【なんで?】誤解される3つの原因&誤解を解く5つの方法

人間関係

「なんで、誤解されるんだろう?」

「誤解を解くことって、できるのかな?」

これらのようなことを考えている方たちに、おすすめの記事となっています。

僕は、誤解されるのが、イヤな人だと思います。

誤解されたら、すごくモヤモヤすることも、多くありました。

現在は、誤解されても、ある程度気にしなくなっている、と思います。

この記事では、誤解の原因と対処法を、参考文献を確認しつつ、自分なりの意見で書いていきます。

参考になる情報があれば、幸いです。

それでは、始めていきましょう。

誤解される3つの原因

誤解される原因として、以下の3つを挙げておきます。

  1. 人間関係は、誤解があたりまえ。
  2. コミュニケーション不足
  3. 価値が認められていない

順番に、解説していきますね。

その1:人間関係は、誤解があたりまえ。

誤解される原因その1は、人間関係は、誤解があたりまえ、ということです。

人間関係の悩みって、結構ありますよね。

じゃあ、その悩みはなんで起きているかというと、お互いの心が読めない、ということが原因の1つとして、考えられます。

お互いの心が読めるなら、誤解もないですし、人間関係はスムーズになりますよね。

しかし、現状は、お互いの心が読めない。

ということで、誤解が発生している、と考えられます。

その2:コミュニケーション不足

誤解される原因その2は、コミュニケーション不足、ということです。

先ほど、人間関係はお互いの心が読めない、ということを言いました。

対処法として、コミュニケーションを行うことが考えられます。

しかし、コミュニケーションをしっかり取れないいくつかの理由から、誤解が生じやすくなっていることはある、と思います。

例えば、「察してほしい」とか、「自分の意見が言えない」というようなことです。

人は、言葉によって共感し、言葉によってつながりを感じることはありますよね。

コミュニケーション不足だと、誤解されて、つながりを感じられないことはあるかもしれません。

その3:価値が認められていない

誤解される原因その3は、価値が認められていない、ということです。

誤解される人が、魅力のない人だと、幸せにはならない、と思います。

例えば、魅力があるような有名人は誤解されることが多いと思いますが、親しまれて幸せ、ということはあるかもしれません。

つまり、誤解されても気にしない、ということですね。

逆に、魅力がないような一般人として誤解された場合、空しいと感じるかもしれません。

なぜなら、誤解されて、しかも親しまれるわけではないからです。

つまり、誤解をイヤと感じやすい状況にいます。

誤解されてイヤということよりも、大切なことがある、ということです。

誤解を解く5つの方法

誤解を解く方法として、以下の5つを挙げておきます。

  1. 誤解されたことに対する客観視
  2. 「まあ、いいか」と言う
  3. 言葉で、しっかり説明する。
  4. 行動で、示す。
  5. 自分の役に立ち、人の役に立つ。

順番に、解説していきますね。

その1:誤解されたことに対する客観視

誤解を解く方法その1は、誤解されたことに対する客観視、ということです。

客観視することによって、誤解された違和感を、緩和することができます。

「ああ、自分は誤解されているなあ」と思えば、笑える部分はあるかもしれません。

客観視は、おそらく、コツがいります。

自分の気持ちや状況を述べることは、客観視に近いと思いますが、しっかり理解して客観視できる人は、少ないかもしれません。

こちらの記事で、客観視の具体例をいくつか書いていますので、感覚的にコツをつかむ情報として、参考にしてもらえれば幸いです↓

誤解されたら、客観視して、楽になりましょう。

その2:「まあ、いいか」と言う

誤解を解く方法その2は、「まあ、いいか」と言うことです。

誤解された時のイヤな気持ちを、緩和できます。

「まあ、いいか」という言霊は、強力です。

僕も、この言葉に救われたことは何度もある、と思います。

「まあ、いいか」という言霊に関しては、こちらに詳細が載っていると思います↓

【楽天書籍】「神的まあいいか」斎藤一人著

よかったら、参考にしてみてください。

誤解される度に、「まあ、いいか」を使ってみましょう。

きっと、心が楽になるはずです。

その3:言葉で、しっかり説明する。

誤解を解く方法その3は、言葉で、しっかり説明する、ということです。

言葉で、しっかり説明することによって、相手に理解されます。

100%理解されることはありませんが、なんとなくは理解してもらえると思います。

書くコミュニケーションで、間接的に誤解を解いてもいいですよね。

手紙で伝えてもいいわけです。

簡単に言葉にしにくい何かもあるかもしれませんが、徐々に分かってもらえればいい、と思います。

意外と向こうも理解している可能性はあります。

言葉は、伝達する上で強力なので、上手に使うことを心がけましょう。

その4:行動で、示す。

誤解を解く方法その4は、行動で、示す、ということです。

言葉で伝えれない時は、非言語的コミュニケーションもある、と思います。

ここで言いたいのは、生き様です。

たとえ誤解されても、まっすぐな生き方は、徐々に理解される可能性は高いです。

僕は、それを信じているというか、確信しています。

「あんたは誤解するの? へえ。じゃあ、僕はオラオラで生きてやるよ!」

誤解という逆境があるから、個性が輝く、ということもあると思います。

簡単に相手から理解されない時は、行動で示しましょう。

行動で示していくことによって、誇りも生まれるはずです。

その5:自分の役に立ち、人の役に立つ。

誤解を解く方法その5は、自分の役に立ち、人の役に立つ、ということです。

自分の役に立つことによって、まず、自分を癒します。

そして、人の役に立つことによって、自分の価値を高めます。

誤解されるような人でも、人の役に立っている人は、魅力がありませんか。

ミステリアスな雰囲気で誤解されることはあっても、人の役にしっかり立っている人は、誤解がどうでもよくなります。

正直、誤解は、どうでもいい問題なのかもしれません。

誤解は、理解し合えないことにより、発生します。

しかし、誤解を気にしない人には、不思議な魅力があります。

言葉にはしにくいですが、誤解よりも、自分の人生をしっかり生きることに意味があると思うのです。

自分の人生を生き、誤解に関係なく周囲を照らすことは、大切なことだと僕は思います。

誤解されても、人の尊さは失われない。

このような考えが、今回の記事で最大限到達できる核心だと思います。

意外に、誤解問題は、深かったのかもしれません。

これ以上は、詮索しません(笑)。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:誤解されても、これが自分だ!

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

誤解される3つの原因

その1:人間関係は、誤解があたりまえ。

その2:コミュニケーション不足

その3:価値が認められていない

誤解を解く5つの方法

その1:誤解されたことに対する客観視

その2:「まあ、いいか」と言う

その3:言葉で、しっかり説明する。

その4:行動で、示す。

その5:自分の役に立ち、人の役に立つ。

自分を、尊ぶ。

誤解されても、一生懸命生きる人は、カッコいいです。

誤解は、生きていく上で、仕方のないことだと思います。

仕方のないことなら、誤解されても自分の人生を生きる、と割り切った方がいいのかもしれません。

今回の記事は、自分的に納得する記事にはならなかったのですが、少しでも参考になるところがあれば幸いです。

※「誤解されるのがイヤ」という方は、人に相談することも大切です。

ココナラなら、安価で比較検討可能な占い師やカウンセラーを探せます。

気軽に相談できますので、ぜひチェックしてみてください。

無料登録

おすすめです。

★参考文献★

精神科医・樺沢紫苑の樺チャンネル「周囲の人に理解されません

大愚和尚の一問一答「「周りから理解されない」と嘆く前にやるべきことがある

ほぼ日刊イトイ新聞「理解されないという誤解


それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました