簡潔書評「明るい未来の作り方」斎藤一人著~余談エッセイも~

書評

今回、少し暇になったので、書評を書きます。

息抜き程度の書評なので、息抜き程度に読んでもらえたら幸いです。

それでは、さっそく、始めていきましょう。

3つの気づき

  • その1:コロナは、ものすごく恐れる必要がない。
  • その2:明るい気持ちになれる
  • その3:国民のリアルな悩みに対する解決策が分かる

3つの起こせる行動

  • その1:コロナに対し、正しく恐れ、社会に適応できる。
  • その2:明るい気持ちになった上で、明るい未来を作れる。
  • その3:コロナ渦の多くの悩みを知りつつ、自分はどう生きるか考えられる。

まとめ

コロナに対し、明るい未来を想像&創造できる良書。

コロナ疲れの人たちには、ぜひ読んでほしい1冊。

元気になったら、みんなにも情報をシェアして、日本を豊かにしよう!

アマゾン本は、こちらです↓

斎藤一人著「明るい未来の作り方」

余談エッセイ「独り言~言葉の力~」

なんだか、刺激がない日々だなあ、と思う。

ただし、金銭的に少し考えた方がいいのは、たしかだが。

まあ、ちょっと、がんばりすぎたかもしれない。

ここは、思い切って、しっかり休もう!

というか、ちょこちょこストレスフリーな休息を、中・長期的に入れた方がいいかもしれない。

僕は、結構がんばってきた。えらいな、僕(自分褒め)。

独り言のような余談エッセイだが、少し違う視点の話をしてみる。

僕は最近、音楽や文学・言葉には、自分を奮い立たせる力があると思っている。

例えば、しんどい時に、逆に鼻歌を歌うことはないだろうか。

あるいは、明るい言葉(「お前なら、できる!」等)で、がんばることもある。

誰もが、今、怒涛の日々の中にいることだろう。

そんな時、ぜひ音楽や言葉の力を、ちょっと信じてほしい。

いざとなった時に、力になってくれる可能性はあると、僕は強く信じている。

余談エッセイのつもりが、長くなってしまった。

この文章も、自分を奮い立たせる言葉に、確実になっている。

だからといって、僕にはこれといって悩みはないが、辛い状況もいつかは終わる。

皆さんとともに、明るい未来を想像&創造したい。

そのように僕は、思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました