ありのままの自分を受け入れる5つの方法を、楽しく解説。

自己啓発

「ありのままの自分を受け入れたい」

「ありのままの自分を受け入れて、楽になりたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、ありのままの自分を受け入れている、と思います。

なぜなら、短所や長所も、同じように捉えているからです。

この記事では、ありのままの自分を受け入れるメリットについて言及し、受け入れるための5つの方法を紹介します。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

ありのままの自分を受け入れる3つのメリット

ありのままの自分を受け入れるメリットとして、以下の3つを挙げておきます。

  1. 楽になる
  2. 雰囲気がよくなる
  3. 他者も認められる

順番に、解説していきますね。

その1:楽になる

ありのままの自分を受け入れるメリットその1は、楽になる、ということです。

なぜなら、自分を傷つけずに済むからです。

ありのままの自分を受け入れられない、ということは、自分の一部である短所を責めている、ということですよね。

短所がイヤなままだったら、しんどいが継続しますよね。

自分がキライになるので、自己肯定感も下がります。

ありのままの自分を受け入れて、短所もあっていいか、となれば、楽になると思いますよ。

その2:雰囲気がよくなる

ありのままの自分を受け入れるメリットその2は、雰囲気がよくなる、ということです。

なぜなら、自分を否定していないからです。

自分を否定していないと、自己肯定感がありますので、悲壮感が出ないのではないでしょうか。

ありのままの自分を受け入れると、無理をしていない自然体の姿になります。

その3:他者も認められる

ありのままの自分を受け入れるメリットその3は、他者も認められる、ということです。

なぜなら、自分を否定していないからです。

その2、と理由は同じですね。

自分を否定している人は、他者の短所も否定してしまうはず。

自分を肯定することによって、他人の短所が気にならなくなる、と思います。

自分もありのままでいいから、他者も同じでいいよね、という感覚です。

ありのままの自分を受け入れる5つの方法

ありのままの自分を受け入れる方法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 短所の反対は、長所と知る。
  2. 思考と感覚のバランス
  3. ジャッジしない
  4. ネガティブのメリットを知る
  5. 自分に適切にフィードバック

順番に、解説していきますね。

その1:短所の反対は、長所と知る。

ありのままの自分を受け入れる方法その1は、短所の反対は、長所と知る、ということです。

なぜなら、短所も長所も関係ないからです。

例えば、不安になりやすい=危機察知能力があるのではないでしょうか。

あるいは、後悔する人=反省する力が強い、とも言えます。

短所が存在している、というよりは、あなたが存在している、と言えるかもしれませんね。

短所というものは、人間が勝手に決めつけた性格かもしれませんから。

その2:思考と感覚のバランス

ありのままの自分を受け入れる方法その2は、思考と感覚のバランスを取る、ということです。

なぜなら、考えすぎると、自然体じゃなくなるからです。

例えば、真面目すぎる人は、自然体、とは言えないですよね。

感覚的な要素を、日常に+するといいかもしれません。

例えば、音楽を聴く・絵画を見る等すれば、思考優位になりにくい、と思います。

あとは、情報を取りすぎないよう気を付けると、感覚優位に近づくかもしれません。

なぜなら、考えすぎておらず、自由になるからです。

参考にしていただけると、幸いです。

その3:ジャッジしない

ありのままの自分を受け入れる方法その3は、ジャッジしない、ということです。

なぜなら、ジャッジすると、短所が出てくるからです。

これは、スピリチュアルを指南していただいた方が、当時よく言っていた言葉だと思いますが、ジャッジすると公平に見られない、と僕は解釈しました。

自分の意見を持つことは大切ですが、様々な考えがあって、1つの世界です。

複数の視点・広い視野を持つと、いちいちジャッジする必要がなくなるのではないでしょうか。

みんな違って、みんないい、みたいな感じですね。

偏った見方で、反対方向の基準を、否定しないようになる、と思います。

要するに、短所も長所も、どっちもいいよね、と感覚的に捉え、中立の立場を取る、ということです。

難しい言い方をしましたが、ありのままの自分を感覚的に捉えよう、とも言えるかもしれません。

その4:ネガティブのメリットを知る

ありのままの自分を受け入れる方法その4は、ネガティブのメリットを知る、ということです。

なぜなら、ネガティブは悪くない部分もあると知れるからです。

例えば、ネガティブであることによって、他人の反面教師になれる可能性もありますよね。

何もしないで、相手に気づきを与えられるのですから、ネガティブのような短所もいいと思いませんか。

その5:自分に適切にフィードバック

ありのままの自分を受け入れる方法その5は、自分に適切にフィードバックする、ということです。

なぜなら、自分を受け入れやすいからです。

自分の短所と長所を、紙等に同じくらい書き出します。

短所だけ書き出して、長所にしていくのもいいかもしれません。

短所と長所が両方ある、ありのままの自分をしっかり理解しましょう。

そして、日頃から褒めていくことによって、自己肯定感を保っていける、と思います。

短所と長所の両方ある、ありのままの自分を理解し、無理なく肯定していきましょう。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:ありのままの自分で、いいのだ。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

ありのままの自分を受け入れる3つのメリット

その1:楽になる

その2:雰囲気がよくなる

その3:他者も認められる

ありのままの自分を受け入れる5つの方法

その1:短所の反対は、長所と知る。

その2:思考と感覚のバランス

その3:ジャッジしない

その4:ネガティブのメリットを知る

その5:自分に適切にフィードバック

ありのままの自分を受け入れた時、人は自然体になる、と思います。

僕は、小学生の頃、短所ばかりで長所が1つもない、と思っていました。

けれども、それは間違いだった、と今は思っています。

皆さんにも、気づいていないだけで、実は長所もあると思います。

長所の反対は短所なので、どちらも仲良く、認めてあげてください。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました