【これいいかも!】ジェネレーションギャップの改善方法13選

社会問題

「ジェネレーションギャップは、笑い事じゃない!」

「ジェネレーションギャップを改善し、生活の質を向上したい!」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、田舎に暮らしている若者で、ジェネレーションギャップは日々感じています。

しかし、今では、そんなに気にしないレベルになっているので、皆さまにある程度有益な情報をご提案できる、と思っています。

この記事では、ジェネレーションギャップの改善方法を、13個まとめました。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ジェネレーションギャップの13個の改善方法

その1:お互いに歩み寄る

ジェネレーションギャップの改善方法その1は、お互いに歩み寄る、ということです。

なぜなら、お互いに歩み寄ることによって、お互いの負担が小さくなるからです。

例えば、高齢者に歩み寄らない若者と、若者に歩み寄ろうとする高齢者が居たとしますよね。

この場合、若者の負担は「軽」で、高齢者の負担は「重」になります。

若者は若者でイライラしますし、高齢者は高齢者でとても困るのではないでしょうか。

お互いに歩み寄ることによって、お互いの負担は半々となり、意志疎通に届きやすくなると思います。

ジェネレーションギャップの改善をするためには、まずは相手に誠意を持って歩み寄り、向こうからの歩み寄りを待つという方法もあるかもしれませんね。

もちろん、強制はやめておきましょうね。

その2:親子関係から慣れる

ジェネレーションギャップの改善方法その2は、親子関係から慣れる、ということです。

なぜなら、お互いに歩み寄りやすいからです。

身近なジェネレーションギャップ、と言えば、親子ですよね。

親子であれば、ジェネレーションギャップの改善に取り組みやすいですし、親子関係をスムーズにすることも可能だと思います。

日頃の親子関係から、ジェネレーションギャップの改善に向けて、練習してみてはいかがでしょうか。

その3:田舎と都会の文化をなんとなく知る

ジェネレーションギャップの改善方法その3は、田舎と都会の文化をなんとなく知る、ということです。

なぜなら、田舎は高齢者の居場所とも言えますし、都会は若者の街とも言えるからです。

積極的に、田舎・都会の環境を知ることによって、お互いの心理に想像を馳せることができるのではないでしょうか。

日頃から田舎ばかりにいる人は都会へ、都会ばかりにいる人は田舎へ行くことにより、視野が広まると思いますよ。

その4:若者・高齢者向けの番組を見る

ジェネレーションギャップの改善方法その4は、若者・高齢者向けの番組を見る、ということです。

なぜなら、番組は国民の要望に応えるからです。

世代の常識・価値観を反映したものが多いと思いますので、見ることにより、ジェネレーションギャップの溝を埋めることができるかもしれません。

例えば、高齢者の心理を知りたいなら「ポツンと一軒家」を見るのもいいですね(高齢者の方が多く出てきます)。

あるいは、若者の心理を知りたいなら「突然ですが占ってもいいですか」を見るのもいいかもしれません(割と若者の感性に近いと思います)。

若者は高齢者向け?の番組を視聴し、高齢者は若者向け?の番組を見ることによって、感性の部分で理解し合えるかもしれませんよ。

その5:若者のセンスと高齢者の経験の融合

ジェネレーションギャップの改善方法その5は、若者のセンスと高齢者の経験を融合することです。

なぜなら、お互いを尊重できるからです。

例えば、若者の新しい感覚を取り入れた地方ビジネスというのが、あるのではないでしょうか。

田舎に住んでいる僕の実感から推測すると、ネット等の新しい感覚を取り入れた方が、高齢者は生活しやすくなると思います。

逆に、若者ばかりのコミュニティに、高齢者の人が見守るというパターンもあると思います。

そうすることによって、不安定な若者のコミュニティに、安定感を出すことが可能かもしれません。

若者のセンスと高齢者の経験の融合によって、お互いを尊重できるといいですよね。

その6:身体的なことは若者の方が有利なので、高齢者を敬う。

ジェネレーションギャップの改善方法その6は、身体的なことは若者の方が有利なので、高齢者を敬う、ということです。

なぜなら、高齢者の身体的辛さは、若者にとって理解するのが難しいからです。

逆に、高齢者は、若者の身体の身軽さを知っていますよね。

若者は、高齢者の身体的辛さを敬った方がいいと思います。

若者はいつまでも若いと思わず、自分が高齢になった時に敬われなくてショックを受ける前に、共感して寄り添ってみてはいかがでしょうか。

その7:高齢者は、若者への指導力を身につける。

ジェネレーションギャップの改善方法その7は、高齢者は、若者への指導力を身につける、ということです。

なぜなら、高齢者なので、有利になることだからです。

指導力を磨くことで、若者の知見を取り入れ、ジェネレーションギャップの壁を薄める努力ができるかもしれません。

教える、ということは、学ぶことです。

僕も、ブログで、読者の方に寄り添えているか、いつもチェックしています。

正直、この記事は、寄り添えていないかもしれないですけどね(笑)。

その8:少人数触れ合っただけで、お互いに理解し合えることはない。

ジェネレーションギャップの改善方法その8は、少人数触れ合っただけで、お互いに理解し合えることはない、ということです。

なぜなら、若者も、高齢者も、一部の人たちを誇大化している部分があると思うからです。

お互いに理解し合うためには、ある程度の時間、根気強く向き合う経験が必要かもしれません。

僕たちは、何かを分かっているようで、分かっていないものです。

そのような「無知の知(知らないことがある、と強く思うこと)」を胆に銘じつつ、偏った目で特定の集団を見るのはやめておきましょう。

その9:どの世代にも賢い人とアホな人がいる。

ジェネレーションギャップの改善方法その9は、どの世代にも賢い人とアホな人がいる、ということです。

なぜなら、色々な人がいるから、人間関係が大変だからです。

若者にも、高齢者にも、色々な人がいますよね。

若者でも、大人しめのインテリはいるわけです。

一方で、高齢者の方の中には、しっかり自立しているような人がいます。

一部を見て、決めつけないようにした方が、いいかもしれませんね。

その10:NHKの番組で知識を得る

ジェネレーションギャップの改善方法その10は、NHKの番組で知識を得る、ということです。

なぜなら、NHKは、割と若者や高齢者といったマイナーな方たちを尊重した番組を作っているからです。

NHKの番組を見ることによって、世代ごとの価値観に共感し、考えさせられるんですよね。

例えば「ハートネットTV」を見てもいいと思いますし、「ドキュメント72時間」という番組もありますよね。

世代ごとの弱さ、人の弱さに寄り添える番組は、NHKに多いと思います。

その11:若者と高齢者の交流イベントに参加する

ジェネレーションギャップの改善方法その11は、若者と高齢者の交流イベントに参加する、ということです。

おそらく、若者と高齢者の交流イベントは、あるはずです。

ないなら、職場や第3の居場所で、積極的に交流してみるといいかもしれません。

ただし、相手が不快に思わない程度に、ですが……。

若者と高齢者がともにいるような、様々な背景を持った人たちのコミュニティを調べてみるのもいいかもしれませんね。

その12:若者・高齢者の心理を本で知る

ジェネレーションギャップの改善方法その12は、若者・高齢者の心理を本で知る、ということです。

なぜなら、本は質が高く、詳しく知れるからです。

どの人から訊くか、慎重に選びましょう。

月に1冊でもいいので読んで、レビューを書いてみると、学びの質が深くなると思いますよ。

その13:ジェネレーションギャップを過度に笑い話にしない

ジェネレーションギャップの改善方法その13は、ジェネレーションギャップを過度に笑い話にしない、ということです。

なぜなら、ジェネレーションギャップで、おそらく苦しんでいる人もいるからです。

笑える話では、ないですよね。

真剣に、差別問題も少し考慮しつつ、ある程度配慮した方がいいと僕は思います。

ジェネレーションギャップで困らせているのは、あなたかもしれませんよね。

そのことを、肝に銘じていないと、上手にコミュニケーションを取ることはできないかもしれませんよね。

ジェネレーションギャップを感じたら、少しでも寄り添う努力をし、人生を豊かにしてみてはいかがでしょうか。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:1つだけでも、気づきがあれば、幸いです。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ジェネレーションギャップの13個の改善方法

その1:お互いに歩み寄る

その2:親子関係から慣れる

その3:田舎と都会の文化をなんとなく知る

その4:若者・高齢者向けの番組を見る

その5:若者のセンスと高齢者の経験の融合

その6:身体的なことは若者の方が有利なので、高齢者を敬う。

その7:高齢者は、若者への指導力を身につける。

その8:少人数触れ合っただけで、お互いに理解し合えることはない。

その9:どの世代にも賢い人とアホな人がいる。

その10:NHKの番組で知識を得る

その11:若者と高齢者の交流イベントに参加する

その12:若者・高齢者の心理を本で知る

その13:ジェネレーションギャップを過度に笑い話にしない

参考程度にしてくださいね。

ジェネレーションギャップは、笑い話ではありません。

ジェネレーションギャップを埋めるように努力することは、人類の差別の解消とかなり似ている、と僕は思います。

ジェネレーションギャップを解消して、より質の高い生活ができるようになりましょう。

そのお手伝いを、微力ながらできれば、僕はとても幸せです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルと人を幸せにするエンタメを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました