自信を持つ具体的な7つの方法

考え方

「自信を持つって、どうやったらいいんだろう?」

「自信を持つ具体的な方法って、ないかな?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、自信がないときもありました。

しかし、今ではある程度、自分に自信を持てていると自負しております。

皆さんに、参考になる情報をお届けできましたら、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

自信を持つ具体的な7つの方法

その1:外見をよくする

自信を持つために、外見をよくするのも1つの方法です。

なぜなら、人は大体見かけで判断するからです。

例えば、言っていることが正しかったとしても、汚い恰好をしていたら聴く気が失せますよね。

普段から、身だしなみに気をつける、自分に合う服装をする、姿勢、態度に気をつけるなど、色々と気を使ってみましょう。

そうすることによって、周りからいい反応が返ってきて、自信を持つことに繋がると思います。

その2:直感を信じる

自信を持つために、直感を信じるというのも大切なことです。

なぜなら、頭であれこれ考えていても、実行に移せない状態だからです。

例えば、ある物事に対して不安になり、頭で色々考え実行に移したとしても、それが成功するとは限りません。

一方、直感を信じて物事を進めた方が、スムーズにいきます。

高速で何回も得られるフィードバックにより、自信を早く得ることもでき、あれこれ悩まないので自信がある態度に見えます。

直感を信じるということは、物事に対しての最初の閃きに似た反応のことです。

これを鍛えるには、雑念があまりない方がいいと思います。

したがって、瞑想を日頃から、朝10分だけでも行っておくことが大切なのではないか、と思います。

自信を持つために、直感を信じることは意外と大切だと思いますので、ぜひご参考ください。

その3:スモールステップ

自信を持つためには、スモールステップも大切です。

なぜなら、いきなり自信を持つことは少ないからです。

様々な経験をスモールステップで積みながら、成功体験を得ていきます。

すると、自分はやればできるんだエネルギーがチャージされます。

なんでもいいです。

人に挨拶することが苦手なら、まずは身近な人から挨拶するとか。

苦手な食べ物があるなら、まずはそれ以外の食べ物を美味しく食べれるようにするとか。

スモールステップで小さな成功体験を積み重ねることは、やがて大きな揺るぎない自信に変わっていきます。

その4:自分を定期的にホメる

自信を持つために、自分を定期的にホメることも大切です。

なぜなら、自信とは自己肯定感とも言えるからです。

1日の終わりに、自分のよかった点をいくつかホメていきましょう。

これが意外と、やさしい気持ちになってくるのです。

自分をホメるということは、自分のダメな部分に意識を向けるのではなく、よかった部分に意識を向けるので、自分にはできる部分もちゃんとあるんだ、と確認できます。

自分にいい部分が1つもないという方は、短所の反対側を確認する、生きてるだけで丸儲けのさんまさんの話、これからたった1つの小さなことでもいいから貢献活動をするなど、色々と考えてみてください。

自分をホメるということは、誰でも短時間ででき、ある程度効果のあることなのでぜひ実践してみてください。

その5:アウトプットして、自分を知る。

自信を持つために、アウトプットして自分を知る、を心がけてみてください。

なぜなら、自分を知ることは、自己効力感に繋がるからです。

ちなみに、自己効力感とは、自分ならできるというような感覚です。

例えば、アウトプットすることによって、自分の興味・得意なことが分かったりします。

すると、それらを伸ばすことが可能になります。

そして、自分とはこういうものなのか、こういうことができるんだ、という土台ができます。

アウトプットして、自分を知ることは、自己効力感、自分がここにいて、ふわふわしていない状態を得ることができると思います。

その6:自己啓発を読んで、実践。

自信を持つためには、自己啓発を読んで実践、もいい方法だと思います。

なぜなら、自分を磨く行為=自信を持つ行為だからです。

自己啓発を読むだけでは、自分を磨けません。

自己啓発は、実践がセットと言っても、過言ではないと思います。

※オーディオブックは、自己啓発の名著が豊富です。

聞き流しで、活字が苦手な方にも、おすすめです。

聴き放題プランなら、お試し30日間、月額750円からご利用が可能です。

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

ぜひ、お試しあれ。

その7:資格やスキルアップ

自信を持つためには、資格やスキルアップも、必要かもしれません。

なぜなら、自分の能力を確認する肩書きにもなるからです。

実際、肩書きや資格を持っていた方が、カウンセラーの方は信頼されやすいです。

そうなると、さらに自信を得ることもできます。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:勇気を持って、信じて生きる。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

自信を持つ具体的な7つの方法

その1:外見をよくする

その1:直感を信じる

その2:スモールステップ

その3:自分を定期的にホメる

その4:アウトプットして、自分を知る。

その6:自己啓発を読んで、実践。

その7:資格やスキルアップ

自分を、信じる。

自信を完全に持つということは、もしかしたら難しいのかもしれません。

しかし、自信が持てていることよりも、自分を信じようとする行為が大切なのかもしれません。

正直、今回の記事は、少し自信なかったのです。

ただ、自信のことについては、幼き頃より考えてきた経験の蓄積がありますので、参考になるところが少しはあるかと思います。

とにもかくにも、精一杯書いたつもりですので、1つでも参考になる情報がありましたら幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました