やさしさを持って信頼関係を構築する5つの方法

ビジネス

「信頼関係を構築したい」

「相手との心のコミュニケーションもしたい」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、信頼関係を構築するのが、割と上手だと思います。

相手に好かれることが多い、と思っています。自慢みたいなので、すみません。

そんな僕ですが、日頃から行っている習慣を、解説したいと思います。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

信頼関係を構築する5つの方法

その1:期待以上を意識する

信頼関係の構築法その1は、期待以上を意識する、ということです。

なぜなら、期待通りでは、相手に印象が残りにくいからです。

相手に、絶対に不快な思いをさせない等、相手に奉仕する喜びを味わいましょう。

与えることは、幸せなことであり、学びでもあります。

日頃から、期待以上、と思って行動していくといいかもしれませんね。

そしたら、自然と期待以上になっている可能性はあるかもしれません。

その2:少しずつ自己開示

信頼関係の構築法その2は、少しずつ自己開示する、ということです。

なぜなら、相手にとって自分が未知なら、信頼しにくいからです。

例えば、僕は、ブログで少しずつ自己開示をしています。

そうすることによって、相手からの信頼を得ようとしています(押しつけがましかったら、すみません)。

全部自己開示すると、さすがに相手も引くかもしれないですし、自分もリスクがあると思います。

相手の信頼度合いをチェックしつつ、さりげなく自己開示していくと、いいかもしれませんね。

自分の情報を、コントロールする意識を持つことは、大切です。

その3:相手の状況を想像する

信頼関係の構築法その3は、相手の状況を想像する、ということです。

なぜなら、相手に「理解してもらえた」と思ってもらえるからです。

例えば、相手の状況を想像しないまま、信頼関係を構築しようとすると、亀裂が生まれやすいのではないでしょうか。

やさしさを、感じないですからね。

そのため、日頃から、共感力を高めておくといいかもしれません。

小説を読んだり、傾聴を心がけたりするのもいいかもしれません。

芸人さんでもそうだと思いますが、観客がなくては、話になりません。

観客の皆さんは、それぞれの事情がありつつ、見に来てくれています。

だから、自分の話を聴いてもらえる、というのは、ほんとうにありがたいことなのです。

その4:自己主張もしておく

信頼関係の構築法その4は、自己主張もしておく、ということです。

なぜなら、絆を深めたいからです。

自己主張しないで、言いなりになっていると、人間関係は発展しない、と思います。

人間関係は、変化することも重要ではないでしょうか。

自己主張することで、相手を成長させることができるかもしれません。

自分も、相手に配慮してもらえます。

コミュニケーションをする上では、自己主張も大切なのです。

その5:自分を大切にし、相手も大切にする。

信頼関係の構築法その5は、自分を大切にし、相手も大切にする、ということです。

なぜなら、自己犠牲だと相手を大切にしにくいからです。

自分を大切にできていない状態で人助けをすると、自分もしんどいですし、相手も不安になるのではないでしょうか。

自分を大切にすることで、罪悪感を感じることもありますが、適度な休息は何事も必須です。

自分を大切にすることによって、相手にもしっかり奉仕でき、信頼を獲得できます。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:相手に対する思いやりが大切

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

信頼関係を構築する5つの方法

その1:期待以上を意識する

その2:少しずつ自己開示

その3:相手の状況を想像する

その4:自己主張もしておく

その5:自分を大切にし、相手も大切にする。

相手へのやさしさ

信頼関係を構築する究極の方法は、やさしさではないでしょうか。

やさしさがない信頼関係の構築は、短期的にはいいかもしれませんが、長期的にはおそらく続きません。

相手の気持ちを大切にするとともに、適度な休息を取り入れつつ、奉仕を実行しましょう。

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました