悪口を言わないようにする5つの方法(気づき)

言霊

「悪口を言いたくない」

「悪口を言わない実践的な方法って、ないの?」

これらのようなことをお考えの方たちに、おすすめの記事となっております。

僕は、悪口をあまり言わないようになりました。

言ってもしんどいだけだ、と気づいたからです。

エネルギーが下がっている時は、つい毒舌みたいになりますが、なるべく傷つけないような言い方にします。

この記事では、僕なりの悪口を言わない方法を、挙げていきます。

実践的な方法だと思いますし、共感できる内容でもあると思いますので、よかったら参考にしてみてください。

それでは、始めていきましょう。

悪口を言わないようにする5つの気づき

悪口を言わないって、結構大変ですよね。

愚痴も、いつの間にか言う人は多い、と思います。

以下の内容で、少しでも現状が改善されると、とてもうれしいです。

悪口を言わないようにする実践的な3つの方法

まずは、実践しやすい方法を、見ていきましょう。

その1:悪口を言って後悔する

悪口を言わない方法その1は、悪口を言って後悔する、ということです。

なぜなら、悪口を言っても大丈夫だと思っている人がいるからです。

悪口を言う、ということは、イヤな人間になる、ということかもしれません。

あるいは、間接的に当事者に伝わる、ということもあるかもしれません。

悪口を言って、何も困らないなら、そのままでもいいかもしれません。

けれども、僕は、そのような人には近づきませんが……(笑)。

悪口を言って後悔するようであれば、改善していこうと、努力する(前進する)と思いますよ。

その2:ポジティブな情報をインプット

悪口を言わない方法その2は、ポジティブな情報をインプットする、ということです。

なぜなら、ポジティブなアウトプットができるからです。

例えば、日頃から、ネガティブなニュースばかり見ていたとしますよね。

すると、身近な人と、ネガティブなニュースの話題になりやすいと思います。

つまり、ネガティブな情報をアウトプットしていますよね。

反対に、ポジティブな情報(バラエティ番組・明るい音楽・明るい本等)を得ていると、明るい話題をアウトプットしますよね。

つまり、ポジティブな情報をインプットするよう心がけることによって、ポジティブなアウトプットを自然とできる、と思いますよ。

ネガティブなニュースには、このように対処した方がいいと思います。よかったら、参考にしてみてください。

その3:ポジティブな言葉を多めに言う

悪口を言わない方法その3は、ポジティブな言葉を多めに言う、ということです。

なぜなら、ポジティブな言葉は、誰にでも言えるからです。

例えば、ネガティブな言葉しか言えない、としますよね。

そうなると、ポジティブな言葉も多めに言えばいい、と思います。

なぜなら、ポジティブな言葉は、ネガティブな言葉を打ち消す効果があるからです。

これは、言霊をある程度知っている人なら、知っていることだと思います。

僕が推奨するのは、納税王の斎藤一人さんがよく言っている天国言葉です。

つまり、「ありがとう・うれしい・楽しい・幸せ・ツイてる・感謝してます・愛しています・許します」のような言葉たちです。

これらの言葉を日頃から言うよう心がけるか、寝る前に少し唱えて寝る、といいと思います。

実際に僕も実践している方法で、いい気分で眠れるような感じはします。

ポジティブな言葉も多めに言うことによって、ある程度イヤな人という印象を、変えられると思いますよ。

ネガティブな言葉の代わりに、ポジティブな言葉を、多めに言っておきましょう。

悪口を言わないようにする2つのマインドセット

続いて、悪口を言わない方法(応用編)です。

考え方の部分なので、共感できたら、してもらった方がいいかもしれません。

共感することによって、新しい認知に変更できる、と思います。

その1:悪口を言ったら、あなたもイヤな人。

悪口を言わないマインドセットその1は、悪口を言ったら、あなたもイヤな人、ということです。

なぜなら、イヤな人がいると言っている人は、いい人とは言いにくいからです。

イヤな人がいることは、誰しもある、と思います。

しかし、それで「イヤだわ~」と言う人に、ほんとうに近づきたい人はどれくらいいるか、ということです。

要するに、どちらも、ネガティブな人ですよね。

悪口を言わないことは、あなたの周りに味方を増やせます。

その2:イヤな人が、あなたを成長させる。

悪口を言わないマインドセットその2は、イヤな人が、あなたを成長させる、ということです。

なぜなら、相手は変えられないから、自分を変えていけるからです。

イヤな人に会う、ということは、必ずしも悪いことばかりではありません。

あなたのメンタルを成長させてくれますし、今後そのような悪い人に出会わない方法を、実施することができます。

イヤな人がいることによって、後々幸せになれる可能性もある、と思いますよ。

それでは、今回の記事をまとめたい、と思います。

まとめ:悪口言っても、何も楽しくない。

いかがだったでしょうか。

今回の記事は、以下のようなことについて、触れてきました↓

悪口を言わないようにする実践的な3つの方法

その1:悪口を言って後悔する

その2:ポジティブな情報をインプット

その3:ポジティブな言葉を多めに言う

悪口を言わないようにする2つのマインドセット

その1:悪口を言ったら、あなたもイヤな人。

その2:イヤな人が、あなたを成長させる。

悪口は、できたら言わない。

以前の僕は、ネガティブなことを、よく言っていました。

けれども、それでは何も意味がないんだ、と今では痛感しています。

この記事で、あなたに少しばかりの気づきがあり、実践してもらえると幸いです。

~★~★~★~

~★~★~★~

それでは、僕はこの辺で。

このブログでは、地に足ついたスピリチュアルを、独自の意見でロジカル・ポップにお伝えしていけたらと思います。

よかったら、他記事も、見ていただけると幸いです。

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます_(._.)_

かめれもん★でした(‘◇’)ゞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました