関係重視ではないからです。

在宅ワークだと、一人でも、コツコツ作業をすることができますね。

単独行動が得意な方は、いいかもしれません。

僕は、人間関係苦手なので、いい時代になったなあと思っています(笑)。

その5:副業にちょうどいい

在宅ワークのメリットその5は、副業にちょうどいい、というところです。

例えば、WEBライターは、副業にピッタリではないでしょうか。

自分の得意分野があれば、誰にでも門戸は開かれていますし、とても奥が深いです。

主婦の方は、お小遣い稼ぎに、ちょうどいいと思いますよ。

会社勤めの方は、副業から始めて、本業にしていくことも可能だと思います。

副業が認められる時代になってきていますし、流れに乗るには、いいタイミングだと思います。

その6:家族との時間を大切にできる

在宅ワークのメリットその6は、家族との時間を大切にできる、というところです。

なぜなら、家にいる時間が長くなるからです。

会社勤めだと、家族との時間が少なかった現状が、改善されるのではないでしょうか。

子どもの様子を見たり、家族とコミュニケーションしつつ、仕事ができます。

ワークライフバランスと言われる時代に、大切な働き方になりそうです。

その7:マイペースに作業できる

在宅ワークのメリットその7は、マイペースに作業できる、というところです。

なぜなら、自分で計画を立てられるので、自由に作業できるからです。

例えば、休みたい時に休んで、働きたい時に働けるのではないでしょうか。

僕は、長時間労働はキツイ体質だと思うので、在宅ワークは長期的に楽しく働けます。

一応、言っておきますが、怠けてはおりません。

問題は、自分をコントロールできるか否か、によるかもしれませんね。

その方法の1つに、習慣を作っておくことが挙げられます。

習慣を作っておくことによって、オンとオフを切り替えながら、働いていくことが可能だと思います。

その8:新しい働き方(新規性)

在宅ワークのメリットその8は、新しい働き方(新規性)、というところです。

なぜなら、コロナ渦で、とても認知された働き方だからです。

在宅ワークやテレワークは、新しい働き方なので、刺激的とも言えるのではないでしょうか。

試すことによって、自分の新しい視野が広がる可能性もあると思いますよ。

僕は、在宅ワークや、通信制のリモート授業を受けてきました。

その経緯を踏まえて、在宅ワークには、大きな可能性があると思っています。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:在宅ワーク、試しにやってみる?

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

在宅ワークの8つのメリット

その1:成果主義

その2:環境を整えられる

その3:色々な場所で作業できる

その4:人間関係苦手でもいい

その5:副業にちょうどいい

その6:家族との時間を大切にできる

その7:マイペースに作業できる

その8:新しい働き方(新規性)

在宅ワーク、いかがですか?

僕は、就職という選択肢もありましたが、やめました。

なぜなら、人間関係とか色々、向いていないと思ったからです。

だから、覚悟を込めて、この記事を書いたりしていますね。

在宅ワークという働き方、あるいは時代の流れに乗り、認知を広げていけたらなあとも思っています。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました