人生は、マラソンのようだ。3つの根拠と5つの走り方

生き方

「人生って、マラソンなの?」

「もしそうなら、どう生きればいいの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、人生を、マラソンだと思います。

いじめに3回ほど遭い、100冊以上の精神的書物を読んで、そう思います。

この記事を読むと、その根拠と走り方について、参考になるかもしれません。

あなたの人生に、少しの彩りを添えられれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

「人生は、マラソン」の3つの根拠

「人生は、マラソン」の3つの根拠を紹介します。

  • その1:基本的に、人は長寿。
  • その2:ペースをコントロール可能
  • その3:応援してくれる人がいる

順番に、解説していきますね。

その1:基本的に、人は長寿。

「人生はマラソン」の根拠その1は、基本的に人は長寿、ということです。

なぜなら、世界は豊かになっているので、長生きしやすいからです。

例えば、人生は100年時代、とも言われますね。

日本人だと、平和に生きられるので、人生の終焉の遠さを感じるかもしれません。

マラソンのように、案外長くて、疲れることもあるかもしれませんね。

その2:ペースをコントロール可能

「人生はマラソン」の根拠その2は、ペースをコントロール可能、ということです。

なぜなら、人生は長いので、調整しやすいからです。

例えば、水を飲んだり、ギアを上げる時はギアを上げることもありますね。

人生も、動けない時もあるし、勝負時ということもあるでしょう。

僕は、大学を2年休学したことがありますが、人生は一定のペースで続けられるものではないと思います。

マラソンのように、山あり谷ありで生きていくので、人生はメリハリがあるとも言えるでしょう。

「私の人生は平凡だ」と思う人もいるかもしれませんが、あなたの年齢はいくつでしょうか。

死ぬ間際でないのなら、思い切った行動も取れるかもしれませんよ。

その3:応援してくれる人がいる

「人生はマラソン」の根拠その3は、応援してくれる人がいる、ということです。

なぜなら、人は誰もが、がんばっているからです。

例えば、マラソンは、現場やテレビから応援が入りますよね。

人生も、案外応援してくれる人がいるものだと思います。

それに、スピリチュアル的なことを言えば、見守ってくれているような気もするんですよね。

余談ですが、僕はいつも見えない存在を感じているような気がします。

けれども、霊能者さんみたいに、ハッキリと見えていないと思います。

人は誰もががんばっていて、誰かから応援されて生きていくのでしょう。

なぜなら、世界はあなただけで、構成されているわけではないからです。

続いて、人生をマラソンのように走る、5つの方法について紹介します。

人生をマラソンのように走る5つの方法

人生をマラソンのように走る5つの方法について紹介します。

  • その1:今を生きる
  • その2:長期的な視野の獲得
  • その3:体と心を整える
  • その4:感謝して生きる
  • その5:楽しく生きる

順番に、解説していきますね。

その1:今を生きる

人生をマラソンのように走る方法その1は、今を生きる、ということです。

なぜなら、今を生きないと、疲れてしまうからです。

例えば、今が大変なのに、過去や未来のことについて思いを馳せていたとしますよね。

すると、今の問題が処理不足になるので、結果疲れる人生になっていきます。

今を生きるとは、今あることに集中し、世界と一体になって生きることだと思います。

トラブルが起こる可能性もあるので、常に油断しない、ということも大切かもしれませんね。

その2:長期的な視野の獲得

人生をマラソンのように走る方法その3は、長期的な視野の獲得をする、ということです。

なぜなら、心の余裕になるからです。

例えば、今を生きることも大切ですが、ある程度の見通しも大切ですよね。

そのことによって、目の前が、懐中電灯で照らされている状態になります。

しかし、意識しすぎれば調子を乱すと思うので、ある程度ぼんやりと想像しておく方がよさそうです。

ひと昔前の僕は、先のことを考えすぎて、頭がパニック状態でした。

ですから、先の見通しは紙に抽象的に書き出す・予定は未定などの心構えが必要かもしれませんね。

その3:体と心を整える

人生をマラソンのように走る方法その3は、体と心を整える、ということです。

なぜなら、人生を楽しく、長く生きられるからです。

例えば、心身が整っていないと、せっかく長生きしても意味ないですよね。

心の問題は、書籍を買って実践するといいと思いますよ。

体の問題も、同じような感じです。

おすすめは、樺沢紫苑先生の書籍です。

「ストレスフリー超大全」と「ブレインメンタル強化大全」。

アマゾンリンク貼れなかったので(なんでだろう?)、各自検索してもらえると幸いです。

ぜひ読んで、実践してください。

実践することによって、成果が出て、楽しく生きることができますよ。

本は、安価に質の高い情報を得られるので、ネットの情報を過信する必要はありません。

アマゾンの高評価の本を買えば、きっとあなたの豊かな人生の一歩となることでしょう。

体と心の調整法として、参考になれば幸いです。

その4:感謝して生きる

人生をマラソンのように走る方法その4は、感謝して生きる、ということです。

なぜなら、この世界は、一人で成り立っているのではないからです。

感謝して、謙虚に、愛を持って生きるといいかもしれませんね。

僕の実家では、養鶏をしていました。

育てた鶏は、おそらく、殺されてしまうのです。

そんな現状に、泣いて、父と喧嘩したこともあります。

父もやりたくてやっていたわけではないと思いますが、それが世界の現状ですよね。

人工肉や培養肉が出てきて、世界はやさしく生まれ変わっていますが、まだまだ現状は変わっていない所もあるでしょう。

それだけでも、僕たちは生きているのではなく、生かされていることに気づくと僕は思うのです。

自分に感謝し、大切にして、人にやさしく生きましょう。

そうすることによって、自分も他者も、豊かになって生きられます。

まずは、自分を大切にすることから、始めていきましょう。

その5:楽しく生きる

人生をマラソンのように走る方法その5は、楽しく生きる、ということです。

なぜなら、楽しいことを意識して生きることによって、苦しみが緩和されるからです。

例えば、マラソンで苦しい時は、笑顔になるという人もいますよね。

そうすることによって、苦しみから、注意を逸らすことが可能です。

困難の中にも、楽しみがあります。

例えば、コロナ渦によって、リモートという生き方を体験できましたよね。

コロナ渦がなかったら、なかなか体験できることではないと思いますよ。

一応、言っておきますが、コロナで苦しい目に遭った人も知っています。

しかし、僕のような人たちは、もともと地獄の底に居たような人達です。

だから、どんなに苦しくても一寸先は光と信じて進むことが、大切だと思っているのです。

無理して「がんばれ!」と言うのではありませんが、視野を広げれば、世界は明るい場所だということを知ってほしかったのです。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:マイペースに、生きていこう。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

「人生は、マラソン」の3つの根拠

その1:基本的に、人は長寿。

その2:ペースをコントロール可能

その3:応援してくれる人がいる

人生をマラソンのように走る5つの方法

その1:今を生きる

その2:長期的な視野の獲得

その3:体と心を整える

その4:感謝して生きる

その5:楽しく生きる

人生=マイペース

人生は、マラソンと重なる部分が多いです。

そして、マイペースに、走っていけばいいのです。

競技じゃないですからね。

少しずつ光を見つけてもいいし、素早く光を見つけてもいいのです。

あなたの幸福の一助となれば幸いです。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました