【感情表現が苦手】克服アイデア8選(参考にしてみてください)

コミュニケーション

「感情表現が、苦手だ……」

「感情表現が苦手で、困っている」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、感情表現が苦手です。

基本、人見知りなので、感情表現が苦手な場合が多いです。

そんな僕ですが、ある程度改善を試みるため、色々と対策を考えてきました。

この記事では、実感を持っておすすめできる克服アイデアを、8選用意しました。

感情表現の助けになれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

【感情表現が苦手】克服アイデア8選

感情表現は、無理して行う必要はないと思いますが、ある程度の改善は、日常生活の質を上げると思います。

個人的に思う克服アイデアですが、実践しやすいと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

その1:口角を上げておく

「感情表現が苦手」の克服法その1は、口角を上げておく、ということです。

なぜなら、無表情とかよりは、マシだからです。

口角を上げるだけで、雰囲気がよくなるのではないでしょうか。

口角を多少上げるよう意識しておくだけで、人間関係を円滑に進める助けになる、と思います。

その2:LINEで表現する

「感情表現が苦手」の克服法その2は、LINEで表現する、ということです。

なぜなら、文章で、豊かな表現が可能だからです。

ちなみに僕は、LINEでのコミュニケーションに大きな意味を見出せないので、テキトーにやっています(すみません)。

そんな僕でも容易に想像できるのが、スタンプを使ったり、絵文字を使ったりすることです。

文章なので、冷静に的確な表現を行うこともできるでしょう。

LINEは、感情表現の助けになってくれると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

その3:手書きで表現する

「感情表現が苦手」の克服法その3は、手書きで表現する、ということです。

なぜなら、気持ちが伝わりやすいからです。

仮に友達にプレゼントを渡して、メールで返信が来るのと、手紙で来るのでは全然違いますよね。

メルカリで商品を購入した時、手書きのメッセージが入っていることもあります。

感情表現を上手に行う策ですよね(言い方、すみません)。

ヘタでもいいです。気持ちが伝われば、それでいいです。

感情表現を上手に行うために、手書きを思案してみるのはいかがですか。

その4:手の動かし方で表現する

「感情表現が苦手」の克服法その4は、手の動かし方で表現する、ということです。

なぜなら、感情表現を補完するからです。

無表情と、身振り手振りを交えた無表情なら、後者の方が伝わりやすいのではないでしょうか。

無表情を、手の動きで補完することをイメージしてもらえれば、実践しやすいかと思います。

感情表現は、表情だけではないので、合わせ技で対応しましょう。

その5:プレゼントを渡す

「感情表現が苦手」の克服法その5は、プレゼントを渡す、ということです。

なぜなら、目に見える感情表現だからです。

普段から無表情で、何考えているか分からなかったとしても、物を受け取れば、様々な感情を抱いていたと分かりますよね。

あと、大阪のおばちゃんの飴渡しも、イメージしやすいかもしれません。

本でもいいですし、消費性の高いお菓子でもいいですし、相手が喜びそうなプレゼントを行いましょう。

ただし、高い物を買えばいい、というわけではないと思いますので、無理しない物をプレゼントしましょう。

気持ちが伝われば、いいのです。

その6:何かを作って、表現する。

「感情表現が苦手」の克服法その6は、何かを作って表現する、ということです。

なぜなら、自分の得意分野であれば、効果的だからです。

例えば、歌手のAdoさんがいますよね。

Adoさんは、コミュニケーションの方法として、音楽を選択したそうです。

結果、多くの人たちとコミュニケーションできている、と思います。

先ほどの応用で、ハンドメイドを作って誰かにプレゼントする、という方法もあるでしょう。

あなたに合った趣味等で何かを作り、自然と「あの人はこういう人だったんだ」と認知されるといいかもしれませんね。

その7:量より、質にこだわる。

「感情表現が苦手」の克服法その7は、量より質にこだわる、ということです。

なぜなら、たった一言で、空気を変えることは可能だからです。

例えば、普段からハイテンションで感情表現する人と、普段無表情な人で何気なく「ありがとう」と発した人が居たとします。

後者でも、充分感情は表現できています。

むしろ、後者の方が、気持ちが込められている、と思うかもしれません。

感情表現を、何も考えずただひたすらやればいいかというと、そうではないですよね。

そこに気持ちが、込められているかどうか、ではないでしょうか。

その8:信頼できる人と、表現の練習を行う。

「感情表現が苦手」の克服法その8は、信頼できる人と、表現の練習を行う、ということです。

なぜなら、感情表現がしやすいからです。

例えば、好きな人と微妙な人だったら、好きな人の方が感情表現をしやすいですよね。

身近な人で、親友のような人は居ませんか。

あるいは、カウンセラーや教師といった方は、いませんか。

信頼できる人物と話していく中で、いつもより感情表現を意識し、コントロールできるといいかもしれません。

笑顔の作り方が分かったり、コミュニケーションが上達することによって楽しい気持ちになり、笑顔を作りやすいかもしれません。

そして、微妙な人たちとコミュニケーションする場合にも、違和感なく感情表現をすることも容易になると思います。

信頼できる人と、表現の練習を行うことによって、感情表現をうまくできるといいですね。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:王道ではない表現方法がある

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

【感情表現が苦手】克服アイデア8選

その1:口角を上げておく

その2:LINEで表現する

その3:手書きで表現する

その4:手の動かし方で表現する

その5:プレゼントを渡す

その6:何かを作って、表現する。

その7:量より、質にこだわる。

その8:信頼できる人と、表現の練習を行う。

あなたに合った、表現で。

「感情表現が苦手」と思った場合、無表情とかで悩んでいるパターンは、多いと思います。

けれども、感情表現には、様々なパターンが考えられます。

要は、気持ちが伝われば、それでいいのです。

この記事で、参考になるアイデアがありましたら、ぜひお試しください。

あなたの人生の質向上のお役に立てれば、うれしいです。

※「感情表現が苦手」という方は、人に相談することも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能なカウンセラー等を探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください↓

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

おすすめです。

★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「感情表現が苦手です

Yoshihama Tsutomu「アスペルガー人は特有の怖い無表情に気をつけよう

fork「「感情表現が苦手」と悩む貴方へ。素直に気持ちを伝えられる5の方法


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました