遊び心を持った大人になるための5つの方法

考え方

「遊び心を持つためには、何をしたらいいのだろう?」

「大人になっても、遊び心を忘れたくはない」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、遊び心をとても重視しています。

遊び心がないと、世の中生きていけないんじゃないかくらい、重視しています。

そんな僕ですが、参考になるところがあれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

遊び心を持った大人になるための5つの方法

その1:自然と触れ合う時間を定期的に設ける

遊び心を持った大人になるために、自然と触れ合う時間を定期的に設けましょう。

なぜなら、自然と触れ合うことによって、心に余裕を持てるからです。

例えば、近くの公園でもいいし、週末に田舎へ旅行しに行くでもいいし、観葉植物やお香を楽しむといったものでもいいと思います。

日向ぼっこや、雨の日には耳澄ます、といったことでもいいのではないか、と思います。

心に余裕を持つことによって、閃きやリラックス、エネルギーをチャージすることが可能になります。

その2:ゲーム感覚で生きる

遊び心を持った大人になるために、ゲーム感覚で生きるという方法もあります。

なぜなら、受動的に生きるよりも、能動的に生きた方が、遊び心が活性化されやすいからです。

例えば、悩むのではなく、どうやったら解決できるのだろうか、と工夫することです。

受動的だと、内からのエネルギーではなく、外からのエネルギーです。

一方、能動的だと、外からのエネルギーではなく、内からのエネルギーです。

内からのエネルギーの方が、心から楽しんでいる感じがありますね。

遊び心を持った大人になるために、ぜひ、こちらから脳を回転させましょう。

その3:量より、質をこなす。

遊び心を持った大人になるために、量より、質をこなしましょう。

なぜなら、遊び心とは、物質的な豊かさではなく、精神的な豊かさだからです。

例えば、生き方において、走って生きていると焦燥感のようなものが出てきます。

これでは、遊び心どころではないですよね。

一方、歩きながら生きていると、周りの景色を見ながら、心に余裕を持った生き方ができます。

そこから、画期的なアイデアを閃くというパターンもあります。

もう1つ、例を紹介しましょう。

刺激を求めるのではなく、味わうということです。

例えば、高級寿司屋に行ったとしますよね。

いつも食事を生きるためだけに食べている人は、味わって食べるということを忘れがちになります。

つまり、質=遊び心を感じている余裕はないのです。

一方、高級寿司を、ゆっくり味わって食べている人は、質を感じますよね。

つまり、遊び心をインプットできます。

遊び心を育てるために、物質的な豊かさよりも、精神的豊かさをインプット、もしくはアウトプットしましょう。

その4:子どもが好きそうな趣味を始める

遊び心を持った大人になるために、子どもが好きそうな趣味を始める、というのもありかな、と思います。

なぜなら、子どもには遊び心が宿っているからです。

絵本や児童書を読む、というのもいいでしょう。

もしくは、子どもを真似るとか。

大人になって忘れていた感覚を、思い出すかもしれません。

その柔軟で、みずみずしい感覚を、日常で活かしてみるといいかもしれませんね。

その5:趣味を副業、もしくは仕事に。

遊び心を持った大人になるために、趣味を副業、もしくは仕事にするのもありかな、と思います。

なぜなら、やりたいことを仕事にした方が、心に余裕が持てるからです。

適職と天職という考えがあります。

いきなり天職のような生涯かけてやる仕事が見つからなくても、適職、あるいは趣味を副業にしていくといった方法はありだと思います。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:遊び心は、スキマ心。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

遊び心を持った大人になるための5つの方法

その1:自然と触れ合う時間を定期的に設ける

その2:ゲーム感覚で生きる

その3:量より、質をこなす。

その4:子どもが好きそうな趣味を始める

その5:趣味を副業、もしくは仕事に。

遊び心は、スキマ心。

遊び心は、スキマ心です。

自分のことを考えつつ、周りのことにも目を配ることができる。

そのくらいの態度で、生きていきましょう。

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、スピリチュアルに特化した情報を、幅広く、そして分かりやすく、遊園地で遊んでいるように楽しんでもらえたら幸いです。

ここまで読んでいただいた方々、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました