情報の3つの価値と価値ある情報についてわかりやすく考察

情報

「情報の価値って、なんだろう?」

「価値ある情報って、何?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、見えない世界を扱うことに長けています。

現在、ブログ記事のようなものは、300記事ほど書いたと思います(スピランド以外も含め)。

その上で、情報の価値や価値ある情報についてもある程度語れる、と思いましたので、書かせていただきます。

自分なりに、一生懸命書きますので、よかったらご覧ください。

それでは、始めていきましょう。

情報の3つの価値

情報の価値には、以下の3つがあります。

  1. 実用性がある
  2. ほぼタダでもらえる
  3. 大量にインプット可能

順番に、解説していきますね。

その1:実用性がある

情報の価値その1は、実用性がある、ということです。

なぜなら、知ることによって、行動に移せるからです。

例えば、本に関する雑誌を読むことによって、あの本買ってみよう、となることもよくありますよね。

あるいは、テレビの情報は、実用性を兼ね備えていることも多い、と思います。

テレビで紹介された、あの店行ってみよう、という感じで。

ネットの情報も、共感というより、悩みの解決のために大体書かれていますよね。

つまり、情報には実用性としての価値がある、と言えるかもしれません。

その2:ほぼタダでもらえる

情報の価値その2は、ほぼタダでもらえる、ということです。

なぜなら、ネットの情報は、大体タダだからです。

おそらく、何十年前は考えられなかったことでしょうね。

YouTubeも、ほぼ無料で、高品質の情報を手に入れることも可能です。

疑問に思った時に、情報をもらうことによって、世の中の解決力が増すと思います。

ただし、著作権とかは、気をつけた方がいいかもしれません。

情報を尊重した上で、活用していくといいかもしれませんね。

その3:大量にインプット可能

情報の価値その3は、大量にインプット可能、ということです。

なぜなら、誰もが情報を持っているからです。

人自体が、情報そのもの、とは言えないでしょうか。

現代では、情報発信する敷居は下がっている、と思います。

大量にアウトプットされる世の中ですので、大量にインプット可能、ということになります。

情報過多という側面もありますが、取捨選択次第で、武器になると僕は思います。

つまり、情報を取捨選択で凝縮して、質の高い情報を大量にインプットすることも可能です。

価値ある情報とは?

それではここで、価値ある情報について考えてみましょう。

情報の価値と価値ある情報は似ていますが、違いますよね。

情報の価値については、先ほど3つ述べました。

僕が考える価値ある情報は、発信者が心を込めて放った情報を、強いモチベーションで受け取った時に生じる、と思います。

つまり、本気で発信されなかった情報は、価値ある情報とは言えないと思いますし、強いモチベーションで受け取らなければ、印象には残りにくいですよね。

価値ある情報は、与える側と受け取る側の強力なマッチングによって生じる、と思います。

そうすれば、受け取る側は行動に移しやすいので、与える側の存在意義はあったことになる、と思います。

少し分かりにくい説明だったかもしれませんが、ここまで聞いていただいた皆様、ありがとうございます。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:情報は、扱い方次第で武器になる。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

情報の3つの価値

その1:実用性がある

その2:ほぼタダでもらえる

その3:大量にインプット可能

価値ある情報とは?

与える側と受け取る側の強力なマッチングによって生じる

情報過多で、情報が疎まれていることもあるかもしれませんが、僕はそうは思いません。

情報は、武器になります。

情報を取捨選択してインプットし、スモールステップで行動に移せば、確実にあなたの体の栄養になります(と僕は信じています)。

情報を大切に、あなたの力にしてもらうサポートができたなら、うれしく思います。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました